上野 敦志

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/12 02:43
 
アバター
研究者氏名
上野 敦志
 
ウエノ アツシ
所属
大阪市立大学
部署
工学研究科 電子情報系専攻
職名
講師
学位
博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
30283930

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
大阪市立大学 工学研究科 電子情報系専攻 講師
 
1996年
 - 
2004年
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京大学 工学系研究科 航空宇宙工学専攻
 
 
 - 
1991年
東京大学 工学部 航空学科
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
情報処理学会  関西支部 幹事
 
2018年5月
 - 
現在
情報処理学会  関西支部 支部大会 実行委員
 
2010年5月
 - 
2012年5月
電子情報通信学会  互選代議員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
電子情報通信学会  関西支部 評議員
 
1998年
 - 
2004年
人工知能学会  人工知能基礎論研究会 連絡委員
 

受賞

 
2008年
HSI-2008 最優秀論文賞(ロボット工学分野)
 
1996年
人工知能学会1996年度研究奨励賞
 

論文

 
An Evaluation of Web Article Similarity Based on User Comments
Katsuyuki Shimoyama, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo
ICIC Express Letters   13(5) 409-413   2019年5月   [査読有り]
A Spoiler Detection Method for Japanese-Written Reviews of Stories
Atsushi Ueno, Yuu Kamoda and Tomohito Takubo
International Journal of Innovative Computing, Information and Control   15(1) 189-198   2019年2月   [査読有り]
A Method for Detecting Werewolves in the Werewolf Game based on Messages from and about a Suspected Player
Takeshi Okada, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo
Proceedings of Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018   1250-1253   2018年12月   [査読有り]
A Method for Detecting Werewolves in the Werewolf Game Based on Vector Representations of Words
Atsushi Ueno, Masaki Sakamoto, Tomohito Takubo
ICIC Express Letters   12(4) 313-319   2018年4月   [査読有り]
Automating the Appending of Image Information to Grid Map Corresponding to Object Shape
Tomohito Takubo, Hironobu Takaishi, Atsushi Ueno
Journal of Robotics and Mechatronics   29(4) 713-719   2017年8月   [査読有り]

Misc

 
[事例紹介] Future Convenience Store Challenge に向けた移動マニピュレータの開発
田窪 朋仁, 松本 悠, 内堀 佑希, 上野 敦志
計測と制御   57(12)    2018年12月   [査読有り]
文献紹介「Moore, A. W. and Atkeson, C. G.: The Parti-game Algorithm for Variable Resolution Reinforcement Learning in Multidimensional State-spaces」
上野 敦志
人工知能学会誌   14(5) 916   1999年

講演・口頭発表等

 
A Method for Detecting Werewolves in the Werewolf Game based on Messages from and about a Suspected Player
Takeshi Okada, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo
Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018   2018年12月   
A Spoiler Detection Method for Japanese-Written Reviews of Stories
Atsushi Ueno, Yuu Kamoda, Tomohito Takubo
The 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018)   2018年8月   
An Evaluation of Web Article Similarity Based on User Comments
Katsuyuki Shimoyama, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo
The 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018)   2018年8月   
Cooperative Monitoring Multiple Humans using UAVs and Fixed Camera
Yuki Uchibori , Tomohito Takubo, Atsushi Ueno, Kai Cai, Ryusuke Miyamoto, Shinsuke Hara
The 28th International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2017)   2017年11月   
A Method for Detecting Werewolves in the Werewolf Game Based on Vector Representations of Words
Atsushi Ueno, Masaki Sakamoto, Tomohito Takubo
The 12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017)   2017年8月   

Works

 
人工知能を使ったゲーム大会「第1回人狼知能大会」予選 参加
その他   2015年8月
ロボカップ ジャパンオープン2010大阪 出場(サッカー標準プラットホームリーグ, 四足, 準優勝)
その他   2010年5月
ロボカップ ジャパンオープン2009大阪 出場(サッカー標準プラットホームリーグ, 四足, 優勝)
その他   2009年5月
RoboCup 2008 Suzhou 出場(Standard Platform League, 4-Legged Robot, ベスト8)
その他   2008年7月
ロボカップ ジャパンオープン2008沼津 出場(四足ロボットリーグ)
その他   2008年5月
RoboCup 2007 Atlanta 出場(Standard Platform League, 4-Legged Robot, 2次予選敗退)
その他   2007年7月
ロボカップ ジャパンオープン2007大阪 出場(四足ロボットリーグ ベスト8)
その他   2007年5月
RoboCup 2006 Bremen 出場(4-Legged Robot League)
その他   2006年6月
ロボカップ ジャパンオープン2006北九州 出場(四足ロボットリーグ ベスト8, 日本ロボット学会賞 受賞)
その他   2006年5月
RoboCup 2005 Osaka 出場(4-Legged Robot League, 2次予選敗退)
その他   2005年7月

競争的資金等の研究課題

 
ミクロ・ロボットの開発―ミクロ・ロボティクスの実現に向けて
大学: 大阪市立大学重点研究
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月
人とコミュニケーションするロボットのための適応学習機能に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 上野 敦志
ネットワークにおけるコミュニケーション支援のための知識ライフサイクルの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1999年4月 - 2002年3月
STNS-R: 仮想エージェントから実ロボットへの移植に適した状態空間の構成法
未設定: 矢崎科学技術振興記念財団 国際交流援助(9.11テロで渡航を中止したため辞退)
研究期間: 2001年10月       代表者: 上野 敦志
認識の学習と行動の学習の協調
未設定: 奈良先端科学技術大学院大学支援財団 下期支援事業 海外派遣
研究期間: 1999年10月       代表者: 上野 敦志

社会貢献活動

 
小中高生向け教育活動
【】  2011年4月 - 2012年3月
オープンキャンパスにおいて,情報工学科の取りまとめ役を担当した.また,ロボットサッカーのデモを行った.