田中 洋美


田中 洋美

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/14 20:31
 
アバター
研究者氏名
田中 洋美
URL
http://www.hiromitanaka.net/
所属
明治大学
部署
情報コミュニケーション学部
職名
准教授
学位
博士(社会学)(Ruhr-Universität Bochum(ドイツ)), 修士(国際学)(東京外国語大学)
科研費研究者番号
70611739

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
明治大学 情報コミュニケーション学部 専任准教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
明治大学 情報コミュニケーション学部 特任講師
 
2008年4月
 - 
2011年3月
ドイツ在外人文科学研究所財団(現マックス・ヴェーバー財団)ドイツ日本研究所 専任研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
武蔵大学 人文学部 非常勤講師
 
2006年10月
 - 
2007年3月
カッセル大学 社会科学部 非常勤講師
 

書籍等出版物

 
International Encyclopedia of Gender, Media and Communication
Edited by K. Ross et al. (担当:分担執筆, 範囲:Japanese manga (anime))
Hoboken, NJ: Wiley-Blackwell   
2020年刊行予定
Gendered Cityscapes: Revisiting Questions of Gender Identity, Equity and Marginalization in Urban Asia
Edited by D. U. Joshi, Ch. K. Permpoonwiwat, and H. Tanaka (担当:共編者, 範囲:The sexualization of women and men in Japanese urban media)
Jaipur: Rawat   
2019年刊行予定
Global Leisure and the Struggles for a Better World
Edited by A. Beniwal, J. Rashmi and K. Spracklen, Co-authored with S. Ishida. (担当:共著, 範囲:Doing manga as leisure and its meaning and purpose: The case of Japanese female manga fandom called fujoshi)
Basingstoke, Hampshire: Palgrave   2018年5月   
ボディ・スタディーズ―性、人種、階級、エイジング、健康/病の身体学への招待
監訳:田中洋美共訳:兼子歩・齋藤圭介・竹﨑一真・田中洋美・平野邦輔
晃洋書房   2017年5月   
Equating Gender: Explorations in the Asia-Pacific
Edited by D. U. Joshi and Ch. K. Permpoonwiwat. (担当:共著, 範囲:Women's political participation in Japan: What stirs their political ambition and what promotes their candidacy)
Jaipur: Rawat   2016年9月   

論文

 
ジェンダーとメディア研究の再構築に向けて
国際ジェンダー学会誌   16    2018年12月   [査読有り][招待有り]
Enjoying manga as fujoshi: Exploring its innovation and potential for social change from a gender perspective
H. Tanaka & S. Ishida
International Journal of Behavioral Science   10(1) 77-85   2015年1月   [査読有り]
Parental well-being and the sexual division of household labor: A new look at gendered families in Japan
B. Holthus & H. Tanaka
Asiatische Studien/Etudes Asiatiques   LXVII(2) 401-428   2013年6月   [査読有り]
若者によるマンガ愛読とジェンダー・イメージの受容―少年スポーツマンガ『SLAM DUNK』読者を例に
情報コミュニケーション学研究   (13) 1-15   2013年3月   [査読有り]
Individualization of marriage and work life choices: A study of never-married employed women in Hong Kong and Tokyo
H. Tanaka & C. W. Ng
Asian Women   28(1) 85-119   2012年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
The portrayals of women in a Japanese women's lifestyle magazine, an an [招待有り]
国立台湾師範大学台湾語文学系講演   2018年11月22日   
Gender representation and the portrayals of women in Japanese media: A changing pattern [招待有り]
国立台北大学社会学系講演   2018年11月21日   
私と身体と社会の関係――身体を考えるって何だろう?」 [招待有り]
田中 洋美
北区スペースゆう男女共同参画講座   2018年9月22日   
ジェンダーとメディア研究の再構築に向けて――メディアをめぐる社会変動と新たな研究の必要性
国際ジェンダー学会2018年大会、ラウンドテーブル2「ソーシャルメディア時代のジェンダーとメディア」   2018年9月1日   
The sexualization of Japanese women in a global postfeminist era
The 22nd Biennial Conference of The Asian Studies Association of Australia (ASAA) 2018   2018年7月5日   

競争的資金等の研究課題

 
女性雑誌におけるジェンダー表象
明治大学人文科学研究所: 共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 田中洋美
女性の政治参加で政策形成は変わったか――日米比較ジェンダー政治学の試み,分担研究者
科学研究費補助金基盤研究C
研究期間: 2012年5月 - 2014年3月    代表者: 岩本美砂子
女性の政治参画を促す家族要因に関する実証的研究
東海ジェンダー研究所: 第14回団体研究助成費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 島直子
日独国際シンポジウム――ライフコース選択の臨界点
ドイツ研究振興協会(DFG): 国際会議助成
研究期間: 2010年10月 - 2010年10月    代表者: M. Godzik
日韓女性ネットワーク調査
ハインリッヒ・ベル財団: フィールドワーク助成
研究期間: 2002年3月 - 2002年8月    代表者: 田中洋美

受賞

 
2014年11月
シーナカリンウィロート大学 国際学際シンポジウム「 社会・文化的多様性を通した知識創成」最優秀論文賞
 
2011年12月
程ヶ谷基金「男女共同参画・少子化に関する研究活動の支援、並びにこれに関する顕彰事業」奨励賞
 
2001年4月
ハインリッヒ・ベル財団博士論文研究フェローシップ(3年間)