FUKASAWA Michiru

J-GLOBAL         Last updated: Dec 19, 2018 at 16:16
 
Avatar
Name
FUKASAWA Michiru
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fb24bbaca1aaf7a0fb9d5422b9fdd56e.html
Affiliation
Tohoku University
Job title
Associate Professor
Degree
博士(農学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
 - 
Today
東北畜産学 学会報編集委員会  委員
 
Mar 2011
 - 
Today
応用動物行動学会  幹事
 
Nov 2017
 - 
Mar 2018
畜産技術協会 肉用牛の飼養管理指針検討委員会  委員
 
Jan 2018
   
 
Japan Agricultural Research Quarterly論文査読  査読委員
 
Oct 2017
   
 
Grassland science論文査読  査読委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2004
牛小型ピロプラズマ病に対する抗病性の遺伝的改良の検討, 日本畜産学会奨励賞, 日本畜産学会
 

Published Papers

 
FUKASAWA Michiru, KOMATSU Tokushi, HIGASHIYAMA Yumi, OSHIBE Akinori
Animal Science Journal   89 488-493   Feb 2018   [Refereed]
Fukasawa, Michiru Kawahata, Masatoshi Higashiyama, Yumi Komatsu, Tokushi
Anim. Sci. J.   88(2) 394-400   Feb 2017   [Refereed]
東山由美 小松篤司 深澤 充
日本畜産学会報   88 455-462   2017   [Refereed]
塚田英晴 石川圭介 喜田環樹 清水矩宏 竹内正彦 福江佑子 南 正人 中村義男 花房泰子 深澤 充 須山哲男
農作業研究   51 39-49   2016   [Refereed]
Komatsu, Tokushi Higashiyama, Yumi Fukasawa, Michiru Katoh, Kazuo Oshibe, Akinori
Anim. Sci. J.   85(3) 271-276   Mar 2014   [Refereed]

Books etc

 
農業技術・畜産 vol 10
農文協 (Part:Joint Work, 暑熱環境下における乳用牛の行動変化)
Nov 2017   
ライフステージでみる牛の管理
高橋俊彦、中辻浩喜、森田茂 (Part:Joint Work, 2-7放牧牛の行動)
Jul 2017   ISBN:978-4-89531-301-8
動物福祉の科学
佐藤衆介、加隈良枝 (Part:Joint Work, 第16章遺伝的選抜)
May 2017   ISBN:978-4-89531-292-9
肉牛大事典
農文協 (Part:Joint Work, 牛の脱柵の行動パターンとその防止心理作戦)
Nov 2013   ISBN:978-4-540-11168-6
動物行動学図説
佐藤衆介、近藤誠司、田中智夫、楠瀬 良、森 裕司、伊谷原一 (Part:Joint Work, 飼育動物の特殊性 a.家畜の特殊性)
Sep 2011   ISBN:978-4-254-45026-2

Conference Activities & Talks

 
汎用コンバインを用いた圧砕稲わらサイレージ調製
小松篤司*、東山由美、深澤 充
第124回日本畜産学会   27 Mar 2018   
出生直後の馴致条件の違いがヒト-ウシ間のその後の親和性に与える影響
和田沙都子*、深澤 充、宍戸哲郎、千葉 孝、小倉振一郎
第124回日本畜産学会   27 Mar 2018   
画像解析による牛の睡眠姿勢の記録
二宮 茂*、宮崎美月、深澤 充、横田康成
第123回日本畜産学会   6 Sep 2017   
給与飼料中の粗濃比の違いがウシの睡眠姿勢時間に与える影響
深澤 充*、小松篤司、東山由美
第123回日本畜産学会   6 Sep 2017   
本人の発表

Others

 
May 2017   AIやICTを活用した周年親子放牧による収益性の高い子牛生産技術の開発
周年親子放牧体系の確立のため、牛を取り扱い易くする馴致技術の開発を行う。