共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2017年3月

テーラーメイド医療の実現を目指した関節リウマチリスク遺伝子の病態への寄与の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 細矢 匡

課題番号
15K20976
配分額
(総額)
4,160,000円
(直接経費)
3,200,000円
(間接経費)
960,000円

遺伝学的に関節リウマチのリスクとなる遺伝子変異が果たす生物学的役割を検討した。細胞増殖に関連する遺伝子、CDK6上には2つのRA risk SNPが存在するが、両者が欧米人においてのみ連鎖不平衡の関係にあることを明らかにした。欧米人のB細胞におけるCDK6の発現に注目してQTL解析を行ったが、risk alleleとの関連は見られなかった。エピジェネティック制御は細胞腫ごとに異なるため、滑膜線維芽細胞を含む他の細胞腫での解析が今後の課題である。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K20976/15K20976seika.pdf