濱崎 慎

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/30 02:46
 
アバター
研究者氏名
濱崎 慎
 
ハマサキ マコト
所属
福岡大学
部署
福岡大学病院
職名
准教授
学位
医学博士
科研費研究者番号
90412600

受賞

 
2008年
福岡県医学会 平成21年度 一般演題(ポスター)優秀賞 小型肺腺癌における予後因子としての微小乳頭状構造(micropapillary pattern):臨床病理学的解析と浸潤形態
 

論文

 
Activated EphA2 Processing by MT1-MMP Is Involved in Malignant Transformation of Ovarian Tumours In Vivo.
Anticancer Res   38(7) 4257-4266   2018年7月   [査読有り]
肺癌を合併したpleuroparenchymal fibroelastosisの1例.
木下義晃、渡辺憲太朗、石井寛、吉村雅代、濱崎慎、鍋島一樹
診断病理   35(1) 66-71   2018年1月   [査読有り]
A combination of MTAP and BAP1 immunohistochemistry in pleural effusion cytology for the diagnosis of mesothelioma.
Kinoshita Y, Hida T, Hamasaki M, Matsumoto S, Sato A, Tsujimura T, Kawahara K, Hiroshima K, Oda Y, Nabeshima K
Cancer   126(1) 66-71   2018年1月   [査読有り]
Intraoperative Squash and Touch Preparation Cytology of Brain Lesions Stained with H+E and Diff-Quik™: A 20-Year Retrospective Analysis and Comparative Literature Review.
Hamasaki M, Chang KHF, Nabeshima K, Tauchi-Nishi PS
Acta Cytol      2017年12月   [査読有り]
Diagnostic application of BAP1 immunohistochemistry to differentiate pleural mesothelioma from metastatic pleural tumours.
Yoshimura M, Kinoshita Y, Hamasaki M, Matsumoto S, Hida T, Oda Y, Nabeshima K
Histopathology   71(6) 1011-1014   2017年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
FISHにて9p21ホモ接合性欠失を示す胸膜悪性中皮腫細胞の形態学的特徴
鍋島一樹、松本慎二、濵﨑 慎、大神明子、亀井敏昭、岩崎昭憲 (担当:分担執筆)
2012年12月   
がんとエビデンス、がんと生物学
濵﨑 慎、鍋島一樹
2012年12月   

講演・口頭発表等

 
移植摘出肺(インジウム肺)の病理組織像 [招待有り]
第11回インジウム情報交換会   2018年5月22日   
悪性胸膜中皮腫と良性中皮過形成の鑑別におけるMTAPIHC及びBAP1IHCの有用性.
木下 義晃、樋田 知之、濱崎慎、松本慎二、辻村亨, 佐藤鮎子, 河原邦光, 廣島健三, 小田義直, 鍋島一樹
第58回日本肺癌学会学術集会   2017年10月14日   
外耳道癌における腫瘍細胞のemmprinと間質のCD73の高発現は独立した予後不良因子である.
宮崎健、青木光希子、古賀佳織、濱崎慎、中川尚志、坂田俊文、鍋島一樹
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月28日   
Pleuroparenchymal fibroelastosis及びIdiopathic pulmonary fibrosisにおける弾性線維の肺内分布の検討.
木下 義晃、渡辺憲太朗、吉村雅代、濱崎慎、石井寛、串間尚子、藤田昌樹、鍋島一樹
第106回日本病理学会総会   2017年4月27日   
An autopsy case of sarcomatoid mesothelioma.
Ogawa Y, Aoki M, Mihashi Y, Hamasaki M, Sasaki T, Watanabe K, Takeshita M, Nabeshima K
第106回日本病理学会総会   2017年4月27日