富田 博秋

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/09 02:54
 
アバター
研究者氏名
富田 博秋
 
トミタ ヒロアキ
eメール
htomitamed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/100a9a94a222b7234d4202909b8fd12a.html
所属
東北大学
部署
災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害精神医学分野
職名
准教授
学位
医学博士(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年8月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科 助教授 助教授
 
2004年10月
 - 
2006年7月
カリフォルニア大学アーバイン校医学部 人類遺伝学研究室室長 助教授相当研究員
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
岡山大学 医学研究科 
 
 
 - 
1989年3月
岡山大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2007年7月
 - 
現在
生物学的精神医学会 脳バンク設立準備委員会  委員
 
2006年10月
 - 
現在
理化学研究所 脳科学総合研究センター  脳バンク・ネットワーク設立検討委員
 
2006年4月
 - 
現在
日本統合失調症学会  評議員
 
1995年10月
 - 
現在
日本精神・行動遺伝学会  評議員
 
1990年10月
 - 
現在
日本精神神経学会  編集委員
 

論文

 
Four mood stabilizers commonly induce FEZ1 expression in human astrocytes.
Yu Z Ono C Kim HB Komatsu H Tanabe Y Sakae N Nakayama KI Matsuoka H Sora I Bunney WE Tomita H.
Bipolar Disorders   13(5) 486-499   2011年8月   [査読有り]
双極性障害治療薬のアストロサイトにおける発現プロファイルへの影響.
兪志前 小野千晶 田邊陽一郎 小松浩 松岡洋夫 曽良一郎 富田博秋.
Bipolar Disorder研究会年会報   9 13-14   2011年7月
Effect of chronic lithium treatment on gene expression profile in mouse microglia and brain dendritic cells.
Yu Z Ono C Sora I Tomita H
Japanese Journal of Neuropsychopharmacology   31(2) 101-102   2011年4月   [査読有り]
気分安定薬奏功機序解明のための包括的遺伝子発現解析.
富田博秋、田中千秋、兪志前、小松浩、木村好 、曽良一郎 、Helen B. Kim William E. Bunney.
臨床薬理の進歩   52-59   2009年2月
Li JZ, Meng F, Tsavaler L, Evans SJ, Choudary PV, Tomita H, Vawter MP, Walsh D, Shokoohi V, Chung T, Bunney WE Jr, Jones EG, Akil H, Watson SJ, Myers RM
BMC Genomics   8(1) 336-336   2007年9月   [査読有り]

Misc

 
統合失調症の死後脳研究の現状と展望 (精神科治療学 )
富田博秋
精神科治療学   26(12) 1581-1587   2011年12月
統合失調症の陰性症状の進行に関わる精神神経免疫学的メカニズムに関する研究. (こころの健康と病気2010年版)
富田博秋、小野千晶、兪志前.
こころの健康と病気2010年版   119-131   2011年11月
死後脳研究の展望と脳バンク (精神医学)
富田博秋
精神医学   52(4) 367-376   2010年11月
Bardet-Biedl症候群.肥満―最新の基礎・臨床研究― (日本臨牀)
富田博秋
日本臨牀   67(2) 506-510   2010年4月
Monoamine transporter as a target molecule for psychostimulants. (International Review of Neurobiology)
Sora I Li B Fumushima S Fukui A Arime Y Kasahara Y Tomita H Ikeda K.
International Review of Neurobiology   85 29-33   2009年11月

書籍等出版物

 
脳バンク 精神疾患の謎を解くために
加藤忠史 ed. 富田博秋 (担当:共著, 範囲:遺伝子発現解析研究の実際〜ブレインバンク運営に求められている品質管理とは, 167-176)
光文社新書   2011年11月   
国際比較調査報告書2011年版
独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター ed. 富田博秋. (担当:共著, 範囲:精神神経疾患死後脳のバイオリソース整備., 126-129)
独立行政法人科学技術振興機構   2011年11月   

講演・口頭発表等

 
Identification of novel transcription factors for catecholamine gene expression based upon the comprehensive analyses of transcripts in fetal pontine noradrenergic neurons by FACS-array technology.
Itoi K, Uchida K, Fuse T, Iwasaki Y, Yokohashi H, Okazaki A, Sawada K, Das G, Kobayashi K, Tomita H, Tanaka C, Kinoshita K, Ohara S.
Society for Neuroscience 38th annual meeting   2011年11月12日   
本邦におけるソトス症候群の臨床像の検討-ソトス症候群のスクリーニング・診断システム確立にむけて
福與なおみ、黒澤健司、岡本伸彦、松本直通、黒滝直弘、石川亜貴、萩野谷和裕、土屋滋、呉繁夫、富田博秋
日本人類遺伝学会第56回大会   2011年11月11日   
Effect of Chronic Lithium Treatment on Gene Expression Profile in Mouse Microglia and Brain Dendritic Cells
Zhiqian Yu,Chiaki Ono,Yoichiro Tanabe,Ichiro Sora,Hiroaki Tomita
Neuro2011 (第34回日本神経科学大会)   2011年9月15日   
FACS-microarray study of immune cell from patients with schizophrenia
Chiaki Ono,Zhiqian Yu, Yoichiro Tanabe,Naoto Ishii,Hiroaki Tomita
Neuro2011 (第34回日本神経科学大会   2011年9月15日   
Neuroethical perspectives in psychiatric brain banking
Tomita H
Neuro2011   2011年9月15日   

競争的資金等の研究課題

 
統合失調症陰性症状の成因解明と治療法開発に関する研究
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
気分調整薬の奏効機序に関与する細胞特異的遺伝子発現の同定
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月

特許

 
20060257903 : Compositions and methods for diagnosing and treating neuropsychiatric disorders
Akil H, Atz Mary, Bunney WE, Byerley W, Casey K, Choudary PV, Evans SJ, Jones EG, Li J, Lopez JF, Myers RM, Rollins B, Thompson RC, Tomita H, Vawter MP, Watson SJ

社会貢献活動

 
[日本国内] 七ヶ浜健康増進プロジェクト
【その他】  2011年10月 - 現在
東北大学と七ヶ浜町との共同事業として東日本大震災後のメンタルヘルスに取り組む(調査・個別相談・方針策定)
[日本国内] みやぎ地域メンタルヘルス推進ネットワーク
【その他】  2007年9月1日 - 現在
世話人
[日本国内] 最新の脳科学とこころの健康シンポ
【情報提供】  河北新報  2010年2月10日

その他

 
2011年4月   次世代シークエンサーを駆使した希少遺伝性難病の原因解明と治療法開発の研究
次世代シークエンサーを駆使した希少遺伝性難病の原因解明と治療法開発の研究
2010年4月   ソトス症候群のスクリーニング・診断システムの開発と実用化
ソトス症候群のスクリーニング・診断システムの開発と実用化
2009年4月   精神・神経疾患に関するバイオマーカーの探索及び診断・治療法の開発に関する研究
精神・神経疾患に関するバイオマーカーの探索及び診断・治療法の開発に関する研究
2009年4月   ソトス症候群のスクリーニング・診断システムの確立
ソトス症候群のスクリーニング・診断システムの確立
2007年10月   免疫細胞種特異的な遺伝子発現プロファイリングの同定
免疫細胞種特異的な遺伝子発現プロファイリングの同定