菊池 崇志

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/30 03:03
 
アバター
研究者氏名
菊池 崇志
 
キクチ タカシ
eメール
tkikuchivos.nagaokaut.ac.jp
URL
http://fusion.nagaokaut.ac.jp/
所属
長岡技術科学大学
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学), 博士(理学)(東京工業大学)
その他の所属
長岡技術科学大学長岡技術科学大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年8月
 - 
2012年3月
長岡技術科学大学 電気系 准教授
 
2010年4月
 - 
現在
テクノインキュベーションセンター 副センター長
 
2010年12月
 - 
2012年3月
総合戦略室(連携戦略チーム) チーム員
 
2012年4月
 - 
現在
長岡技術科学大学  原子力安全系 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
長岡技術科学大学 電気系 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
釧路工業高等専門学校 工学部 電子工学科
 
 
 - 
1998年3月
長岡技術科学大学 工学部 電気・電子システム工学課程
 
 
 - 
2003年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 創造エネルギー専攻
 

受賞

 
2004年3月
手島工業教育資金団 手島記念研究賞(博士論文賞) Final Beam Bunching for Heavy Ion Inertial Fusion
 
2009年3月
電気学会 若手優良発表賞 大強度重イオンビーム理工学と慣性核融合
 

論文

 
Static analysis of possible emittance growth of intense charged particle beams with thermal equilibrium distribution
T. Kikuchi, K. Horioka
Physics of Plasmas   16(5) 050703-1-050703-4   2009年5月   [査読有り]
Theoretical Estimation and Multi-particle Simulation on Evolution of Longitudinal and Transverse Temperatures during Pulse Compression in Compact Simulator for Heavy Ion Inertial Fusion
T. Kikuchi, Y. Sakai, J. Hasegawa, K. Horioka, K. Takahashi, T. Sasaki, Nob. Harada
IEEE Transactions on Plasma Science   44(2) 216-220   2016年1月   [査読有り]
Possible emittance growth induced by nonlinear space charge fields for arbitrary particle distributions
Takashi Kikuchi and Kazuhiko Horioka
Physical Review Accelerators and Beams   19(6) 064201-1-064201-5   2016年6月   [査読有り]
Generation of initial kinetic distributions for simulation of long-pulse charged particle beams with high space-charge intensity
Steven M. Lund, Takashi Kikuchi, Ronald C. Davidson
Physical Review Special Topics - Accelerator and Beams   12(11) 114801-1-114801-50   2009年11月   [査読有り]
Numerical simulation for longitudinal and transverse coupling motion in compact electron beam simulator for heavy ion inertial fusion
Takashi Kikuchi, Kazuhiko Horioka, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, Tsukasa Aso, Nob. Harada
Progress in Nuclear Energy   82(0) 126-129   2015年7月   [査読有り]

Misc

 
Status of Rare RI-Ring Project
Y. Yamaguchi, A. Ozawa, I. Arai, T. Fujinawa, N. Fukunishi, A. Goto, T. Kikuchi, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, H. Sakurai, T. Suzuki, M. Wakasugi, T. Yamaguchi, Y. Yasuda, Y. Yano
RIKEN Accelerator Progress Report Vol.40   148-149   2007年9月
Present status of long injection beam line for rare RI ring project
Y. Yamaguchi, A. Ozawa, I. Arai, T. Fujinawa, N. Fukunishi, A. Goto, S. Igarashi, T. Kikuchi, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, H. Sakurai, T. Suzuki, M. Wakasugi, K. Yamaguchi, T. Yamaguchi, Y. Yasuda, Y. Yano
RIKEN Accelerator Progress Report   137-138   2008年9月
Simulation of Particle Trajectories for RIKEN Rare-RI Ring
H. Suzuki, I. Arai, T. Fujinawa, N. Fukunishi, A. Goto, T. Kikuchi, S. Kubono, T. Moriguchi, D. Nagae, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, A. Ozawa, H. Sakurai, T. Suzuki, M. Wakasugi, T. Yamaguchi, Y. Yano
RIKEN Accelerator Progress Report   186-187   2010年9月
Design study of equipment in Rare-RI Ring
Y. Yamaguchi, I. Arai, T. Fujinawa, N. Fukunishi, A. Goto, T. Kikuchi, S. Kubono, T. Moriguchi, D. Nagae, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, A. Ozawa, H. Sakurai, H. Suzuki, T. Suzuki, M. Wakasugi, T. Yamaguchi, Y. Yano
RIKEN Accelerator Progress Report   184-185   2010年9月
Development of ultrafast-response kicker system for Rare-RI Ring
Y. Yamaguchi, A. Tokuchi, S. Fukuoka, W. Jiang, T. Kikuchi, D. Nagae, A. Ozawa, T. Sasaki, and M. Wakasugi
RIKEN Accelerator Progress Report   157-158   2011年9月

書籍等出版物

 
電気学会125年史
一般財団法人 電気学会 (担当:共著, 範囲:A部門2編3章-3-2 荷電粒子ビーム)
一般財団法人 電気学会   2013年10月   

講演・口頭発表等

 
Effect of longitudinal self-electric field during pulse compression for high-current heavy-ion beams
Frontiers in Pulse-Power-based High Energy Density Plasma Physics and Its Applications   2007年3月5日   Kazuhiko Horioka
Quasi-uniform Tamped Target for Beam-driven Warm Dense Matter Experiments
Frontiers in Pulse-Power-based High Energy Density Plasma Physics and Its Applications   2007年3月5日   Kazuhiko Horioka
A modification plan of the KEK 500MeV Booster to an all-ion-accelerators (an injector-free synchrotron)
22nd Particle Accelerator Conference (PAC07)   2007年6月25日   Stan Schriber
Half-mini beta optics with a bunch rotation for warm dense matter science facility in KEK
22nd Particle Accelerator Conference (PAC07)   2007年6月25日   Stan Schriber
Proton Beam Quality Improvement by a Tailored Target Illuminated by an Intense Short-Pulse Laser
22nd Particle Accelerator Conference (PAC07)   2007年6月25日   Stan Schriber

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
重イオン慣性核融合を目指した大電流粒子ビーム理工学
基礎科学研究
研究期間: 2000年4月 - 現在
超大出力パルスパワー装置を用いた特異点状態形成・測定による核融合材料の物性研究
学術研究助成金助成金
代表者: 菊池 崇志
プラズマの数値シミュレーション
その他の研究制度
研究期間: 1998年4月 - 現在
パルス大強度相対論的電子ビームの利用・応用
その他の研究制度
研究期間: 2009年4月 - 現在
超大電力パルスパワー装置を用いた高エネルギー密度科学
その他の研究制度
研究期間: 2010年4月 - 現在

特許

 
特開2016-4728 : プラズマ発生装置、プラズマ発生体及びプラズマ発生方法

その他

 
2008年4月
理化学研究所・客員研究員
2008年4月
高エネルギー加速器研究機構・協力研究員
2008年10月
宇宙科学研究所・宇宙工学委員会班員
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター共同利用・共同研究「状態方程式モデルが慣性核融合爆縮に与える影響の検討」
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター共同利用・共同研究「状態方程式モデルが慣性核融合爆縮に与える影響の検討」