講演・口頭発表等

2020年7月23日

5つのステップを用いた Evidence Based Medicine( EBM)卒前教育の実践 第2報

第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
  • 片岡, 義裕
  • ,
  • 前野, 貴美
  • ,
  • 高屋敷, 明由美
  • ,
  • 横谷, 省治
  • ,
  • 阪本, 直人
  • ,
  • 春田, 淳志
  • ,
  • 小曽根, 早知子
  • ,
  • 吉本, 尚
  • ,
  • 山本, 由布
  • ,
  • 久野, 遥加
  • ,
  • 舛本, 祥一
  • ,
  • 稲葉, 崇
  • ,
  • 濱田, 修平
  • ,
  • 前野, 哲博

記述言語
日本語
会議種別
ポスター発表
主催者
日本プライマリ・ケア連合学会
開催地
日本 広島(オンライン)

【背景】筑波大学では、総合診療科での臨床実習の目標の一つとして「 EBMの手法を用いて臨床疑問を解決することができる」を掲げ、2017年10月から EBM演習を導入しており、その内容や学生の反応について2018年の本学会学術大会で発表した。
【これまでの課題】この演習では、 EBMの5つのステップを1週間で経験することをねらいとしていたが、本演習を担当した教員から、臨床疑問の定式化について学生に指導する際の指針が欲しい(課題1)、また臨床適用について学生が患者の状況を踏まえて考えることが難しい(課題2)という点が課題として挙げられた。
【課題の改善策】課題1については、疑問の種類(診断、治療、予後)に応じた PICOあるいは PECOの7つの型を担当教員に伝えて、学生が感じた疑問をどの型に当てはめればよいか判断しやすいようにした。課題2については、「調べた情報(エビデンス)を患者の治療や検査に生かすうえで、エビデンス以外に知っておくべきこと