共同研究・競争的資金等の研究課題

2007年3月 - 2011年3月

多言語話しことばコーパスと学習者言語コーパスに基づく言語運用の研究と教育への応用

日本学術振興会  科学研究費助成事業
  • 川口裕司

資金種別
競争的資金

本研究プロジェクトの主たる目的は,(1)「多言語による話し言葉コーパス」および「学習者言語コーパス」という2つの言語コーパスを構築すること,(2)コーパスの言語分析を行い,研究成果の言語教育への応用可能性を検討することである.このため海外の高等研究機関との協力関係を構築しつつ,話し言葉コーパス(フランス語,スペイン語,トルコ語,中国語)および書き言葉コーパス(ラオ語,クメール語(カンボジア語))を開発した.また,タスク中心のe-learning教材に基づいた学習者言語データ収集のためのweb録音システムを開発し,学習者言語コーパス(英語,フランス語,日本語)を構築し,コーパス分析を実施した.