JIN Kiwoong

J-GLOBAL         Last updated: Sep 19, 2018 at 14:06
 
Avatar
Name
JIN Kiwoong
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4b41695163f55e3351c5ff32037f74e4.html
Affiliation
Meiji University
Section
School of Science and Technology
Degree
博士(工学)(The University of Tokyo), 修士(工学)(The University of Tokyo)
Other affiliation
Tohoku University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
 - 
Today
日本建築学会  アンボンドPC部材性能WG委員
 
Oct 2016
 - 
Today
ニューテック研究会  機械式定着工法研究委員
 

Awards & Honors

 
Jul 2017
年次論文奨励賞(コンクリート工学年次大会), 1. 日本コンクリート工学会
 
Dec 2012
Excellent Paper Award(The 1st International Symposium on Earthquake Engineering), 日本地震工学会
 

Published Papers

 
鋼材係数を変数としたアンボンドPCaPC圧着接合骨組の耐震性能評価(その3:梁部材のコンクリート圧縮ひずみ)
北山和宏,苗思雨,晉沂雄
日本建築学会大会学術講演梗概集   C-2(構造Ⅳ) 745-746   Sep 2017
鋼材係数を変数としたアンボンドPCaPC圧着接合骨組の耐震性能評価(その4:各種限界状態の評価)
苗思雨,北山和宏,晉沂雄
日本建築学会大会学術講演梗概集   C-2(構造Ⅳ) 747-748   Sep 2017
嵌合式接合を用いた大断面木質パネル間接合工法の開発(その3:CLT耐力壁の水平加力実験概要および破壊性状)
前田匡樹,青木和巳,小島慎平,晉沂雄
日本建築学会大会学術講演梗概集   C-2(構造Ⅳ) 591-592   Sep 2017
嵌合式接合を用いた大断面木質パネル間接合工法の開発(その4:CLT耐力壁の水平加力実験結果)
青木和巳,小島慎平,晉沂雄,前田匡樹
日本建築学会大会学術講演梗概集   C-2(構造Ⅳ) 593-594   Sep 2017
交差単板積層圧密接着によるT型接合部材を用いた木質ラーメン構法の開発
小島慎平,青木和巳,晉沂雄,前田匡樹
日本建築学会大会学術講演梗概集   C-2(構造Ⅳ) 11-12   Sep 2017

Conference Activities & Talks

 
Seismic Performance of Precast Prestressed Concrete Frame Assembled by Unbonded Tendon with Cast-in-Place RC Slab
16th World Conference on Earthquake Engineering   Jan 2017   
Simplified Backbone Curve Estimation Method of Unreinforced Masonry Infill in RC Frame
2nd International Symposium on Earthquake Engineering   Nov 2013   
Seismic Capacity Evaluation of RC Frame with URM Wall Focused on Diagonal Strut Mechanism
1st International Symposium on Earthquake Engineering   Nov 2012   
Failure mechanism and seismic capacity of RC frames with URM wall considering its diagonal strut
15th World Conference on Earthquake Engineering   Sep 2012   
Failure Mechanism and Seismic Capacity of RC Frames with URM Wall Considering Beam Deformation
8th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia   Oct 2009   

Research Grants & Projects

 
途中定着されるアンボンドPC鋼材で圧着接合したプレストレストコンクリート架構の復元力特性評価法
Funded Research
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018
URM壁の面外転倒を含むRC造架構の耐震性能および耐震補強手法に関する実用化研究
Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
無補強組積造壁を有するRC造架構の破壊メカニズムと残存耐震性能に関する実験的研究
Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology
Project Year: Apr 2010 - Mar 2012

Others

 
Tohoku University Graduate School of Engineering Department of Architecture and Building Science Structural Engineering for Architecture Course Assistant Professor
Apr 2017   途中定着されるアンボンドPC鋼材で圧着接合したプレストレストコンクリート架構の復元力特性評価法
途中定着されるアンボンドPC鋼材で圧着接合したプレストレストコンクリート架構の復元力特性評価法
Oct 2016   JICA/JST地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS):都市の急激な高密度化に伴う災害脆弱性を克服する技術開発と都市政策への戦略的展開プロジェクト
都市の急激な高密度化に伴う災害脆弱性を克服する技術開発と都市政策への戦略的展開プロジェクトとして,バングラデシュ建物を対象に耐震診断法及び耐震補強法を開発
Apr 2015   アンボンドPC鋼材で圧着接合したプレストレストコンクリート架構の復元力特性評価法
アンボンドPC鋼材で圧着接合したプレストレストコンクリート架構の復元力特性評価法の開発
Oct 2013
「平成25年度長期優良住宅等スケルトン技術基盤強化研究委員会報告書」 北山和宏,晉沂雄(長寿命建築システム普及推進協議会)pp.371-442.(「3-4.柱RC-梁PCaPC造柱梁部分架構の曲げせん断挙動に関する検討」作成)