相澤 弥生

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/08 14:49
 
アバター
研究者氏名
相澤 弥生
 
アイザワ ヤヨイ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a2b6534b39c96abcfebb3c05a1ac1704.html
所属
大阪大学
部署
医学系研究科
職名
特任研究員

経歴

 
2019年10月
 - 
現在
大阪大学 医学系研究科 特任研究員
 
2016年10月
 - 
2019年9月
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 助手
 
2014年7月
 - 
2016年9月
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 研究支援者
 

受賞

 
2017年11月
Genome ELSI Kyoto 2017:International Symposium on Genomics and Society Poster Award Genetic counseling at the return of individual genomic results from genome cohort study
 

論文

 
A Proposal on the First Japanese Practical Guidance for the Return of Individual Genomic Results in Research Settings
Yayoi Aizawa, Fuji Nagami, Noriko Ohashi, Kazuto Kato
Journal of Human Genetics      2019年12月   [査読有り]
A training and education program for genome medical research coordinators in the genome cohort study of the Tohoku Medical Megabank Organization
Mika Sakurai-Yageta, Hiroshi Kawame, Shinichi Kuriyama, Atsushi Hozawa, Naoki Nakaya, Fuji Nagami, Naoko Minegishi, Soichi Ogishima, Takako Takai-Igarashi, Inaho Danjoh, Taku Obara, Mami Ishikuro, Tomoko Kobayashi, Yayoi Aizawa, Rino Ishihara, Masayuki Yamamoto, Yoichi Suzuki
BMC Medical Education      2019年   [査読有り]
網羅的ゲノム解析における偶発的所見を含む遺伝情報の結果の返却に関する我が国の現状と課題の検討 米国臨床遺伝・ゲノム学会(ACMG)の偶発的所見取り扱いに関する推奨からの考察
相澤 弥生、小林 朋子、川目 裕
日本遺伝カウンセリング学会誌   37(3) 105-126   2016年10月   [査読有り]
遺伝カウンセラーにおける共感疲労、バーンアウトと共感満足 系統的レビュー
相澤 弥生、川目 裕
日本遺伝カウンセリング学会誌   37(2) 21-30   2016年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Review of the present state of and challenges for the return of genomic research results in the Japanese medical service system
Yayoi Aizawa, Fuji Nagami
National Society of Genetic Counselor 2018 Annual Meeting   2018年11月14日   
Review of the current status of clinical practice guidelines in Japan for returning individual research results on genetic diseases
Yayoi Aizawa, Fuji Nagami
American Society of Human Genetics 2018 Annual Meeting   2018年10月14日   
ゲノム解析研究における偶発的所見/二次的所見を含む個人の遺伝情報の結果返却に関するELSI [招待有り]
相澤弥生
生命医薬情報学連合大会(IIBMP)2018年大会   2018年9月19日   
ゲノムコホート研究における個人への遺伝情報の結果返却に関する遺伝カウンセリング記録の運用についての取り組みと今後の課題
相澤弥生、高井貴子、沼田早苗、山本佳世乃、徳富智明、福島明宗、小林朋子、長神風二、鈴木洋一、川口悦生、布施昇男、川目裕、佐々木真理、山本雅之
第41回日本遺伝カウンセリング学会学術集会   2017年6月26日   
ゲノムコホート研究における遺伝を専門とする看護師の役割ー遺伝情報の結果返却に関連してー
相澤弥生、小林朋子、川口悦生、長神風二、安田純、布施昇男、鈴木洋一、川目裕
日本遺伝看護学会第15回学術大会   2016年9月24日   

競争的資金等の研究課題

 
網羅的ゲノム解析の対象者に対するサポートツール開発のための基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 相澤 弥生