石岡 淳一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 03:41
 
アバター
研究者氏名
石岡 淳一郎
 
イシオカ ジュンイチロウ
所属
東京医科歯科大学
部署
医学部附属病院 保険医療管理部
職名
講師
学位
博士(医学)
科研費研究者番号
10596878

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
1999年4月
東京医科歯科大学医学部附属病院 泌尿器科 臨床研修医
 
1999年5月
 - 
2000年3月
藤沢市民病院 泌尿器科 臨床研修医
 
2000年4月
 - 
2003年7月
公立昭和病院 泌尿器科 レジデント
 
2003年8月
 - 
2008年3月
埼玉県立がんセンター 泌尿器科 医員
 
2008年4月
 - 
2009年12月
土浦協同病院 泌尿器科 医員
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1998年3月
愛媛大学 医学部 医学科
 
2004年4月
 - 
2008年4月
東京医科歯科大学 医学研究科 腎泌尿器外科学
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本病院団体協議会 診療報酬実務者会議  国立大学附属病院長会議委員代理
 
2017年6月
 - 
現在
日本医療安全調査機構 医療事故調査・支援センター 個別調査部会  関東信越ブロックの個別調査部会員
 

受賞

 
2018年3月
欧州泌尿器科学会ベストポスター賞 Computer-aided diagnosis with a convolutional neural network algorithm for fully autmated detection of prostate cancer using pre-biopsy MRI
 
2014年4月
日本泌尿器科学会総会賞 ヘッドマウントディスプレイシステムの上部尿路および膀胱内視鏡検査/手術への応用
 

論文

 
Ishioka Jun-Ichiro, Kageyama Yukio, Ichiyanagi Nobutaka, Fukuda Hiroshi, Higashi Yotsuo
Int J Urol   14(5) 455-457   2007年5月   [査読有り]
Three patients of advanced-non-seminomatous germ cell tumors (International Germ Cell Cancer Collaborative Group classification: poor risk, 2; intermediate, 1) without evidence of a second primary germ cell tumor were treated. The patients receiv...
Ishioka Jun-Ichiro, Fujii Yasuhisa, Kageyama Yukio, Fukuda Hiroshi, Higashi Yotsuo, Kihara Kazunori
Int J Urol   15(7) 642-645   2008年7月   [査読有り]
The objective was to investigate cardiovascular complications in long-term survivors treated by high-dose chemotherapy. We analyzed 13 previously successfully treated metastatic germ cell cancer patients. The patients ranged in age from 16 to 38 y...
Ishioka Junichiro, Kageyama Yukio, Inoue Masaharu, Higashi Yotsuo, Kihara Kazunori
J Urol   180(2) 618-21; discussion 621   2008年8月   [査読有り]
PURPOSE: We identified patients with ureteral obstruction likely to benefit from palliative urinary diversion so that they can be advised appropriately. MATERIALS AND METHODS: A total of 140 patients with obstructive nephropathy secondary to adva...
Ishioka Junichiro, Hara Shuntaro, Isaacs John T, Tomura Arihiro, Nishikawa Kiyohiro, Kageyama Yukio
Int J Urol   16(5) 516-521   2009年5月   [査読有り]
OBJECTIVES: To examine the effects of flutamide and hydroxyflutamide on the transactivation of mutant androgen receptors. METHODS: Androgen-independent human prostate cancer cell line PC3 was transfected with plasmids expressing wild-type, W741C m...
Ishioka J, Saito K, Sakura M, Yokoyama M, Matsuoka Y, Numao N, Koga F, Masuda H, Fujii Y, Kawakami S, Kihara K
Br J Cancer   107(7) 1031-1036   2012年9月   [査読有り]
BACKGROUND: The purpose of this study is to investigate the prognostic impact of C-reactive protein (CRP) on patients with advanced urothelial carcinoma and to develop a novel nomogram predicting survival. METHODS: A total of 223 consecutive pati...

Misc

 
【明解!! 必携 泌尿器科診療の手引き】 泌尿器科的検査・処置
石岡 淳一郎, 藤井 靖久
泌尿器外科   27(特別号) 9-15   2014年4月   [査読有り][依頼有り]
尿路感染症の診断と治療
石岡 淳一郎
お茶の水医学雑誌   66(2) 281-286   2018年10月   [査読有り][依頼有り]
尿路感染症は泌尿器科に限らず実地医家がしばしば目にする感染症であり、尿路の器質的、機能的異常の併存や耐性菌感染によって重篤化することもある。抗菌薬耐性化の実情と背景について概説し、非複雑性尿路感染症と複雑性尿路感染症の診断と治療について、種々のエビデンスとヨーロッパ泌尿器科学会ガイドラインに沿って解説する。(著者抄録)
Head-mounted displayのさまざまな臨床応用
吉田 宗一郎, 伊藤 将也, 田所 学, 横山 みなと, 石岡 淳一郎, 松岡 陽, 沼尾 昇, 齋藤 一隆, 藤井 靖久, 木原 和徳
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌   7(1) 39-44   2015年7月   [依頼有り]
Head-mounted display(HMD)は、汎用性が高い機器である。装着者が表示情報を選択でき、持ち運び容易かつ安価なため、多様な場所で、患者も含め多様な職種が利用可能である。さらに、2D-3D映像変換機を、3D-HMDと組み合わせることで、2D情報下に施行していた処置を、3D情報下に施行することが可能となる。使用状況により、透過型HMDの使用や機能付加により、医療現場におけるHMDの有用性はさらに広がり、さまざまな医療処置の改善をもたらす可能性がある。(著者抄録)

書籍等出版物

 
Gasless Single-Port RoboSurgeon Surgery in Urology
Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii, Kazutaka Saito, Fumitaka Koga, Noboru Numao, Yoh Matsuoka, Junichiro Ishioka, Minato Yokoyama, Hitoshi Masuda, Tatsuya Nagai, Soichiro Yoshida, Manabu Tatokoro, Toshiki Kijima, Naoko Kawamura, Masaharu Inoue, Masaya Ito (担当:共著)
Springer   2015年9月   ISBN:978-4-431-54504-0

講演・口頭発表等

 
Bimodal pattern of the impact of body mass index on cancer-specific survival of upper urinary tract urothelial carcinoma patients: Multi-center study in a 1114-case Tokyo Metropolitan Database of Urologic Disease (TMDU) cohort
Ishioka J, et al
AUA 2012   2012年5月19日   
Risk stratification model for predicting bladder recurrence after radical nephroureterectomy for upper urinary tract urothelial carcinoma
Ishioka J, et al
28th annual EAU Congress 2013   2013年3月19日   European Association of Urology
New head-mounted display system applied to endoscopic management of urothelial cancers (Ishioka J., Kihara K., Fujii Y., Saito K., Masuda H., Koga F., Numao N., Matsuoka Y., Yoshida S., Takeshita H., Higuchi S., Nakayama T)
Ishioka J., Kihara K., Fujii Y., Saito K., Masuda H., Koga F., Numao N., Matsuoka Y., Yoshida S., Takeshita H., Higuchi S., Nakayama T
29th annual EAU congress   2014年4月14日   European Association of Urology
Preoperative prediction of postoperative renal function for upper tract urothelial carcinoma patients: Concerning issues of perioperative renal impairment and the use of cisplatin-based chemotherapy
Ishioka J, Yokoyama M, Waseda Y,Kawamura N, Ito M, Tatokoro M, Yoshida S, Matsuoka Y,Numao N, Saito K, Arisawa C, Morimoto S, Kageyama Y,Fujii Y, Kihara K
The 30th Annual Congress of the European Association of Urology   2015年3月24日   
Prediction of postoperative renal function for upper tract urothelial carcinoma patients: patient selection for neoadjuvant or adjuvant cisplatin-based chemotherapy
Ishioka J, et al
AUA 2015   2015年5月16日   American Urological Association

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
泌尿器科疾患のコンピュータ支援診断
研究期間: 2016年4月 - 現在
医学生・初期研修医に対する社会保険医療制度教育の標準化と教材開発
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 藍 真澄
尿路上皮癌の診断と治療