基本情報

所属
群馬大学 助教
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)

J-GLOBAL ID
201801000858019514

国立遺伝学研究所の相賀裕美子教授の研究室でマウス遺伝学を用いて研究を開始した。修士課程では、当時国内ではほとんど成功例がなかった100kb以上の大きなプラスミド(BAC)を改変し、それを用いたトランスジェニックマウスを作成する技術を確立した(Oginuma et al, Mech Dev 2008)。本技術は、国内外の様々な研究者に伝播することで様々な共同研究に発展した。

博士課程では、それまで全く明らかになっていなかった胚の体幹部の中核をなす体節の周期性を可能にする機構を世界に先駆けて発見した(Oginuma et al, Development 2008)。本研究成果は国際的に高い評価を受け、フランスで開催された国際学会でポスター賞を受賞した。さらに本成果から発展した研究成果を次々と発表した(Oginuma et al, Development 2010, Oginuma et al, Elife 2018)。

発生生物学の権威であるOlivier Pourquie教授の研究室(Institut de Génétique et de Biologie Moléculaire et Cellulaire;フランス、Harvard Medical School;アメリカ)に留学し、フランス政府の競合的研究奨学金を獲得し、ポスドクとして研究を行った。私は留学先では、発生生物学の全く新しい概念を提唱したいと考え、それまでほとんど誰も注目していなかった栄養・代謝の観点から胚発生の研究を行った。そこで質量分析法を用いたメタボロミクス解析と高感度マイクロアレイ法を用いたトランスクリプトーム解析を行い世界で初めて胚の代謝パターンを個体レベルで調べた結果、エネルギー代謝経路が胚で勾配を作成していることを発見し、Wntシグナルと協調して胚の後方パターン形成に寄与していることを発見した(Oginuma et al, Dev Cell 2017)。本成果はマスコミにも大きく取り上げられ、論文評価サイトFaculty of 1000に2回選出され、先見性が高い研究として非常に高く評価されている。

現在、私は帰国し代謝研究で国際的に評価が高い群馬大学・生体調節研究所で石谷教授の下、形態形成、組織恒常性維持、老化、代謝を結ぶ研究を行っている。

【受賞歴等】
(1)Poster Award; Joint meeting of the SFBD/JSDB, 2009
(2)Fondation pour la Recherche Médicale (FRM) fellowship 2012~2014
(3)Feldman B: F1000Prime Recommendation, Mar 2017
(4)DeSimone D W and Dzamba B: F1000Prime Recommendation, Mar 2017
(5)Poster Award; Joint Meeting of JSCB 70th & JSDB 51st, 2018

研究キーワード

  2

論文

  14

MISC

  10