福田 光則

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/31 15:11
 
アバター
研究者氏名
福田 光則
 
フクダ ミツノリ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/aa63013dd9f4e30125d267c07ab1936e.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 脳生命統御科学専攻 膜輸送機構解析分野
職名
教授
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 

経歴

 
2007年9月
 - 
現在
グローバルCOEプログラム・生命科学「脳神経科学を社会へ還流する教育研究拠点」 事業担当者(評価対象者) 企画広報委員会室長(2007- )
 
2006年4月
 - 
現在
東北大学大学院生命科学研究科 教授
 
2002年4月
 - 
2007年3月
独立行政法人理化学研究所福田独立主幹研究ユニット ユニットリーダー(独立主幹研究員)
 
1998年4月
 - 
2002年3月
理化学研究所脳科学総合研究センター 研究員
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学医科学研究所 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
東京大学 医学系研究科 第二基礎医学専攻
 
 
 - 
1992年3月
東北大学 理学研究科 生物学専攻
 
 
 - 
1990年3月
東北大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2011年1月
 - 
2012年12月
Cell Structure and Function  Associate editor
 
2007年10月
 - 
現在
International Journal of Medical Engineering and Informatics  Editorial Board member
 
2008年3月
 - 
2010年12月
Journal of Biochemistry  Advisory Board Member
 
2014年12月
 - 
現在
F1000Research  Advisory Board member
 
2014年7月
 - 
現在
F1000Prime  Faculty member
 

受賞

 
2007年12月
日本分子生物学会 第5回 日本分子生物学会三菱化学奨励賞 低分子量Gタンパク質Rab27Aによる膜輸送制御の分子基盤の解明
 
2006年5月
財団法人 花王芸術・科学財団 花王研究奨励賞 Rab27Aエフェクター分子群によるメラノソーム輸送の分子メカニズムの解明
 
2004年10月
日本生化学会 日本生化学会奨励賞 シナプトタグミン及びその類似蛋白質による膜輸送制御の分子メカニズム
 
2004年12月
日本唾液腺学会 日本唾液腺学会奨励賞 ラット耳下腺腺房細胞のアミラーゼ分泌におけるRab27およびSlac2-cによる制御
受賞者: 今井あかね、吉江紀夫、梨田智子、下村浩巳、福田光則
 

Misc

 
Biochem. Soc. Trans.   46(4) 911-917   2018年8月   [査読有り][依頼有り]
Imaging FITC-dextran as a reporter for regulated exocytosis.
J. Vis. Exp.   136 e57936   2018年6月   [査読有り][依頼有り]
メラニン色素の輸送レベルでの制御と美白剤開発
大石雄太、福田光則
Cosmetic Stage   12(1) 7-14   2017年10月
Rabによるオートファジー制御
朽津芳彦、藤田尚信、福田光則
実験医学増刊号「The オートファジー」   35(15) 58-65   2017年9月
メラニン色素を認識する新規ツール“M-INK“の開発
石田森衛、大石雄太、福田光則
フレグランスジャーナル (FRAGRANCE JOURNAL)   45(9) 21-26   2017年9月

書籍等出版物

 
最新・化粧品開発のための美容理論、処方/製剤、機能評価の実際
大林典彦、福田光則 (担当:分担執筆, 範囲:第8章 メラノサイトにおけるメラノソーム輸送)
技術教育出版社   2018年7月   ISBN:978−4−907837−27−3
Encyclopedia of Signaling Molecules 2nd Edition (Choi, S. ed.)
Fukuda, M. (担当:共著, 範囲:Slp (synaptotagmin-like protein) pp. 5041-5047)
Springer   2018年1月   
Encyclopedia of Signaling Molecules 2nd Edition (Choi, S. ed.)
Oguchi, M. E. and Fukuda, M. (担当:共著, 範囲:Rab27 pp. 5041-5047)
Springer   2018年   
Autophagy: Cancer, other pathologies, inflammation, immunity, infection, and aging vol. 11
Itoh, T. and Fukuda, M. (担当:共著, 範囲:Roles of Rab-GAPs in regulating autophagy. Chapter 6, pp. 143-157)
Elsevier B V, Amsterdam, Netherlands   2017年1月   ISBN:978-0-1280-5420-8
Dojin Bioscience Series 24「メンブレンラフィック」(福田光則、吉森保編)
本間悠太、福田光則 (担当:共著, 範囲:第9章「Rabファミリーによるメンブレントラフィック制御」120-132ページ)
化学同人   2016年7月   ISBN:978-4-7598-1723-2

講演・口頭発表等

 
グルタミン飢餓によりオートリソソームの成熟が促進される現象の発見
朽津芳彦、本間悠太、藤田尚信、福田光則福田 光則
生化学若い研究者の会 第58回生命科学夏の学校   2018年8月31日   生化学若い研究者の会
Autolysosome maturation induced by glutamine starvation.
Neoprotein biology – From synthesis to trafficking   2018年8月23日   稲田利文、稲葉謙次
The Rab signaling network in polarized trafficking in epithelial cells. [招待有り]
福田 光則
Neoprotein biology – From synthesis to trafficking   2018年8月23日   稲田利文、稲葉謙次
ショウジョウバエを用いた筋細胞特異的なオルガネラ形成機構の解析
村川直柔、福田光則、藤田尚信
日本筋学会第4回学術集会   2018年8月10日   
Discovery of glutamine-starvation-induced autolysosome maturation.
CWRU-TU 5th Joint Workshop   2018年8月2日   Tohoku University & Case Western Reserve University

競争的資金等の研究課題

 
低分子量G蛋白質Rabによる膜輸送制御機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2001年3月 - 現在
シナプトタグミン様蛋白質の構造と機能の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2001年3月 - 現在
シナプトタグミンによる伝達物質放出の制御機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 1994年3月 - 現在

特許

 
特許6272463 : 新規な化合物、これを含有する化粧料及び皮膚外用剤
三巻祥浩、松尾侑希子、福田光則、近藤千春、高山明美、畑友紀、篠田和宏福田 光則
特開2009-209121 : メラノソーム輸送阻害剤、及び皮膚外用剤
板倉研、畑友紀、成英次、高山明美、福田光則
特開2007-137821 : Rab27A不活性化剤
福田光則、伊藤敬

社会貢献活動

 
メラニン色素輸送に必須の蛋白質複合体に関する研究成果の紹介
【出演, 寄稿】  NHK総合・宮城ニュース及び てれまさむね  2008年10月16日
メラニン「輸送」仕組み解明
【その他】  朝日新聞  2004年11月15日
メラニン阻害酵素発見
【その他】  毎日新聞  2006年9月15日
メラニン色素輸送の分子機構に関する研究成果の紹介
【出演, 寄稿】  東日本放送 (KHB)スーパーJチャンネル  2010年4月13日
第68回東北大学祭・模擬授業
【その他】  2016年10月29日
細胞内物流システムによるメラニン色素の輸送〜肌や髪の毛が黒くなる仕組み〜

その他

 
2015年12月   破骨細胞で機能するRabタンパク質の解析
野田和也、伊藤敬、福田光則、野田健司
破骨細胞に関わるRabタンパク質の網羅的スクリーニング
第68回日本細胞生物学会大会(京都)2016年6月17日
2015年6月   LC3結合分子OATL1のオートファゴソーム外膜局在化と分解回避機構の解明
本研究課題では、LC3結合分子OATL1のオートファゴソーム外膜局在化とオートファジーからの分解回避の分子機構の解明を目的とする。
2015年6月   Alfyによるメンブレントラフィック制御機構の解析
蔭山俊、和栗聡、鐘ヶ江裕美、曽友深、一村義信、斎藤泉、福田光則、小松雅明
Alfyによるメンブレントラフィック制御
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(神戸)2015年12月2日
2015年4月   メラノサイトなどで機能するRabタンパク質の解析
Marubashi, S., Shimada, H., Fukuda, M. and Ohbayashi, N. (2016) RUTBC1 functions as a GTPase-activating protein for Rab32/38 and regulates melanogenic enzyme trafficking in melanocytes. J. Biol. Chem. 291, 1427-1440

Ohbayashi, N., Fukuda, M. and Kanaho, Y. (2017) Rab32 subfamily small GTPases: pleiotropic Rabs in endosomal trafficking. J. Biochem. 62, 65–71
2015年4月   ショウジョウバエ筋細胞のT管の再構成におけるRabの機能解析
Fujita, N., Huang, W., Lin, T.-H., Groulx, J.-F., Jean, S., Kuchitsu, Y., Koyama-Honda, I., Mizushima, N., Fukuda, M. and Kiger, A. A. (2017) Genetic screen in Drosophila muscle identifies autophagy-mediated T-tubule remodeling and a Rab2 role in autophagy. eLife 6, e23367