池 勇勳

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/19 02:40
 
アバター
研究者氏名
池 勇勳
 
チ ヨンフン
eメール
jimech.chuo-u.ac.jp
URL
http://www.nineppl.com/
所属
中央大学
部署
理工学部
職名
助教C
学位
Master of Engineering(高麗大学(韓国)), 博士 (工学)(東京大学)
科研費研究者番号
90823766
ORCID ID
0000-0002-0828-6627

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2005年12月
 - 
2008年1月
韓国空軍作戦指令部 作戦電算所 システム運用支援兵 (兵役)
 
2012年9月
 - 
2013年3月
韓国高麗大学付設 次世代機械設計技術研究所 研究員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
帝京大学 医療共通教育研究センター 非常勤助手
 
2016年4月
 - 
2018年3月
東京大学 日本学術振興会 外国人特別研究員
 
2018年4月
   
 
中央大学理工学部助教
 

学歴

 
1999年3月
 - 
2002年2月
尙文高等学校 (韓国) 理科 
 
2003年3月
 - 
2010年2月
慶熙大学 (韓国) 機械産業システム工学部 機械工学科
 
2003年3月
 - 
2010年2月
慶熙大学 (韓国) 電子情報学部 コンピュータ工学科
 
2010年3月
 - 
2012年2月
高麗大学 (韓国) メカトロニクス協同課程 メカトロニクス専攻
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 工学系研究科 精密工学専攻
 

受賞

 
2017年1月
International Workshop on Advanced Image Technology 2017 (IWAIT2017) Best Paper Award Spherical Camera Localizaton in Man-made Environment Using 3D-2D Matching of Line Information
 
2016年12月
第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2016) SI2016優秀講演賞 車線変更推定法および人工ポテンシャル法を用いた他車の走行軌道予測
 
2015年12月
The 6th 2015 JSME/RMD International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015) ICAM2015 Honorable Mention Automatic Camera Pose Estimation Based on Textured 3D Map Information
 
2015年2月
公益社団法人計測自動制御学会 学術奨励賞研究奨励賞 RGB-Dセンサを用いた単調な環境における消失点マッチングによるボクセル地図生成
 
2012年5月
27th Institute of Control, Robotics and Systems Annual Conference Best Paper Award Outdoor Localization Using GPS Data and Lane Markers for a Mobile Robot
 

論文

 
Adaptive Motion Planning Based on Vehicle Characteristics and Regulations for Off-Road UGVs
Yonghoon Ji 「ほか8名 (9名中1番目)」
IEEE Transactions on Industrial Informatics   15(1) 599-611   2019年1月   [査読有り]
Trajectory Prediction of Surrounding Vehicles Considering Individual Driving Characteristics
Hanwool Woo 「ほか7名 (8名中2番目)」
International Journal of Automotive Engineering   9(4) 282-288   2018年12月   [査読有り]
Advanced Adaptive Cruise Control Based on Collision Risk Assessment
Hanwool Woo 「ほか7名 (8名中2番目)」
Proceedings of the IEEE 21st International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC 2018)      2018年11月   [査読有り]
Visibility Enhancement for Underwater Robot based on an Improved Underwater Light Model
Xiaorui Qiao 「ほか3名 (4名中2番目)」
Journal of Robotics and Mechatronics   30(5) 781-790   2018年10月   [査読有り]
Accurate Range Image Generation Using Sensor Fusion of TOF and Stereo-based Measurement
Tomoaki Fukuda, Yonghoon Ji, Kazunori Umeda
Proceedings of the 12th France-Japan and 10th Europe-Asia Congress on Mechatronics (MECHATRONICS2018)      2018年9月   [査読有り]

Misc

 
学術雑誌における紹介記事:計測自動制御学会誌 (計測と制御) : 知能化空間における移動ロボットの知的ナビゲーション及び地図生成
   2015年10月

講演・口頭発表等

 
TOF距離画像センサとステレオカメラの組み合わせによる高精度距離画像生成
福田 智章, 池 勇勳, 梅田 和昇
2018年度精密工学会春季大会学術講演会   2018年9月   
3D Reconstruction of Unit 3 Primary Containment Vessel Interiors at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Using Structure from Motion
Xiaorui Qiao, Yonghoon Ji, Atsushi Yamashita, Hajime Asama
3rd International Forum on the Decommissioning of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station   2018年8月   
クロスラインレーザとカメを用いた計測 面の法線計測可能な小型距離画像センサの開発
津村 一輝, 林 遠球, 池 勇勳, 梅田 和昇
精密工学会画像応用技術専門委員会サマーセミナー2018   2018年8月   
マルチスリットレーザプロジェクタを用いたRGB-D センサによるテクスチャを有する3次元地図生成
藤井 奈穂, 木村 優志, 池 勇勳, 梅田 和昇
精密工学会画像応用技術専門委員会サマーセミナー2018   2018年8月   
Trajectory Prediction of Surrounding Vehicles Considering Individual Driving Characteristics
Hanwool Woo 「ほか7名 (8名中2番目)」
自動車技術会2018年春季大会学術講演会   2018年5月   

競争的資金等の研究課題

 
極限水中環境における無人水中ロボットによる音響カメラを用いた3次元環境情報復元
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2018年9月 - 2020年3月
極限環境への挑戦:知的探査ロボットのSLAM及びナビゲーション
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
被災地探査や原子力発電所建屋内情報収集のための半自律ロボットを用いたセマンティックサーベイマップ生成システムの開発
研究期間: 2018年9月 - 2021年3月