基本情報


J-GLOBAL ID
201801012643459058

がんは長らく日本における死因の1位となっている。その悪性化機構の解明は新規治療法の開発につながる事から重要な研究課題である。私はがんの浸潤・転移のメカニズムの解明にあたり、細胞外マトリックス、特に ヘパラン硫酸プロテオグライカン (HSPG) の役割に着目したアプローチに挑戦している。がんの9 割を占める上皮性のがん細胞 は上皮間葉移行 (EMT) により間葉系細胞の特性を獲得して運動・浸潤能が亢進される。そこでEMTを促進するtransforming growth factor-β (TGF-β)や、がん微小環ネットワーク制御因子の作用を解明し、さらにそれらの因子に対する、HSPGの発現変化やsheddingによる制御を明らかにしたい。

論文

  34