梅垣 知子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
梅垣 知子

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
   
 
弘前大学病院
 
2014年9月
   
 
慶應義塾大学医学部 皮膚科学
 

受賞

 
2017年6月
平成29年度優秀一般演題賞
 
第116回日本皮膚科学会総会(於:仙台)にて

論文

 
Horikawa, H. Umegaki-Arao, N. Funakoshi, T. Amagai, M. Tanaka, M.
Australas J Dermatol   58(4) 326-327   2017年11月   [査読有り]
江原佳恵 梅垣 知子 種瀬啓士 髙江雄二郎 中本伸宏 天谷雅行
皮膚科の臨床   59(11) 1721-1724   2017年10月   [査読有り]
Baba, Y. Umegaki-Arao, N. Kimura, Y.
J Dermatol   44(10) 1183-1185   2017年10月   [査読有り]
Honda, A. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Nakabayashi, K. Hata, K. Matsubara, Y. Tanikawa, A. Amagai, M. Kubo, A.
J Dermatol   44(6) e109-e110   2017年6月   [査読有り]
Kumagai, Y. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Nakamura, Y. Takahashi, H. Ashida, A. Tsunemi, Y. Kawashima, M. Shimizu, A. Ishiko, A. Nakamura, K. Tsuchihashi, H. Amagai, M. Kubo, A.
J Eur Acad Dermatol Venereol   31(5) e241-e243   2017年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
乾癬様の爪病変を伴った好酸球性膿疱性毛包炎の2例
梅垣知子 種本紗枝 久保亮治 高橋勇人 栗原佑一 髙杉亜里紗 柳澤絵里加 齋藤昌孝 天谷雅行
第466回日本皮膚科学会大阪地方会(片山一朗教授退官記念地方会)   2018年3月10日   
アザチオプリン内服で汎血球減少と成長期脱毛を生じた尋常性天疱瘡の1例
鎌田亜紀 福島彩乃 野村尚志 栗原佑一 舩越建 梅垣知子 山上淳 久保亮治 天谷雅行
第876回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区)   2017年12月16日   
A familial case of nail patella syndrome with a heterozygous indel mutation of LMX1B detected by sequencing and luciferase reporter assay
Mukai, M. Fujita, H. Umegaki-Arao, N. Sasaki, T. Yasuda-Sekiguchi, F. Isojima, T. Kitanaka, S. Amagai, M. Kubo, A.
42nd Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   2017年12月15日   
NF1変異の体細胞モザイクを認めたsegmental neurofibromatosisの2例
入來景悟 梅垣知子 角田梨沙 佐々木貴史 天谷雅行 浜本康夫 中山ロバート 久保亮治
第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会   2017年11月18日   
A case of alopecia areata multiplex after injecting an autologous dermal micro-graft for treatment of androgenetic alopecia
Toshima, S. Kurihara, Y. Nomura, H. Hayashi, Y. Christiano, A. M. Amagai, M. Umegaki-Arao, N.
10th World Congress for Hair Research   2017年10月31日   

Works

 
雑誌:大人のヘアスタイルBOOK「知っておきたい、髪と頭皮のキホンのこと」:主婦と生活社
その他   2016年6月 - 2016年6月

競争的資金等の研究課題

 
[基盤研究 C]15K09782 CHILD症候群の皮疹形成メカニズムに基づいたケブネル現象の解析と他疾患への応用
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2015年 - 2017年