原田 英美子

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/15 17:27
 
アバター
研究者氏名
原田 英美子
 
ハラダ エミコ
URL
http://www.ses.usp.ac.jp/shigen/staff/stf_harada.html
所属
滋賀県立大学
部署
環境科学部 生物資源管理学科
職名
教授
学位
博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
科研費研究者番号
20232845
ORCID ID
0000-0002-8479-8034

研究分野

 
 

経歴

 
2019年
 - 
現在
滋賀県立大学 環境科学部 教授
 
2010年
 - 
2019年
滋賀県立大学 環境科学部 准教授
 
2008年
 - 
2010年
京都大学 生存圏研究所 博士研究員
 
2006年
 - 
2008年
サントリー生物有機科学研究所 博士研究員
 
2005年
 - 
2006年
江原国立大学 山林資源学部(韓国) 博士研究員
 

学歴

 
1998年
 - 
2001年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士後期課程 
 
1996年
 - 
1998年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士前期課程 
 
1989年
 - 
1991年
大阪大学 薬学研究科 博士前期課程 
 
1984年
 - 
1989年
大阪大学 薬学部  製薬化学科
 

委員歴

 
2017年
   
 
日本学術振興会  科学研究費助成事業第1段審査(書面審査)委員
 
2016年
   
 
日本学術振興会  科学研究費助成事業第1段審査(書面審査)委員
 
2013年
   
 
日本学術振興会  科学研究費助成事業第1段審査(書面審査)委員
 
2012年
   
 
日本学術振興会  科学研究費助成事業第1段審査(書面審査)委員
 

論文

 
Nagakawa Y, Uemoto M, Kurosawa T, Shutoh K, Hasegawa H, Sakurai N, Harada E.
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry      2018年11月   [査読有り]
南川久人,松村怜,畑直樹,原田英美子,栗本遼,安田 孝宏,宮嵜一樹
実験力学   18(3) 214-221   2018年10月   [査読有り]
滋賀自然環境研究会誌      2017年8月   [査読有り]
辻康介、原田英美子(2017)vol. 15, page 1-6.
Tsuji K, Asayama T, Shiraki N, Inoue S, Okuda E, Hayashi C, Nishida K, Hasegawa H, Harada E.
Plant Cell and Environment   40(7) 1163-1173   2017年7月   [査読有り]
原田 英美子
金属   86(12) 1159-1170   2016年12月
辻 康介, 浅山 拓馬, 西田 和真, 原田 英美子
海洋化学研究 = Transactions of the Research Institute of Oceanochemistry   29(1) 24-28   2016年
南川 久人, 藤原 海, 栗本 遼, 安田 孝宏, 原田 英美子, 畑 直樹
実験力学   16(1) 77-83   2016年
Effects of microbubbles on germination and growth in deep flow technique of spinach (Spinacia oleracea) were investigated. In the germination experiment, four experiment plots; (1) underwater germination with microbubble water plot (MB plot...
Kosugi A, Nishizawa C, Kawabe A, Harada E.
Plant Biotechnology   33(1) 33-37   2016年   [査読有り]
小杉亜希、高倉耕一、野間直彦、河邊昭、原田英美子
地域自然史と保全   38(1) 51-59   2016年6月   [査読有り]
小杉 亜希, 原田 英美子
作物研究   60(0) 1-12   2015年
重金属集積植物とは重金属を植物体地上部に高濃度に集積する植物種である.ヨーロッパに分布するアブラナ科植物Arabidopsis halleri ssp. halleriは代表的なカドミウム・亜鉛集積植物である.ハクサンハタザオ(A. halleri ssp. gemmifera)は日本を含む東アジアに分布するA. halleriの一亜種であり,ssp. halleriと同様に金属集積性を持つことが報告されて...
Kosugi A, Tamaru J, Gotou K, Furihata H.Y, Shimizu A, Kawabe A, Harada E.
Australian Journal of Botany   63(2) 134-140   2015年   [査読有り]
Kowata H, Nagakawa Y, Sakurai N, Hokura A, Terada Y, Hasegawa H, Harada E.
Journal of Analytical Atomic Spectrometry   29(5) 868-874   2014年   [査読有り]
原田 英美子
作物研究   57(0) 7-15   2012年
タバコ(Nicotiana tabacum)をカドミウム(Cd),亜鉛(Zn)で処理すると,葉表面の毛状の組織である腺性トライコームに金属を蓄積し,さらにカルシウム(Ca)を含む結晶の形で先端の細胞から排出する.トライコームおよび結晶物質の数はカドミウム処理に応じて増加し,タバコの重金属耐性に関与している.重金属排出機構を詳細に調べるため,結晶状物質を葉表面から採集,化学形態を放射光蛍光X線分析法で測定した.物質中のCd,Zn,Caの化学形態を,いずれも炭酸塩であると決定した...
Sugiyama A, Linley P.J, Sasaki K, Kumano T, Yamamoto H, Shitan N, Ohara K, Takanashi K, Harada E, Hasegawa H, Terakawa T, Kuzuyama T, Yazaki K.
Metabolic Engineering   13(6) 629-637   2011年11月   [査読有り]
Harada E, Hokura A, Nakai I, Terada Y, Baba K, Yazaki K, Shiono M, Mizuno N, Mizuno T.
Metallomics   3(12) 1340-1346   2011年12月   [査読有り]
Harada E, Kim J.-A, Meyer A.J, Hell R, Clemens S, Choi Y.-E.
Plant and Cell Physiology   51(10) 1627-1637   2010年10月   [査読有り]
Harada E, Hokura A, Takada S, Baba K, Terada Y, Nakai I, Yazaki K.
Plant and Cell Physiology   51(5) 848-853   2010年5月   [査読有り]
Isaure M.-P, Sarret G, Harada E, Choi Y.-E, Marcus M.A, Fakra S.C, Geoffroy N, Pairis S, Susini J, Clemens S, Manceau A.
Geochimica et Cosmochimica Acta   74(20) 5817-5834   2010年   [査読有り]
Anbazhagan V.R, Ahn C.H, Harada E, Kim Y.S, Choi Y.E.
In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant   44(6) 494-501   2008年   [査読有り]
Sarret G, Isaure M.-P, Marcus M.A, Harada E, Choi Y.-E, Pairis S, Fakra S, Manceau A.
Canadian Journal of Chemistry   85(10) 738-746   2007年   [査読有り]
Sarret G, Harada E, Choi Y.-E, Isaure M.-P, Geoffroy N, Fakra S, Marcus M.A, Birschwilks M, Clemens S, Manceau A.
Plant Physiology   141(3) 1021-1034   2006年7月   [査読有り]
Choi Y.-E, Harada E.
Journal of Plant Biology   48(1) 113-119   2005年   [査読有り]
Seo J.-W, Jeong J.-H, Shin C.-G, Lo S.-C, Han S.-S, Yu K.-W, Harada E, Han J.-Y, Choi Y.-E.
Phytochemistry   66(8) 869-877   2005年4月   [査読有り]
Choi Y.-E, Harada E, Kim G.-H, Yoon E.-S, Sano H.
Journal of Plant Biology   47(2) 75-82   2004年   [査読有り]
Harada E, Von Roepenack-Lahaye E, Clemens S.
Phytochemistry   65(24) 3179-3185   2004年12月   [査読有り]
Harada E, Yamaguchi Y, Koizumi N, Hiroshi S.
Journal of Plant Physiology   159(4) 445-448   2002年   [査読有り]
原田 英美子, 崔 龍義, 鈴木 伸昭, 佐野 浩
植物の生長調節   36(2) 181-189   2001年
Harada E, Choi Y.-E, Tsuchisaka A, Obata H, Sano H.
Journal of Plant Physiology   158(5) 655-661   2001年   [査読有り]
Choi Y.-E, Harada E, Wada M, Tsuboi H, Morita Y, Kusano T, Sano H.
Planta   213(1) 45-50   2001年   [査読有り]
Harada E, Kusano T, Sano H.
Journal of Plant Physiology   156(2) 272-276   2000年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Nakamura T, Harada E, Koizumi N, Sano H.
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   63(4) 762-766   1999年   [査読有り]
Kitagawa I, Chen W.-Z, Taniyama T, Harada E, Hori K, Kobayashi M, Ren J.
Yakugaku Zasshi   118(11) 519-528   1998年   [査読有り]
Yoshikawa M, Matsuda H, Shimoda H, Shimada H, Harada E, Naitoh Y, Miki A, Yamahara J, Murakami N.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   44(8) 1440-1447   1996年   [査読有り]
Yoshikawa M, Murakami T, Harada E, Murakami N, Yamahara J, Matsuda H.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   44(10) 1923-1927   1996年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Murakami T, Matsuda H, Wariishi N, Yamahara J, Murakami N.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(6) 1357-1359   1994年   [査読有り]
Yoshikawa M, Matsuda H, Harada E, Murakami T, Wariishi N, Yamahara Y, Murakami N, Johji J.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(6) 1354-1356   1994年   [査読有り]
Yamahara J, Matsuda H, Shimoda H, Ishikawa H, Kawamori S, Wariishi N, Harada E, Murakami N, Yoshikawa M.
Yakugaku Zasshi   114(6) 401-413   1994年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Naitoh Y, Inoue K, Matsuda H, Shimoda H, Yamahara J, Murakami N.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(11) 2225-2230   1994年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Yagi N, Okuno Y, Murakami N, Muraoka O, Aoyama H.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(3) 721-723   1994年   [査読有り]
Kitagawa I, Chen W.-Z, Hori K, Harada E, Yasuda N, Yoshikawa M, Ren J.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(5) 1056-1062   1994年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Murakami T, Matsuda H, Yamahara J, Murakami N.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(3) 742-744   1994年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Miki A, Tsukamoto K, Si Qian Liang, Yamahara J, Murakami N.
Yakugaku Zasshi   114(2) 129-133   1994年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Minematsu T, Muraoka O, Yamahara J, Murakami N, Kitagawa I.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   42(3) 736-738   1994年   [査読有り]
Kitagawa I, Hori K, Uchida E, Chen W.-Z, Yoshikawa M, Ren J.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   41(9) 1567-1572   1993年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Aoki S, Yamahara J, Murakami N, Shibuya H, Kitagawa I.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   41(12) 2101-2105   1993年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Matsuda H, Murakami T, Yamahara J, Murakami N.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   41(11) 2069-2071   1993年   [査読有り]
Yoshikawa M, Harada E, Kawaguchi A, Yamahara J, Murakanii N, Kitagawa I.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   41(3) 630-632   1993年   [査読有り]
Yoshikawa M, Uchida E, Chatani N, Murakami N, Yamahara J.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   40(11) 3121-3123   1992年   [査読有り]
Kitagawa I, Zhou J.L, Sakagami M, Uchida E, Yoshikawa M.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   39(1) 244-246   1991年   [査読有り]

Misc

 
原田英美子、永川栄泰、保倉明子
SPring-8 /SACLA Research Frontiers 2015   96-97   2016年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Synchrotron radiation X-Ray analysis of metal-accumulating plants
保倉明子、原田英美子 (担当:共著)
Springer   2017年3月   ISBN:978-4-431-56461-4
Metallomics: Recent Analytical Techniques and Applications. Edited by Yasumitsu Ogra and Takafumi Hirata
フィールドワーク心得帖 新版
原田英美子、浦部美佐子 (担当:共著, 範囲:第8章 )
サンライズ出版   2015年4月   ISBN:978-4883255627
イオウ代謝遺伝子のストレス応答に関する研究
奈良先端科学技術大学院大学   2001年3月   
学位記番号: 博第160号
オンラインで全文を公開
(http://library.naist.jp/dspace/handle/10061/2711)

講演・口頭発表等

 
研究不正問題の包括的理解と実践的な解決法の探索 [招待有り]
原田 英美子
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月30日   
ワークショップ:生命科学分野における実践的研究倫理教育を目指して
オーガナイザー:池上徹、原田英美子
水生植物も活かせば資源 [招待有り]
原田 英美子
びわ湖環境ビジネスメッセ2018共催セミナー「琵琶湖資源の利活用に向けた新たな展開の模索」   2018年10月17日   
水生植物オオカナダモの金属集積機構の解明と有効利用法の開発 [招待有り]
原田 英美子
第5回メタロミクス研究フォーラム   2017年11月25日   
原田英美子、辻康介、浅山拓馬、長谷川博
日本植物学会第81回大会自由集会 拡がる水生植物の植物学   2017年9月8日   
オーガナイザー:黒沢高秀、原田英美子
放射光蛍光X線分析を用いた植物の重金属集積機構の解明 [招待有り]
原田 英美子
高輝度放射光を利用した微量元素計測の最前線   2017年7月29日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
水生植物の元素集積に関与する生物学的・非生物学的環境要因の解析と有効利用
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 原田 英美子
水生植物の元素集積に影響する環境要因の解明および水圏からの金属回収法の開発
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 原田 英美子
水生植物における重金属の吸収機構と体内挙動の解明および水圏環境浄化への応用
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 原田 英美子
ウコギ科植物における金属集積機構の解明と放射性ストロンチウム除去技術への応用
科学研究費助成事業: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 水野 隆文
木本植物を用いた重金属汚染土壌のファイトレメディエーション法の開発
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 原田 英美子

社会貢献活動

 
【企画】  日本学術振興会  ひらめき☆ときめきサイエンス  (https://www.jsps.go.jp/hirameki/ht29000_jisshi/ht29226jisshi.pdf)  2017年7月23日 - 2017年7月23日
【企画】  日本学術振興会  ひらめき☆ときめきサイエンス  (https://www.jsps.go.jp/hirameki/ht28000_jisshi/ht28220jisshi.pdf)  2016年7月24日 - 2016年7月24日