橋本 哲男

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/06 02:40
 
アバター
研究者氏名
橋本 哲男
 
ハシモト テツオ
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授

研究分野

 
 

委員歴

 
1996年9月
 - 
1997年9月
日本統計学会  理事
 
2011年6月
 - 
2011年12月
日本分子生物学会  プログラム委員
 
2008年8月
 - 
2011年8月
日本進化学会  幹事
 

論文

 
Arisue, Nobuko; Hashimoto, Tetsuo; Kawai, Satoru; Honma, Hajime; Kume, Keitaro; Horii, Toshihiro
Scientific Reports   9(1) 7274   2019年5月   [査読有り]
The malaria parasite species, Plasmodium vivax infects not only humans, but also African apes. Human specific P. vivax has evolved from a single ancestor that originated from a parasite of African apes. Although previous studies have proposed phyl...
Kume, Keitaro;Amagasa, Toshiyuki;Hashimoto, Tetsuo;Kitagawa, Hiroyuki
EVOLUTIONARY BIOINFORMATICS   14    2018年12月   [査読有り]
Nurkanto, Arif; Jeelani, Ghulam; Yamamoto, Takehiro; Hishiki, Takako; Naito, Yoshiko; Suematsu, Makoto; Hashimoto, Tetsuo; Nozaki, Tomoyoshi
Frontiers in microbiology   9 2902   2018年11月   [査読有り]
Coenzyme A (CoA) is an essential cofactor for numerous cellular reactions in all living organisms. In the protozoan parasite , CoA is synthesized in a pathway consisting of four enzymes with dephospho-CoA kinase (DPCK) catalyzing the last step. Ho...
Yuki, Nishimura;Takashi, Shiratori;Kenichro, Ishida;Tetsuo, Hashimoto;Moriya, Ohkuma;Inagaki, Yuji
Scientific Reports   9 4850   2019年3月   [査読有り]
Mitochondrial genomes exhibit diverse features among eukaryotes in the aspect of gene content, genome structure, and the mobile genetic elements such as introns and plasmids. Although the number of published mitochondrial genomes is increasing at ...
Bradley, Alla; Hashimoto, Tetsuo; Ono, Masahiro
FRONTIERS IN IMMUNOLOGY   9    2018年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Quantitative data analyses of chromosome abnormalities and clinical features in human hematopoietic neoplasms
橋本, 哲男
1988年3月   
染色体異常からみたAILD-IBL型病変の位置付け,「AILD-IBL型病変 ―血管免疫芽球性リンパ節症」(須知泰山, 花岡正男, 菊池辰弘 編)
鎌田七男;橋本哲男;田中公夫
近代出版   1988年1月   
ミトコンドリアをもたない原生生物の進化と共生説, 「分子進化 ―解析の技法とその応用」(宮田 隆 編)
長谷川政美;橋本哲男
共立出版   1998年1月   
マラリア学-ラボマニュアル-
橋本哲男 (担当:分担執筆, 範囲:マラリア原虫ゲノムデータベースの利用法)
菜根出版   2000年1月   
分子シャペロンによる細胞機能制御
橋本哲男 (担当:分担執筆, 範囲:分子シャペロンの分子進化)
シュプリンガー・フェアラーク東京   2001年1月   

講演・口頭発表等

 
有中心粒太陽虫類におけるミトコンドリアゲノムの比較解析.
西村祐貴;佐藤渚;白鳥高志;石田健一郎;橋本哲男;稲垣, 祐司;大熊盛也
日本微生物資源学会第26回大会   2019年6月27日   
Evolutionarily distinct gene-sets for autophagosome formation in dinoflagellate harboring diatom endosymbionts.
Euki, Yazaki;Tada-aki, Uehara;Hirokazu, Sakamoto;Tetsuo, Hashimoto;Noboru, Mizushima;Inagaki, Yuji
VIII European Congress of Protistology   2019年7月28日   
Phylogenomic analysis assessing the position of "orphans" including Microheliella maris.
Euki, Yazaki;Ayaka, Imaizumi;Keitaro, Kume;Takashi, Shiratori;Tetsuo, Hashimoto;Akinori, Yabuki;Ken-ichiro, Ishida;Inagaki, Yuji
VIII European Congress of Protistology   2019年7月28日   
新奇原生生物SRT308株が明らかにするユーグレノゾアの初期進化.
白鳥峻志;矢崎裕規;久米慶太郎;石田健一郎;橋本哲男;稲垣, 祐司
第43回日本藻類学会会   2019年3月15日   
オートファジーの普遍性の検証 〜オピストコンタとその近縁系統について〜
矢崎裕規;上原忠晃;Torruella, Guifré;水島昇;Hashimoto, Tetsuo;稲垣, 祐司
第11回オートファジー研究会   2018年11月18日   

競争的資金等の研究課題

 
真核生物の起源と初期進化に関する分子進化学的研究
(選択しない)
研究期間: 1991年4月 - 2021年3月
寄生原虫類の分子系統進化
研究期間: 1995年4月 - 2021年3月