堀田 一敬


堀田 一敬

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/07 13:31
 
アバター
研究者氏名
堀田 一敬
 
ホッタ イッケイ
URL
http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~ihotta/jp.html
所属
山口大学
部署
大学院創成科学研究科
職名
准教授
科研費研究者番号
10725237

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
山口大学 工学部 准教授
 
2015年4月
 - 
2019年3月
山口大学 工学部 講師
 
2013年4月
 - 
2015年3月
東京工業大学 日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
University of Würzburg 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
University of Würzburg DAAD博士研究員
 
2011年1月
 - 
2011年3月
Maria Curie-Skłodowska University 招待講師
 
2010年10月
 - 
2010年12月
The State School of Higher Education in Chełm 講師
 
2010年4月
 - 
2010年9月
東北大学 情報科学研究科 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2010年3月
東北大学 情報科学研究科(博士) 
 
 
 - 
2007年3月
東京都立大学 理学研究科(修士) 
 

論文

 
Ikkei Hotta
Interdiscip. Inform. Sci., to appear      [査読有り]
Ikkei Hotta
J. Anal. Math., to appear      [査読有り]
Ikkei Hotta, Makoto Katori
J. Stat. Phys.   171(1) 166-188   2018年4月   [査読有り]
Andrea Del Monaco, Ikkei Hotta, Sebastian Schleissinger
Comput. Methods Funct. Theory   18(1) 9-33   2018年3月   [査読有り]
Ikkei Hotta, Hirokazu Shimauchi
Math. Methods Appl. Sci.   41(2) 714-723   2018年1月   [査読有り]
Pavel Gumenyuk, Ikkei Hotta
Math. Z.   285(3-4) 1063-1089   2017年4月   [査読有り]
Ikkei Hotta, Andrzej Michalski
Bull. Soc. Sci. Lett. Łódź Sér. Rech. Déform.   67(2) 93-99   2017年   [査読有り]
Ikkei Hotta, Li-Mei Wang
Rocky Mountain J. Math.   47(1) 185-204   2017年   [査読有り]
Ikkei Hotta, Andrzej Michalski
Bull. Soc. Sci. Lett. Łódź Sér. Rech. Déform.   64(2) 19-27   2014年   [査読有り]
Ikkei Hotta
Publ. Math. Debrecen   82(2) 473-483   2013年2月   [査読有り]
Ikkei Hotta, Li-Mei Wang
Indian J. Pure Appl. Math.   42(4) 239-248   2011年8月   [査読有り]
Ikkei Hotta
Monatsh. Math.   163(3) 315-325   2011年7月   [査読有り]
Ikkei Hotta
Kodai Math. J.   33(3) 446-456   2010年10月   [査読有り]
Ikkei Hotta
Proc. Japan Acad. Ser. A Math. Sci.   85(8) 108-111   2009年10月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 若手研究(B) (17K14205)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 堀田 一敬
日本学術振興会: 若手研究(B) (26800053)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 堀田 一敬
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 (13J02250)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 堀田 一敬
日本学術振興会: 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム(東北大学)
研究期間: 2011年7月