基本情報

所属
東北大学 加齢医学研究所 助教
スマート・エイジング学際重点研究センター 助教
学位
神経科学の博士(2017年1月 トリノ大学)

連絡先
burin.dalila.c3tohoku.ac.jp
研究者番号
10816185
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-9884-7650
J-GLOBAL ID
201801009142657622

私はトリノ大学(イタリア)で神経科学の博士号を取得しました。私の研究の主なテーマは神経心理の視点で認知機能を理解することです。健康な成人やあるいは神経障患者を対象者として研究を行われました。具体的には主観的、行動的(例:ゴムの手の錯覚)や生理学的測定(例:運動誘発電位)などの手段を使って、身体の自己同一性と身体意識を調査しました。博士期間でバルセロナ大学(Spain)EVENT研究所へ留学して、没入型仮想現実技術を学んでました。その後、私はこの新しい技術と認知神経心理学の方法論を組み合わせて研究をしてました。主に、没入型仮想現実の技術を運動障害のリハビリテーションに応用することを検討しました。
私は現在、スマート・エイジング学際重点研究センター(IDAC・東北大学・日本)で働いており、没入型仮想現実装置や他の情報通信技術などを用いて若者や高齢者の身体および認知機能を改善するためのプロトコルを開発しています。


学歴

  1

論文

  29

講演・口頭発表等

  13

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

メディア報道

  8