書籍等出版物

2008年4月

最新アジアビジネス熱風録

  • 江上剛

担当区分
編者(編著者)
担当範囲
123-150
出版者・発行元
文芸春秋
記述言語
アブハズ語
著書種別
学術書

中小製造業の集積地・東京「大田区」の産業振興行政として、親日国「タイ王国」内の工業団地内に「オオタ・テクノ・パーク」と称する大田区企業向け賃貸工場を設立した実録。ルポライター江上氏が、工場設立を実現させた上原の活動を詳細に追いながら執筆した書籍。当時の円高傾向とデフレに推移する我が国の経済状況と、生き残りをかける中小企業が意を決して海外に第2の拠点を見出す挑戦を、大田区が先頭に立って支援する姿が中心に描かれる。下町の中小企業が単独では切り開けない①海外拠点となる場所の選定、②輸出入のルートと介入すべき企業との引き合わせ、③相手国の産業支援関連の機関との交渉、④現地スタッフとの外国語による仲介、⑤現地従業員の募集のやり方や資材料の調達ルートの確保、⑥適正な賃貸料とサービス範囲の設定、⑦建設工事の進捗状況の管理監督等、を実施。その他に現地の産業人たちの活動を関係企業や組織を通じて当時のタイの製造業の発展度合いを紹介している。