Yamada Naoyuki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 25, 2018 at 17:45
 
Avatar
Name
Yamada Naoyuki
Affiliation
Yamaguchi University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Morishige N, Morita Y, Yamada N, Sonoda KH
Cornea   35(5) 602-606   May 2016   [Refereed]
[Evaluation of Iris Morphology Viewed through Stromal Edematous Corneas by Infrared Camera].
Kobayashi M, Morishige N, Morita Y, Yamada N, Kobayashi M, Sonoda KH
Nippon Ganka Gakkai zasshi   120(2) 110-113   Feb 2016   [Refereed]
Yanai R, Nishida T, Chikama T, Morishige N, Yamada N, Sonoda KH
Cornea   34 Suppl 11 S121-7   Nov 2015   [Refereed]
Morishige N, Shin-Gyou-Uchi R, Azumi H, Ohta H, Morita Y, Yamada N, Kimura K, Takahara A, Sonoda KH
Investigative ophthalmology & visual science   55(12) 8377-8385   Nov 2014   [Refereed]

Misc

 
Excelを用いた感染性角膜炎の原因微生物診断シートの作成と使用経験
山田 直之, 東島 史明, 吉本 拓矢, 守田 裕希子, 木村 和博
眼科臨床紀要   11(4) 312-312   Apr 2018
点眼防腐剤によるテノン嚢線維芽細胞の細胞毒性に対する角膜上皮細胞の抑制作用
寺西 慎一郎, 徳田 和央, 山城 知恵美, 小林 由佳, 守田 裕希子, 永井 智彦, 山田 直之, 鈴木 克佳, 木村 和博
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 164-164   Mar 2018
小林 由佳, 山田 直之, 岩本 菜奈子, 守田 裕希子, 園田 康平, 木村 和博
臨床眼科   72(1) 91-99   Jan 2018
目的:広範な感染性角膜潰瘍に対し,通常のデザインと異なる深層層状角膜移植(DALK)を行った1例の報告。症例:40歳男性が右眼の角膜潰瘍で紹介受診した。25日前に右眼痛が生じ,角膜潰瘍と診断された。14日後に他医に紹介され,病状はさらに悪化した。眼痛が発症するころからソフトコンタクトレンズを装用していた。月に2週間,海外に住んでいた。所見と経過:矯正視力は右0.4,左1.5で,右眼角膜の鼻側上方に浸潤を伴う角膜潰瘍があり,前房に虹彩炎の所見があった。薬物加療を開始したが,角膜潰瘍に下掘れが...
ムンプスによる角膜内皮炎の一例
小林 由佳, 守田 裕希子, 藤津 揚一朗, 山田 直之, 木村 和博
眼科臨床紀要   10(11) 962-962   Nov 2017
点眼防腐剤によるテノン嚢線維芽細胞の角膜上皮細胞との共培養時における筋線維芽細胞への転換
寺西 慎一郎, 徳田 和央, 徳久 佳代子, 白石 理江, 守田 裕希子, 山田 直之, 木村 和博, 徳田 信子, 鈴木 克佳
眼科臨床紀要   10(11) 962-963   Nov 2017

Conference Activities & Talks

 
Two cases of MRSA keratitis following Epi-LASIK
Tai-ichiro Chikama, Norimasa Noumi, Daisuke Harada, Naoyuki Yamada, Naoyuki Morishige, Teruo Nishida
The 25th ESCRS   2007