ASAI Kei

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 04:42
 
Avatar
Name
ASAI Kei
Affiliation
Tokyo University of Agriculture
Section
Faculty of Life Sciences Department of Bioscience
Job title
Professor

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Professor, Faculty of Life Sciences Department of Bioscience, Tokyo University of Agriculture
 

Education

 
Apr 1991
 - 
Mar 1993
Graduate School, Division of Agricultural Science, The University of Tokyo
 
Apr 1993
 - 
Mar 1996
The University of Tokyo
 

Published Papers

 
Asai K.
Genes Genet Syst.   92(5) 223-234   Apr 2018   [Refereed][Invited]
Yokoyama N, Nonaka C, Ohashi Y, Shioda M, Terahata T, Chen W, Sakamoto K, Maruyama C, Saito T, Yuda E, Tanaka N, Fujishiro T, Kuzuyama T, Asai K, Takahashi Y.
Mol Microbiol.   107(6) 688-703   Mar 2018   [Refereed]
Fujishiro T, Terahata T, Kunichika K, Yokoyama N, Maruyama C, Asai K, Takahashi Y.
J Am Chem Soc.   139(51) 18464-18467   Dec 2017   [Refereed]
Glucose Induces ECF Sigma Factor Genes, sigX and sigM, Independent of Cognate Anti-sigma Factors through Acetylation of CshA in Bacillus subtilis. (枯草菌においてグルコースによってECFシグマ因子遺伝子sigXとsigMが対応する抗シグマ因子と無関係にCshAのアセチル化によって誘導される)
Ogura, M., Asai, K.
Front. Microbiol.   7    Nov 2016   [Refereed]
細胞のストレス応答・転写制御は分子生物学の主要な研究課題である。枯草菌のストレス応答転写因子SigXとSigMが既知の抗シグマ因子による系ではなく、新たにCshAのアセチル化を介したグルコースによって誘導されることを示した。
Yamamoto, T., Obana, N., Yee, L. M., Asai, K., Nomura, N., and Nakamura, K.
J. Bacteriol.   196(3) 693-706   Feb 2014   [Refereed]
細菌とファージは微生物学の重要な題材である。枯草菌Marburg168株のSPβプロファージ領域内のnonA遺伝子は、SP10ファージ感染の後期段階にSP10シグマ因子により転写される。nonAは、膜貫通モチーフをもつ72アミノ酸のタンパク質をコードしている。nonAの過剰発現は、細菌のコロニー形成率と呼吸活性を低下させる。nonAはSP10感染拡大を防ぐ新規な蛋白質と考えられる。

Misc

 
Classical and reverse genetics; Mapping of the genes and the mutations.
Kei Asai
Escherichia coli and Bacillus subtilis: the frontiers of molecular biology revisited   000    2012   [Invited]
ECF (extracytoplasmic function) sigma factors of Bacillus subtilis.
Kei Asai
Survival and death in Bacteria   000    2005   [Invited]

Books etc

 
Functional Analysis of Bacterial Genes:A Paractical Manual(細菌ゲノムの機能解析:実践マニュアル)
Yamamoto, H., Asai, K., and Kobayashi, K. 他多数
John Wiley & Sons, Ltd.   Jan 2001   
ポストゲノム解析における細菌ゲノムの機能解析手法に関する実践マニュアル。
編集:Schumann, W., Ehrlich S. D., and Ogasawara, N.

ゲノムにコードされた多数の全遺伝子の機能解析の一つとして、網羅的な転写解析を行うために用いられた実験手法の解説。Northern解析は従来はラジオアイソトープを標識化合物に用いて実験を行っていたが、煩雑で危険な作業となるため、網羅的な解析には不向きであった。非RI標識として市販されている天然のディゴキシゲニンを用いて...