Ike Mutsumi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 22, 2019 at 09:53
 
Avatar
Name
Ike Mutsumi
E-mail
muiken-seiryo.ac.jp
Affiliation
Niigata Seiryo University
Section
Faculty of Nursing, Department of Nursing
Research funding number
20833221

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nurses' Practical Wisdom for the Support of Dementia Patients Among Hospital Outpatients
Shimizu, Utako,Uehara, Kimiko,Krasawa, Kiyomi,Ishizaki, Kaori,Nonaka, Tomoko,Ike, Mutsumi,Fukuda, Chieko,Taguchi, Megumi,Aoki, Hagiko
Global Journal of Health Scinece   10(5) 127-137   May 2018   [Refereed]
維持血液透析患者の睡眠と自己管理行動との関連について
池 睦美, 中村 勝
日本看護学会論文集: 慢性期看護   (48) 115-118   Mar 2018
透析患者の睡眠の実態と自己管理行動の関連を明らかにすることを目的に、当該患者41名(男性34名、女性7名、平均年齢56.56±6.49歳)を対象に、アクチグラフを用いて透析日から3日間測定し、「睡眠時間」など睡眠に関するデータを抽出・分析するとともに、「維持透析患者自己管理行動尺度」(野沢ら)を用いた評価を行った。その結果、透析患者の自己管理行動のうち、「食事療法と水分制限の遵守」と透析日の睡眠に関連がみられ、「飲水量の制限」が睡眠の「最長の覚醒時間」と関連していた。また、「良質なたんぱく...
ステントグラフト内挿術を受けた大動脈瘤患者のリスクファクターと生活様式の変化 退院指導前後の実態調査から
渡邊 真貴子, 伊藤 友美, 齋藤 佳澄, 朝妻 美己, 池 睦美
日本看護学会論文集: 成人看護I   (44) 133-136   May 2014
A病院でステントグラフト内挿術を受ける患者25名に対して、入院時に動脈瘤のリスクファクターと生活様式の調査を行うとともに、パンフレットを用いて退院指導を行った。そして退院後の初回受診時にリスクファクターと生活様式の調査を再度行い、入院時と比べてどのように変化しているか検討した。リスクファクターの調査項目は[BMI][腹囲][収縮期血圧][拡張期血圧]などであり、これらのうち[BMI]と[腹囲]の平均値が入院時に比べて退院後に有意に改善していた。生活様式の調査項目は[血圧測定][食事][飲酒...
ステントグラフト内挿術を受け退院した高齢者(大動脈瘤患者)・家族のヘルスケアニーズ
村山 佑子, 山田 紘美, 坂井 さゆり, 池 睦美, 渡辺 ひとみ
日本看護学会論文集: 老年看護   (42) 94-96   Jan 2012
胸部大動脈瘤または腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿術を受けたあと外来通院している65歳以上の患者5名とその主介護者に半構成的面接を行い、「疾病や健康管理に関する思い」について聴取し、語られた内容をKJ法で分析した。結果、以下の6カテゴリーが抽出された。1)新たな症状により感じる困難や不安。2)体が思うようにいかないイラダチ。3)うまく病気と付き合う。4)もう病人じゃない。5)無理をしないで。6)情報の錯綜。
看護師長・副看護師長の研究指導における教育委員会の支援のあり方 研究指導上の困難さに着目した実態調査より
田中 京子, 池 睦美, 栗山 洋子, 板垣 広美, 儀同 真由美, 福田 千恵子, 原 敦子, 荒木 理恵, 笠井 美香子, 二瓶 惠子
日本看護学会論文集: 看護管理   (38) 288-290   Apr 2008
A病院に勤務する看護師長と副師長82名にアンケートを行い、「過去3年間の研究指導経験の有無」「指導に関わったときに困難と感じた指導項目」「指導を困難と感じた具体的内容」などについて調査した。結果、指導経験は46名(56%)が有しており、指導した研究の種類(複数回答)は質的研究が19名、量的研究19名、その他27名であった。師長が困難と感じた指導項目は質的研究・量的研究とも[課題に対し妥当な文献検索であるか][妥当な検索数であるか][研究デザインは妥当か][データ収集方法は妥当か][目的にあ...
吉田 直子, 鈴木 真美子, 竹中 千恵, 池 睦美, 佐野 毅, 坂本 信, 中山 秀章, 坂井 邦彦, 下条 文武
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   17(2) 167-170   Aug 2007
CPAP設定圧と皮膚(額・鼻根部・左右の頬・人中)にかかる圧の関連性を検討した。マスク装着時点で額は4000Pa以上の圧がかかっている症例が多く、鼻根部でCPAP設定圧と皮膚にかかる圧に正の相関がみられた。また、鼻根部では額と比べ低い圧で血流の減少を認めた。発赤の出現は必ずしも皮膚にかかる圧と関係を認めなかった。(著者抄録)
血液透析時体温上昇に関するエンドトキシンカットフィルターの効果
長谷川 進, 杉戸 愛, 石井 幸恵, 椎谷 糸栄, 北畑 博美, 池 睦美, 森田 八重子, 西 慎一, 下条 文武
臨床透析   18(4) 479-484   Apr 2002
エンドトキシンカットフィルター(ETCF)による透析液供給路内のエンドトキシン(ET)濃度低下が,血液透析中の患者体温上昇の抑制につながるかどうか検討した.約半年間に血液透析を行った透析患者24名(平均透析歴69.8ヵ月)を対象とした.ETCFはETのカットには優れているが,すべての発熱物質が除去されているのではない可能性が示唆された
両親から二度の生体腎移植を受けた症例 血液透析導入を通して
池 睦美, 森田 八重子
日本小児腎不全学会雑誌   21 204-205   Aug 2001

Misc

 
母親の不安・抑うつと母子間のアタッチメントに関する周産期メンタルヘルス研究
福井 直樹, 茂木 崇治, 橋尻 洸陽, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸
新潟医学会雑誌   131(12) 720-720   Dec 2017
外来乳がん患者に対するプライマリーナーシング導入後の看護師の意識
三保 美枝子, 神田 峰加, 池 睦美, 坂井 さゆり, 菊永 淳
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 271-271   Jul 2017
維持透析患者の睡眠不良に影響する因子の検討
池 睦美, 中村 勝, 小西 健一, 島田 久基
日本透析医学会雑誌   50(Suppl.1) 587-587   May 2017
維持透析患者の睡眠の特徴と実態
池 睦美, 中村 勝, 小西 健一, 島田 久基
日本透析医学会雑誌   50(Suppl.1) 592-592   May 2017
ケア がん医療地域連携の発展 がん診療連携パス適応外症例における地域連携推進チームでの取り組み
長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 三保 美枝子, 神田 峰加, 塚本 友香里, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 池 睦美, 若井 俊文
日本癌治療学会誌   50(3) 2734-2734   Sep 2015
当院におけるリハセンター看護師の役割 看護師業務調査の年次推移からの検討
池 睦美, 笹原 幸子, 村山 真奈美, 行方 千里
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S382-S382   May 2015
壮年期腹膜透析患者の腹膜透析開始前後の思いの変化
酒井 真由子, 丸山 洋佳, 番場 紹美, 池 睦美
日本透析医学会雑誌   42(Suppl.1) 457-457   May 2009
市民公開セミナーによる腹膜透析の情報提供
池 睦美, 後藤 眞, 飯野 則昭, 下条 文武, 丸山 弘樹
日本透析医学会雑誌   41(Suppl.1) 529-529   May 2008
【腹膜透析2006】 SMAP SMAPによるPD医療の推進 新潟大学PD医療チームの取り組み
丸山 弘樹, 中村 元, 霜鳥 正明, 飯野 則昭, 下条 文武, 柏 美智, 椎谷 糸栄, 中村 智恵, 野瀬 優子, 長谷川 伊里子, 太田 真美子, 池 睦美, 小林 泰子, 佐藤 博
腎と透析   61(別冊 腹膜透析2006) 113-113   Sep 2006
新潟大学医歯学総合病院におけるCAPD医療チームとクリニカルパス 病棟看護師部門 CAPDクリニカルパス作成の経緯
大桃 恭子, 長谷川 伊里子, 林 里実, 池 睦美
新潟医学会雑誌   119(7) 445-445   Jul 2005
持続陽圧換気法の設定圧と皮膚への圧力との関係
吉田 直子, 鈴木 真美子, 竹中 千恵, 池 睦美, 佐野 毅, 原 利昭, 坂井 邦彦, 中山 秀章, 下条 文武, 坂本 信
日本呼吸管理学会誌   15(1) 134-134   Jun 2005
血液透析回路におけるロック式ニードルレス混注管の臨床評価
長谷川 進, 石黒 眞里子, 柏 美智, 椎谷 糸栄, 岡 由香, 池 睦美, 西 慎一, 下条 文武
日本透析医学会雑誌   37(Suppl.1) 936-936   May 2004
【透析患者における心血管系合併症の早期発見と対策】 心疾患をもつ患者の透析室における看護
椎谷 糸栄, 岡 由佳, 池 睦美, 長谷川 進, 池田 和美
腎と透析   56(1) 155-158   Jan 2004
心不全,虚血性心疾患に焦点をあて,心疾患患者の透析室における看護を,症例(68歳女)を用いて具体例を呈示した.透析室の看護師は,透析中,心疾患症状を早期発見し,迅速な対応を行う必要がある.看護師は,塩分制限,水分制限など,日常管理の個別的指導を心疾患患者に行うことが重要である.看護師は支持的に接し,心疾患症状に対する不安の軽減を図る必要がある
【透析療法の進歩と話題】 クリニカルパスと透析医療
西 慎一, 池 睦美, 石井 幸恵, 椎谷 糸栄, 岡 由佳, 石黒 眞里子, 池田 和美, 長谷川 進, 下条 文武
腎と透析   54(5) 679-683   May 2003
腎移植医療における精神医学的問題点 献腎移植後,巣状糸球体硬化症の再発により透析再導入となった症例
池 睦美, 田中 八重子
臨床透析   18(5) 603-604   May 2002
腎移植後,急性拒絶反応により透析を施行した患者の心理状態の考察 OKT3療法実施3症例から
池 睦美, 本田 ユミ, 森田 八重子
移植   35(5) 328-328   Oct 2000
移植施設の透析室における看護の役割を考える 献腎移植患者との関わりから
佐竹 紀代美, 鈴木 由加利, 北畑 博美, 池 睦美, 森田 八重子
移植   34(5) 332-332   Oct 1999
献腎移植において維持透析施設の抱える問題と移植施設としての関わりについて
鈴木 由加利, 佐竹 紀代美, 北畑 博美, 池 睦美, 森田 八重子
移植   34(5) 334-334   Oct 1999