小松 隆一

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/06 02:56
 
アバター
研究者氏名
小松 隆一
 
コマツ リュウイチ
所属
山口大学
学位
工学博士(東北大学)
科研費研究者番号
20314817

研究キーワード

 
 

経歴

 
2010年2月
 - 
2010年5月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当教授
 
2010年5月
 - 
2016年4月
山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
東北大学 理学部 岩石鉱物鉱床学教室
 
 
 - 
1984年3月
東北大学 理学研究科 岩石鉱物鉱床学専攻
 

論文

 
Komatsu R.& Adachi K.&Ikeda Ko.
Journal of Japanese Applied Physics   40 5657-5659   2001年   [査読有り]
高温その場観察装置作製とそれを用いたエーライト結晶の成長観察
小松隆一&泉原功司、池田攻&朝倉悦郎
CementScience and Concrete Technology   55 2-8   2001年   [査読有り]
Ono Y.&Nakaya M.&Sugawara T.&Watanabe N&R.Komatsu&T.Kajitani
Journal of Crystal Growth   229 472-476   2001年   [査読有り]
Y.Iwahiro&Y.Nakamura&R.Komatsu& K.Ikeda
Journal European Ceramics Society   21 2515-2519   2001年   [査読有り]
エーライト結晶成長の高温その場観察
小松隆一&泉原功司&朝倉悦郎
宇部三菱セメント研究報告   (4) 9-14   2002年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
KNbO3の水溶液成長
小松隆一&安達謙祐&池田攻
日本セラミックス協会2001年講演予稿集   2001年3月   
高温その場観察装置作製とそれを用いたセメントクリンカーの成長観察Ⅰ
小松隆一&泉原功司&池田攻&朝倉悦郎
第55回セメント技術大会要旨集   2001年5月   
ニオブ酸カリウム結晶の水溶液での合成
小松隆一&安達謙祐&池田攻
第18回強誘電体応用会議 要旨集   2001年5月   
水溶液からのニオブ酸カリウム結晶の成長
小松隆一&安達謙祐&池田攻
無機マテリアル学会第103回学術講演会講演要旨集   2001年11月   
水溶液からのニオブ酸カリウム結晶育成条件
小松隆一&安達謙祐&池田攻
日本セラミクス協会第14回秋季シンポジウム講演要旨集   2001年9月   

担当経験のある科目

 

その他

 
1999年
新非線形光学結晶、SrB4O7, LiKB4O7, LiRbB4O7を見出し、その育成評価を行った。
1999年
世界最速のSAW速度を持つSrB4O7を見出し、その結晶成長を行なっている
2003年
核生成制御によりセメント製造で低温焼成できることを見出した。&0a;セメントコンクリートペーストに石灰石微粉を添加すると、エトリンガイト結晶の生成量が大きく増加することは、30年前から知られていたが、その原因はわからかなった。我々は、溶液からのエトリンガイト結晶成長のその場観察を行い、石灰石粉末を核としてエトリンガイト結晶が放射状に成長することを見出し、石灰石添加によりエトリンガイト結晶の核生成活性化エネルギーが低下することがその原因であることを見出した。