IWATA Shinichi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 26, 2019 at 04:05
 
Avatar
Name
IWATA Shinichi
E-mail
m1158201med.osaka-cu.ac.jp
URL
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/heart/profile.html
Affiliation
Osaka City University
Section
Graduate School of Medicine Clinical Medicine Course
Job title
Lecturer
Research funding number
40647880

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Lecturer, Graduate School of Medicine Clinical Medicine Course, Osaka City University
 

Education

 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
Graduate School, Division of Medicine, Osaka City University
 
Apr 1995
 - 
Mar 2001
Faculty of Medicine, Osaka City University
 

Published Papers

 
Ishikawa H, Izumiya Y, Shibata A, Ichikawa Y, Yamaguchi T, Yamaguchi Y, Kitada R, Iwata S, Ehara S, Tomita S, Hanatani A, Yoshiyama M
Heart and vessels      Nov 2019   [Refereed]
Katayama H, Shibata A, Doi A, Ishikawa H, Tamura S, Yamaguchi Y, Matsuo M, Yoshiyama T, Tatsumi H, Iwata S, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M
Journal of cardiology      Nov 2019   [Refereed]
Murakami Takashi, Sada Ryoji, Takahashi Yosuke, Nishimura Shinsuke, Mizutani Kazuki, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Yamada Tokuhiro, Yoshiyama Minoru, Shibata Toshihiko
シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   67(3) 328-331   Mar 2019   [Refereed]
症例は78歳男性で、重度の心不全のため当院へ搬送された。脳卒中とステージ4の慢性腎臓病の既往があり、経皮的冠動脈インターベンションの手術歴があった。心エコー検査で大動脈弁狭窄症を認め、大動脈弁口面積は0.68cm2、左室の拡張末期径は61mm、駆出率は20%であった。中等度の僧帽弁閉鎖不全も認めた。造影CT検査で左総頸動脈の起始部から内臓枝の分岐部にかけて重度のアテローム性動脈硬化を認め、また下行大動脈遠位部にアテローム性動脈硬化と石灰化を認めた。MRI検査で左内頸動脈と左椎骨動脈の閉塞と...
Kajio K, Mizutani K, Hara M, Nakao M, Okai T, Ito A, Takahashi Y, Iwata S, Shimono T, Izumiya Y, Murakami T, Shibata T, Yoshiyama M
Journal of cardiology      Feb 2019   [Refereed]
Tamura Soichiro, Iwata Shinichi, Ito Asahiro, Ishikawa Sera, Mizutani Kazuki, Izumiya Yasuhiro, Yamada Tokuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru
(一社)日本循環器学会 Circulation Journal   83(2) 447-451   Jan 2019   [Refereed]
重症の大動脈弁狭窄症(AS)がみられるが左室駆出率は保たれている患者において、B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の血漿中濃度と、夜間血圧の平均値や変動度との関連性について検討する横断研究を行った。当院に入院した上記患者を前向きに追跡した78名(女性44名、平均79±6歳)のデータを解析対象とした。家庭用血圧記録計を用い、入院初夜に1時間毎の夜間血圧を記録した。また入院時採血検体から血漿BNP濃度を測定した。多変量回帰分析の結果、夜間の平均収縮期血圧は独立してBNP濃度に関連していることが...

Misc

 
岩田 真一
(株)先端医学社 血圧   25(10) 710-713   Oct 2018   [Refereed]
日内・日間血圧変動が、高血圧性臓器障害・心血管イベント・死亡に与える影響に注目が集まっている。しかしながら、血圧変動の重要性を報告する大規模臨床研究において、心血管イベントのメインを構成するのは脳卒中であり、心疾患ではない。血圧変動が、脳・心臓に与える影響に乖離が生じる機序は明らかにされていない。しかしながら、その一因として、脳梗塞の危険因子である大動脈弓部complex plaqueおよび左房容積と血圧変動の関連が示唆される。(著者抄録)
岩田 真一
(株)先端医学社 血圧   25(10) 710-713   Oct 2018   [Refereed]
日内・日間血圧変動が、高血圧性臓器障害・心血管イベント・死亡に与える影響に注目が集まっている。しかしながら、血圧変動の重要性を報告する大規模臨床研究において、心血管イベントのメインを構成するのは脳卒中であり、心疾患ではない。血圧変動が、脳・心臓に与える影響に乖離が生じる機序は明らかにされていない。しかしながら、その一因として、脳梗塞の危険因子である大動脈弓部complex plaqueおよび左房容積と血圧変動の関連が示唆される。(著者抄録)
岩田 真一, 葭山 稔
(株)クリニックマガジン Clinic Magazine   41(4) 68,35-69,35   Apr 2014   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
石川 世良, 岩田 真一, 伊藤 朝広, 田村 聡一郎, 河相 優, 吉山 智貴, 辰巳 裕亮, 土井 淳史, 泉家 康宏, 葭山 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   (一社)日本循環器学会
Kajio Keiko, Mizutani Kazuki, Yamaguchi Tomohiro, Nakao Mana, Okai Tsukasa, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Takahashi Yosuke, Izumiya Yasuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   (一社)日本循環器学会
竹本 恭彦, 財岡 直樹, 岩田 真一, 山口 雄大, 葭山 稔
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   (一社)日本循環器学会
Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Mizutani Kazuki, Nakao Mana, Okai Tsukasa, Takahashi Yosuke, Yamada Tokuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   (一社)日本循環器学会
Okai Tsukasa, Mizutani Kazuki, Yamaguchi Tomohiro, Nakao Mana, Kajio Keiko, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Takahashi Yosuke, Izumiya Yasuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru
日本循環器学会学術集会抄録集   Mar 2019   (一社)日本循環器学会