藤井 進也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/27 19:24
 
アバター
研究者氏名
藤井 進也

研究分野

 

経歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1
 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会 海外特別研究員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院 教育学研究科 身体教育学コース 博士研究員
 
2011年5月
 - 
2013年10月
ハーバード大学 メディカルスクール ベス・イスラエル・ディコーネス・メディカルセンター 博士研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
京都大学 総合人間学部 自然環境学科 環境適応論講座
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都大学 大学院 人間・環境学研究科 共生人間学専攻 認知・行動科学講座
 
2007年4月
 - 
2010年3月
京都大学 大学院 人間・環境学研究科 共生人間学専攻 認知・行動科学講座
 
2001年4月
 - 
2003年3月
アンミュージックスクール京都校 ドラムス科 マスターコース
 

受賞

 
2010年9月
第10回生理学若手サマースクールトラベルグラント受賞 巧みな両手協調運動の創発と対称性の回復―プロドラマーの非線形力学系モデル
 
2007年
特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額返還免除
 
2003年3月
アン・ミュージックスクール京都校ドラムス科 マスターコース 特待生認定修了(授業料免除)
 

論文

 
Miura A, Fujii S, Okano M, Kudo K, & Nakazawa K
Journal of Experimental Biology      2018年7月   [査読有り]
Paquette S, Fujii S, Li HC, Schlaug G
NeuroImage   (163) 177-182   2017年12月   [査読有り]
Miura A, Fujii S, Okano M, Kudo K, & Nakazawa K
Frontiers in Psychology   7(542)    2016年
Fujii S, Lulic T, Chen JL
Frontiers in Neuroscience   10(251)    2016年6月   [査読有り]
Chen JL, Fujii S, Schlaug G
Disability and Rehabilitation   38(11) 1115-1124   2016年5月
Miura A, Fujii S, Yamamoto Y, & Kudo K
Journal of Dance Medicine and Science   19(1) 11-21   2015年   [査読有り]
藤井 進也
日本生理人類学会誌   19(3) 159-165   2014年   [査読有り][招待有り]
Fujii S, & Wan CY
Frontiers in Human Neuroscience   8(777)    2014年   [査読有り][招待有り]
Fujii S, Watanabe H, Oohashi H, Hirashima M, Nozaki D, Taga G
PLOS ONE   9(5)    2014年5月   [査読有り]
Fujii S, & Schlaug G
Frontiers in Human Neuroscience   7(771)    2013年   [査読有り]
Fujii S, Moritani T
Neuroscience Letters   514(2) 185-188   2012年4月   [査読有り]
Fujii S, Moritani T
Journal of Electromyography and Kinesiology   22(1) 60-66   2012年2月   [査読有り]
Kudo K, Miyazaki M, Sekiguchi H, Kadota H,Fujii S, Miura A, Yoshie M, & Nakata H
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   15 942-953   2011年   [査読有り]
Fujii S, Hirashima M, Kudo K, Ohtsuki T, Nakamura Y, Oda S
Music Perception   28(1) 491-503   2011年6月   [査読有り]
熟練ドラム奏者の最速リズム運動制御機構
藤井 進也
京都大学大学院人間・環境学研究科博士学位論文      2010年
Spatiotemporal Characteristics of Basketball Bouncing in Skilled and Unskilled Players
Katsuhara Y, Fujii S, Kametani R, & Oda S
Perceptual and Motor Skill   110(2) 469-478   2010年   [査読有り]
Fujii S, Kudo K, Ohtsuki T, Oda S
Journal of Neurophysiology   104(4) 2178-2186   2010年10月   [査読有り]
Fujii S, Kudo K, Ohtsuki T, & Oda S
Neuroscience Letters   459(2) 69-73   2009年   [査読有り]
Fujii S, Kudo K, Shinya M, Ohtsuki T, Oda S
Motor Control   13(3) 237-250   2009年7月   [査読有り]
Fujii S, Oda S
Motor Control   13(3) 331-341   2009年7月   [査読有り]
Fujii S, Oda S
Perceptual and Motor Skills   108(3) 962-970   2009年6月
Shinya M, Fujii S, Oda S
Gait & Posture   29(3) 483-487   2009年4月   [査読有り]
ドラム奏者の手の機能的左右差に関する研究
藤井 進也
京都大学大学院人間・環境学研究科修士学位論文      2007年
Fujii S, Oda S
Perceptual and Motor Skills   103(1) 265-272   2006年8月   [査読有り]
トップドラマーのスティッキングは何が優れているのか: 最速タッピング間隔と力の解析
藤井 進也
京都大学総合人間学部 卒業論文      2005年

Misc

 
ドラマーとベーシストの即興演奏中の運動リズム同期:モーションキャプチャーデータのN:M位相同期解析
藤井 進也, 渡辺はま, 多賀厳太郎, 平島雅也, 中村仁彦
認知神経科学   18(2) 84   2016年6月
藤井 進也
バイオメカニズム学会誌   36(2) 12-18   2012年   [依頼有り]
到達把持と物体移動の系列運動における運動学的特性
山本真史,藤井 進也,山下大地,小田伸午
人間工学   46 410-411   2010年

書籍等出版物

 
藤井 進也(市橋 則明・小田 伸午編) (担当:共著, 範囲:「変わらないために変わり続ける身体」pp. 36-37, 「ムチのようにしなる身体の動き」pp.46-47, 「世界最速ドラマーの筋活動」pp. 60-61, 「眼で聴く音楽」pp. 62-63,「身体の動きでリズムを感じる」pp. 66-67)
市村出版   2011年2月   ISBN:978-4-902109-26-9
「変わらないために変わり続ける身体」「ムチのようにしなる身体の動き」「世界最速ドラマーの筋活動」「眼で聴く音楽」「身体の動きでリズムを感じる」の5話を執筆。
Kudo K, Fujii S, Ohtsuki T, & Oda S (担当:共著, 範囲:Motor Automaticity as an Emergent Property of a Dynamical System, pp 28-31)
Taylor & Francis Group   2007年7月   ISBN:978-0-8058-6357-4
藤井 進也
丸善出版   2007年6月   ISBN:978-4-621-07868-6
第6章 ドラムの実践と研究     
 好きなドラムを研究に結びつける/大学入学後の生活/大学生活の悩み/人生を変えた日/出会い/他
藤井 進也
丸善出版   2007年1月   ISBN:978-4-621-07831-0

講演・口頭発表等

 
熟練ハンドパーカッション奏者の最速タッピング課題における両手間協調運動
本田一暁,藤井 進也
第17回情報科学技術フォーラム(FIT2018)   2018年9月25日   
Human vs. automated judgements of cross-cultural musical similarity
Hideo Daikoku, Marino Kinoshita, Shinya Fujii, Patrick Savage
International Society for Music Information Retrieval 2018   2018年9月21日   
統合失調症患者の言語的認知機能と音楽リズム生成能力の関連性
松下佳鈴, 野田賀大,垂水良介, 本多栞, 越智涼, 津川幸子, 中島振一郎, 三村將, 藤井 進也
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会   2018年9月7日   
安静時脳機能結合データを用いた治療抵抗性統合失調症と寛解統合失調症の判別
越智涼, 藤井 進也, 垂水良介, 本多栞, 松下佳鈴, 津川幸子, 野田賀大, 三村將, 中島振一郎
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会   2018年9月7日   
統合失調症におけるグルタミン酸濃度異常と音楽知覚・生成能力異常の関係性の検討
本多栞,垂水良介,越智涼,松下佳鈴,加藤彩,津川幸子,野田賀大, 中島振一郎,三村將, 藤井 進也
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会   2018年9月7日   
治療抵抗性統合失調症における1H-MRSを用いた脳内グルタミン酸濃度の予横断研究
垂水良介, 野田賀大, 津川幸子, エリック・プリットマン, 本多栞, 三村悠, 藤井 進也, 内田裕之, 三村將, アリエルグラフ・ゲレーロ, 中島振一郎
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会   2018年9月7日   
慢性統合失調症における安静時脳波の特性
宮崎 貴浩, 垂水 良介, 中島 振一郎, 和田 真孝, 本多 栞, 藤井 進也,増田 史, 三村 將, 野田 賀大
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会   2018年9月7日   
治療統合失調症における大脳辺縁系領域の脳体積
津川 幸子, 垂水 良介, 野田 賀大, 和田 真孝, 本多 栞, 藤井 進也, マラー・チャクラバーティ, エリック・プリットマン, アリエル・グラフゲレーロ, 宮崎 貴浩, 内田 裕之, 三村 將, 中島 振一郎
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会   2018年9月7日   
慢性期統合失調症における交連前尾状核の体積およびグルタミン酸濃度の関係
津川 幸子, 垂水 良介, 野田 賀大, 和田 真孝, 本多 栞, 藤井 進也, マラー・チャクラバーティ, エリック・プリットマン, アリエル・グラフゲレーロ, 宮崎 貴浩, 内田 裕之, 三村 將, 中島 振一郎
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会   2018年9月7日   
統合失調症患者における言語能力と音楽リズム生成能力の関係性
松下佳鈴, 野田賀大, 垂水良介, 本多栞, 越智涼, 津川幸子, 中島振一郎, 三村將, 藤井進也
Motor Control 研究会   2018年8月19日   
ハンドパーカッション奏者における手長とタッピング速度の関係
本田一暁,藤井進也
日本人間工学会第59回大会   2018年6月2日   
ハーバードビート評価テストiOS版の開発と信頼性の検証
今野嶺、藤井進也
情報処理学会   2018年3月13日   
音楽の身体科学・神経科学でミュージシャンの超絶技巧に迫る
藤井 進也
日本体育学会第68回大会   2017年9月9日   
音楽聴取中の乳児の四肢運動の個性
藤井 進也
新学術領域研究「個性創発脳」第二回領域会議   2017年7月7日   
Accelerando or Ritardando - When the Cerebellum Can't Keep the Beat
Paquette S, Li HC, Fujii S, & Schlaug G
The Neuroscience and Music VI: Music,Sound and Health   2017年6月15日   
Beat-deaf Syndrome: a Case Series With the Harvard Beat Assessment Test (H-BAT)
Schlaug G, DiBiase M, & Fujii S
The Neuroscience and Music VI: Music, Sound and Health   2017年6月15日   
Does Listening to Music Help You Learn New Movements?
Fujii S, Lam T, Marks M, Alter DA, & Chen JL
The Neuroscience and Music VI: Music,Sound and Health   2017年6月15日   
赤ちゃんの「聞く」
藤井 進也
同志社講座2017春学期 赤ちゃん学入門講座〜ヒトのはじまりを科学で探る〜   2017年5月13日   
音楽神経科学のフロンティア
藤井 進也
神経画像勉強会   2017年3月8日   
乳児を対象とした活動ログ計測技術の開発
藤井 進也多賀厳太郎
2016年度関連SEEDSプロジェクト最終報告会   2017年3月5日   東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センター(Cedep)
音楽神経科学とは
藤井 進也
第1回異分野合同研究合宿   2017年2月25日   
音楽的コミュニケーションのダイナミクスに応じた乳児の四肢運動の変化
藤井 進也
発達神経科学学会第5回大会   2016年11月26日   
SFC x 音楽.
藤井 進也
慶應義塾大学SFCオープンリサーチフォーラム,2017年始動・SFCの新しい教育の仕組み〜Health Scienceパースペクティブ〜   2016年11月19日   
音楽家の身体運動制御研究が切り拓く未来
藤井 進也
第5回 日本音楽家医学研究会   2016年11月3日   
乳児にみられる歌と踊りの前兆―ヒトの音楽性の起源
藤井 進也
日本音楽教育学会 第47回大会ラウンドテーブル「人はなぜ歌うのか,歌を学ぶのか:赤ちゃんの音楽性を学際的に考える」   2016年10月19日   日本音楽教育学会
Breaking New Ground: Music, Motor Control, and Rehabilitation
藤井 進也
第10回 Motor Control研究会シンポジウム   2016年9月3日   
Music, Motor Control, and Rehabilitation
藤井 進也
International Workshop on Music, Brain and Body.   2016年8月31日   
音楽を感じる脳
藤井 進也
上智大学音楽医科学研究センター主催特別シンポジウム   2016年8月23日   
ドラマーとベーシストの即興演奏中の運動リズム同期:モーションキャプチャーデータのN:M位相同期解析
藤井 進也,平島雅也,渡辺 はま,中村 仁彦,多賀 厳太郎
第21回認知神経科学会   2016年8月6日   
Three-dimensional Kinematic Analysis of Upper Limbs During Increas- ing Sound Pressure Level in Professional Drummers
Fujii S & Hirashima M
7th World Congress on Biomechanics (WCB)   2016年7月6日   
Quantifying Synchronization in Musical Duo Improvisation: Application of n:m Phase Locking Analysis to Motion Capture Data
Fujii S
14th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC14)   2016年7月5日   
スポーツサイエンスから音楽の神経科学・発達脳科学研究へ:身体運動科学研究が切り拓く未来
藤井 進也
第157回 スポーツサイエンス研究会   2016年6月30日   
自発的運動と他動的運動の分離:乳児用モーションキャプチャースーツを用いて
藤井 進也儀間裕貴,多賀厳太郎,渡辺はま
日本赤ちゃん学会第16回学術集会   2016年5月21日   
リズムを処理する脳―ヒトの音楽性の起源
藤井 進也
日本赤ちゃん学会第16回学術集会ラウンドテーブル「赤ちゃんは生まれながらに音楽的か:”歌”を多角的に考える」   2016年5月21日   
乳児を対象とした活動ログ計測技術の開発
藤井 進也渡辺はま
東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センター(Cedep)2015年度関連SEEDSプロジェクト成果報告会   2016年3月6日   東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センター(Cedep)
ドラマー研究の開拓,そして音楽リズム同期現象の発達的起源を求めて
藤井 進也
上智大学後期授業「脳神経可塑性」特別講義   2016年1月15日   
Precursors of Dancing and Singing to Music in Infants.
Fujii S
Hattatsukiso Symposium   2016年1月12日   
Dynamical Systems Per- Spectives on Rhythmic Artistic Movements: Evidence from Street Dancers and Drummers
Miura A, Fujii S, Tanosaki H, Funahashi T, Okano M, & Kudo K
International Symposium on Performance Science (ISPS)   2015年9月2日   
上肢到達運動における新規な関節協調パターンを導く拡張聴覚フィードバック
藤井 進也
東京大学大学院教育学研究科 身体教育学コース 研究ミーティング   2015年5月22日   
Enjoy “Evolution” with Music and Brain Research.
Fujii S
SONY Computer Science Laboratory (CSL) Meeting.   2015年5月21日   
More Feedback is Better than Less: Augmented Auditory Feedback to Guide a Novel Upper Limb Joint Coordination During Arm Reaching
Fujii S, Lulic T, & Chen JL
The Southern Ontario Motor Behavior Symposium in partnership with the Centre for Motor Control (SOMBS-CMC Conference)   2015年5月1日   
A Voxel-based Morphometry Study of Rhythm Perception and Production
Li HC, Fujii S, Loui P, & Schlaug G
Cognitive Neuroscience Society 2015 Annual Meeting   2015年3月28日   
Augmented Auditory Feedback to Learn a Novel Upper Limb Joint Coordination Reaching Pattern
Fujii S, Lulic T, & Chen JL
Cognitive Neuroscience Society 2015 Annual Meeting   2015年3月28日   
スポーツ科学から音楽と脳の研究へ
藤井 進也
Toronto Life Science Club(TLSC)日本人研究者勉強会,SickKids   2014年11月28日   
Precursors of Dancing and Singing to Music in three- to four-months-old Infants
Fujii S
Meeting at Department of Medical Physiology-Devel- opmental Neurology,   2014年10月31日   Prof. Mijna Hadders-Algra
Developmental Origin of Auditory-motor Synchronization: Precursors of Dancing and Singing to Music in Human Infants
Fujii S & Taga G
4th International Congress on Complex Sys- tems in Sports and Healthy Aging (ICCSS & HA)   2014年10月29日   
The Use of Augmented Auditory Feedback to Guide Joint Coordination During Arm Reaching
Fujii S
Motor Learning and Neural Plasticity Meeting   2014年10月14日   Prof. Virginia Penhune
Coordination and Synchronization in Music Models to Describe Relative Phase Dy- namics, Precursors of Dancing and Singing, and Batteries for Assessing Beat Perception and Production
Fujii S
BRAMS Research Meeting   2014年9月26日   Prof. Isabelle Peretz
Surface Electromyographic Activity of Wrist Flexor and Extensor Muscles in the World’s Fastest Drummer
Fujii S
The Southern Ontario Motor Behavior Symposium in partnership with the Centre for Motor Control (SOMBS-CMC Conference)   2014年5月2日   
Muscle Activity of the World’s Fastest Drummer and Precursors of Dancing and Sing- ing in Infants: Auditory-motor Interactions in the Brain
Fujii S
Canadian Partnership for Stroke Re- covery (CPSR) Meeting   2014年3月14日   
音楽家の運動制御
藤井 進也
第69回日本生理人類学会大会シンポジウム「ヒトの随意運動制御メカニズムの解明」   2013年10月26日   
音楽の運動制御研究とアメリカ・カナダでの研究活動
藤井 進也
同志社大学スポーツ健康科学会 第6回セミナー「気鋭の若手研究者が語る運動制御研究と海外での研究活動」   2013年10月25日   同志社大学スポーツ健康科学会同志社大学スポーツ健康科学会 第6回セミナー
The Role of Auditory Feedback in Improving Arm Aeaching in Chronic Stroke
Chen JLFujii S, & Schlaug G
Progress in Motor Control IX Conference   2013年7月13日   
Enhanced Resting-state Functional Connectivity in Professional Drummers
Fujii S, Wan CY, & Schlaug G
19th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping (OHBM 2013)   2013年6月16日   
音楽リズム運動の生成と同期
藤井 進也
第14回身体知研究会シンポジウム「リズムと身体運動の関わり」   2012年11月16日   
Precursors of Dancing and Singing in three- to four-months-old Infants
Fujii S, Watanabe H, Oohashi H, Hirashima M, Nozaki D, & Taga G
Joint Conference of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC12) and the 8th Triennial Conference of the European Society for the Cognitive Sciences of Music (ESCOM8)   2012年7月23日   
Audio-motor Entrain- ment to a Musical Beat in 3- to 4-months-old Infants
Fujii S, Watanabe H, Oohashi H, Hirashima M, Nozaki D, & Taga G
Neuroscience and Music IV: Learning and Memory   2011年6月9日   
Online Correction of Reaching Movement Using Sound Lo cation and Pitch Information in Musicians and Nonmusicians
Fujii S, Hirashima M, Nozaki D
Conference on Systems Neu- roscience and Rehabilitation   2011年3月9日   
Dancing Baby: How do 3- to 4-months-old Infants Respond to a Musical Beat?
Fujii S, Watanabe H, Hirashima M, Nozaki D, & Taga G
International Workshop for Young Re- searchers “Knowing self, knowing others”   2011年1月29日   
Online Correction of Reaching Movement by Auditory Feedback Information
Fujii S, Hirashima M, & Nozaki D
Society for Neuroscience (SfN) 40th Annual Meeting   2010年11月13日   
巧みな両手協調運動の創発と対称性の回復-プロドラマーの非線形力学系モデル
藤井 進也
第10回生理学若手サマースクール「社会的意思決定のメカニズム」,トラベルグラント受賞記念講演   2010年9月7日   トラベルグラント受賞記念講演
Strategy to Recruit Degrees of Freedom of Proximal Joint for Increasing Sound Pressure Level in Expert Drummers
Fujii S, Hirashima M, & Nakamura Y
11th Annual Meeting of the International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC11)   2010年8月23日   
到達把持と物体移動の系列運動における運動学的特性
山本真史,藤井 進也山下大地,小田伸午
日本人間工学会大 51回大会   2010年6月19日   
MCL-3を用いた系列的な到達動作把持運動後における快感情の定量化
山本真史,藤井 進也,山下大地,小田伸午
日本認知心理学会 第8回大会   2010年5月29日   
聴覚フィードバック情報に基づく到達運動のオンライン修正
藤井 進也,平島雅也,野崎大地
第4回 生理学研究所 Motor Control研究会   2010年5月27日   
系列的な到達把持運動が快感情に与える影響
山本真史,藤井 進也,山下大地,小田伸午
日本人間工学会システム大会部会   2010年3月   
世界最速ドラマーの前腕筋表面筋電図活動
藤井 進也, 工藤和俊, 大築立志, 小田伸午
第11 回日本電気生理運動学会大会   2009年11月7日   
日本トップドラマーにおける聴覚刺激とドラム演奏の同期誤差
藤井 進也,工藤和俊,平島雅也,中村仁彦,大築立志,小田伸午
2009年日本音楽知覚認知学会春季研究発表会   2009年6月6日   
熟練ドラム奏者の音圧制御動作における音圧パラメータと動作パラメータの関連性
藤井 進也,平島雅也,工藤和俊,中村仁彦,大築立志,小田伸午
第3回生理学研究所 Motor Control研究会   2009年5月28日   
熟練音楽動作にみられる音圧制御のための自由度動員ストラテジ
藤井 進也,平島雅也,工藤和俊,中村仁彦,大築立志,小田伸午
早稲田大学スポーツ科学研究センターシンポジウム「スポーツと脳2009」   2009年3月14日   
世界最速ドラマーはどれくらいすばやく叩けるか?
藤井 進也,工藤和俊,大築立志,小田伸午
第59回日本体育学会   2008年9月9日   
Functional asymmetry of hands as a control parameter for bimanual coordination in drummers and nondrummers
Kudo K, Fujii S, Oda S, & Ohtsuki T
Neuroscience and Music III: Disorders and Plasticity,   2008年6月25日   
熟練ドラム奏者の最速スティッキング制御
藤井 進也,工藤和俊,大築立志,小田伸午
第2回生理学研究所 Motor Control研究会   2008年5月29日   
ドラム奏者の片手最速スティッキング課題における前腕筋群の表面筋電図活動:Co-contractionの定量化
藤井 進也,工藤和俊,進矢正宏,大築立志,小田伸午
第58回日本体育学会   2007年9月5日   
Motor automaticity as an emergent property of a dynamical system
Kudo K.,Fujii S, Oda S, & Ohtsuki T
14th International Conference on Perception and Action (ICPA14)   2007年7月1日   
ドラム奏者の片手最速スティッキング課題における前腕筋群の表面筋電図活動
藤井 進也,進矢正宏,工藤和俊,大築立志,小田伸午
第136回京都体育学会   2007年3月3日   
運動スキル学習への力学系アプローチ
工藤和俊,藤井 進也,小田伸午,大築立志
脳と心のメカニズム第7回冬のワークショップ   2007年1月9日   
私がドラムを研究しようと思ったきっかけ
藤井 進也
第二回 大阪大学教育実践センター 京都大学高等教育研究開発推進センター合同シンポジウム「夢探しをしている君へ~学生の夢をつむぐ大学~」   2006年5月27日   大阪大学教育実践センター
ドラム奏者は両手の協調性が優れている:スティックを用いた両手交互最速タッピング
藤井 進也,小田伸午
第56回 日本体育学会   2005年11月   
タッピング速度の左右差はドラム演奏家ではみられない:スティックを用いた片手最速タッピング研究
藤井 進也,小田伸午
第13回 日本運動生理学会   2005年7月   
トップドラマーのスティッキングは何が優れているのか?:最速タッピングの間隔と力の解析
藤井 進也,小田伸午
第134回 京都体育学会   2005年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
熟練ドラマーの脳白質線維構造の解明
中山隼雄科学技術文化財団: 
リズム知覚生成の個人差に関する音楽神経科学研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
世界最速ドラマーを超える~超絶技巧学習のための拡張フィードバック技術の開発~
学校法人 慶應義塾: 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
前庭皮膚感覚刺激による独創的なインタラクション項目の検討と計画の具体化
国立研究開発法人 科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業さきがけプログラム
研究期間: 2017年10月 - 2018年3月
音楽の神経科学・身体科学研究の推進
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション: 2017年度音楽活動への助成
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月

その他

 
2015年
ナショナルジオグラフィック日本版「Webナショジオ:研究室に行ってみた」第6回 脳の発達の「グランドセオリー」を求めて(2015年 1月13日掲載)(ドラム演奏に合わせた赤ちゃんの手足の運動について資料提供) http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150108/431101/?P=4
2015年
カナダ ディスカバリーチャンネル「デイリープラネット」世界最速ドラマー特集(2015年 4月15日放映)取材協力(世界最速ドラマーの筋活動を測定し,筋活動パターンの特徴を英語で解説) http://www.discovery.ca/dailyplanet
2014年
NHKスペシャル「人体ミクロの大冒険」(2014年 3月29日-4月6日放映)取材協力
(音楽・言語経験に伴う脳の発達的変化について情報提供) https://www6.nhk.or.jp/special/eyes/27/index.html
2011年
NHK BSプレミアム「アインシュタインの眼」「発見!ドラムの極意~神保彰のスーパーテクニック~」(2011年 6月11日放映)
取材協力(熟練ドラマーの身体運動制御について情報提供)
2005年
日本学生支援機構 特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額返還免除