山上 亘

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
山上 亘
 
ヤマガミ ワタル
eメール
gamiz8.keio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
医学部産婦人科学
職名
助教(有期・医学部)
学位
博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
30348718

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2002年5月
慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医
 
2002年6月
 - 
2003年5月
大田原赤十字病院産婦人科 医員
 
2003年6月
 - 
2004年4月
埼玉社会保険病院産婦人科 医員
 
2004年5月
 - 
2005年3月
慶應義塾大学医学部産婦人科 助手
 
2009年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人国立病院機構東京医療センター産婦人科 医員
 

委員歴

 
2018年7月
   
 
日本婦人科腫瘍学会  倫理委員会委員
 
2017年6月
 - 
2019年5月
日本産科婦人科学会  産婦人科手術評価検討WG委員
 
2017年6月
 - 
2019年5月
日本産科婦人科学会  婦人科悪性腫瘍登録システムの充実に関する小委員会委員
 
2017年6月
 - 
2019年5月
日本産科婦人科学会  臨床研究審査小委員会委員
 
2017年6月
 - 
2019年5月
日本産科婦人科学会  データベース管理小委員会委員
 

受賞

 
2016年4月
第68回日本産科婦人科学会学術講演会 JSOG Congress Encouragement Award
 
2014年8月
第52回日本癌治療学会学術集会 第52回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞 子宮体癌におけるセンチネルリンパ節マッピングの検討
 
2011年10月
第49回日本癌治療学会学術集会 第49回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞 子宮肉腫に対するifosfamide、doxorubicin、cisplatin療法(IAP療法)の後方視的検討
 
2001年10月
日本産科婦人科学会関東連合地方部会 第102回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会学術奨励賞 当院における若年子宮体癌八十三例の臨床病理学的検討
 

論文

 
The contribution of pathogenic variants of cancer susceptibility genes for primary ovarian, fallopian tube, and peritoneal cancers in Japanese.
Hirasawa, Akira, Imoto, Issei, Takuya, Naruto, Akahane, Tomoko, Yamagami, Wataru, Nomura, Hiroyuki, Masuda, Kiyoshi, Susumu, Nobuyuki, Tsuda, Hitoshi, Aoki, Daisuke
CLINICAL CANCER RESEARCH   24(15) 40-40   2018年8月
GSTP1 rs1695 is associated with both hematological toxicity and prognosis of ovarian cancer treated with paclitaxel plus carboplatin combination chemotherapy: a comprehensive analysis using targeted resequencing of 100 pharmacogenes
Yoshihama T, Fukunaga K, Hirasawa A, Nomura H, Akahane T, Kataoka F, Yamagami W, Aoki D, Mushiroda T.
Oncotarget   9(51) 29789-29800   2018年7月
Saito, Toshiaki, Tabata, Tsutomu, Ikushima, Hitoshi, Yanai, Hiroyuki, Tashiro, Hironori, Niikura, Hitoshi, Minaguchi, Takeo, Muramatsu, Toshinari, Baba, Tsukasa, Yamagami, Wataru, Ariyoshi, Kazuya, Ushijima, Kimio, Mikami, Mikio, Nagase, Satoru, Kaneuchi, Masanori, Yaegashi, Nobuo, Udagawa, Yasuhiro, Katabuchi, Hidetaka
INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23(2) 201-234   2018年4月
Yamagami, Wataru, Susumu, Nobuyuki, Makabe, Takeshi, Sakai, Kensuke, Nomura, Hiroyuki, Kataoka, Fumio, Hirasawa, Akira, Banno, Kouji, Aoki, Daisuke
JOURNAL OF GYNECOLOGIC ONCOLOGY   29(2)    2018年3月
Hirasawa, Akira, Imoto, Issei, Naruto, Takuya, Akahane, Tomoko, Yamagami, Wataru, Nomura, Hiroyuki, Masuda, Kiyoshi, Susumu, Nobuyuki, Tsuda, Hitoshi, Aoki, Daisuke
ONCOTARGET   8(68) 112258-112267   2017年12月

Misc

 
【難治性婦人科悪性腫瘍の臨床最前線】 子宮内膜間質肉腫
山上 亘, 坂井 健良, 真壁 健, 青木 大輔
産婦人科の実際   67(7) 715-720   2018年
がん登録とその問題点 婦人科腫瘍医の立場から
山上 亘
日本婦人科腫瘍学会雑誌   36(2) 234-242   2018年
[日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会プロジェクト](パート3) 婦人科悪性腫瘍の登録事業と公共性 婦人科悪性腫瘍の登録事業と公共性
永瀬 智, 山上 亘, 吉野 潔, 徳永 英樹, 齋藤 俊章, 片渕 秀隆
日本産科婦人科学会雑誌   36(2) 186-192   2018年
【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】 子宮体がん 子宮体癌の発生 子宮体癌の疫学
山上 亘,青木 大輔
日本臨床   76(増2) 359-365   2018年
進 伸幸, 片岡 史夫, 山上 亘, 中原 理紀, 青木 大輔
臨床婦人科産科   71(4) 293-297   2017年

書籍等出版物

 
産婦人科医のための社会保険ABC 第5版
山上 亘 (担当:共著, 範囲:婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌) (p173-187))
メディカルビュー社   2017年   
がん・生殖医療ハンドブック 妊孕性・生殖昨日温存療法の実践ガイド
山上 亘 (担当:共著, 範囲:子宮体がんで妊孕性温存を目指す治療選択は? 子宮摘出に切り替えなければならない条件は?(p235-242))
メディカ出版   2017年   
今すぐ始めたい婦人科がん領域における緩和医療の実践 
山上 亘,仲村 勝,野村 弘行,進 伸幸,青木 大輔 (担当:共著, 範囲:婦人科癌治療後の合併症(p39-49))
金原出版   2017年   
先端医療シリーズ48 臨床医のための最新産科婦人科
山上 亘,進 伸幸,青木 大輔 (担当:共著, 範囲:子宮体癌治療の最近の進歩(p221-225))
先端医療技術研究所   2017年   
卵巣・卵管腫瘍病理アトラス[改訂・改題第2版] 
山上 亘,青木 大輔 (担当:共著, 範囲:卵巣腫瘍,卵管癌,腹膜癌の臨床的取扱い(p58-62))
文光堂   2016年   

講演・口頭発表等

 
頸管浸潤を伴う子宮体癌が疑われたが子宮鏡下手術(TCR)にて子宮温存可能と診断された異型ポリープ状腺筋腫(APAM)の3例
早乙女 啓子, 山上 亘, 同前 愛, 平野 卓朗, 野村 弘行, 片岡 史夫, 平沢 晃, 進 伸幸, 青木 大輔
第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会   2018年8月   
異型ポリープ状腺筋腫に対し高用量黄体ホルモン療法を行った22例の検討
清河 駿樹、千代田 達幸、山上 亘、平野 卓朗、真壁 健、坂井 健良、野村 弘行、片岡 史夫、平沢 晃、進 伸幸、田中 守、青木 大輔
第135回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会   2018年6月   
当院子宮鏡外来における子宮鏡検査の合併症と有用性についての検討
小林 佑介, 辻 浩介, 阪埜 浩司, 安康 真由香, 高橋 孝幸, 渡辺 慶子, 平野 卓朗, 的場 優介, 國富 晴子, 中村 加奈子, 山上 亘, 冨永 英一郎, 青木 大輔
第43回日本外科系連合学会学術集会   2018年6月   
術中に回収したフィルム破片が術後にトロッカーバルブ弁であると判明した1例
小林 佑介, 野村 弘行, 安康 真由香, 的場 優介, 中村 加奈子, 仲村 勝, 山上 亘, 林 茂徳, 森定 徹, 片岡 史夫, 冨永 英一郎, 阪埜 浩司, 青木 大輔
第43回日本外科系連合学会学術集会   2018年6月   
産婦人科に関わるデータベース登録事業と倫理
山上 亘
第135回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会   2018年6月   

競争的資金等の研究課題

 
婦人科悪性腫瘍の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
卵巣癌の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月