共同研究・競争的資金等の研究課題

2019年4月 - 2022年3月

肝硬変、NASH発症・進展に果たす造血細胞の関与の解明と新たな治療標的の確立

日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

課題番号
19K17404
体系的課題番号
JP19K17404
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

四塩化炭素(CCl4: carbon tetrachloride)誘導肝線維化モデルマウスに、クロドロン酸内包リポソーム (CL: clodronate liposome) を併用投与して単球を選択的に除去したところ、CL非投与群と比較して肝臓中のfibrocyteは減少したが、肝線維化の進展は抑制されなかった。このため、CCl4誘導肝線維化モデルにおいては肝線維化進展におけるfibrocyteの寄与は小さいと考えられた。今後はNASHモデルマウスにおいても同様に単球除去をすることにより、肝臓中のfibrocyteが減少するか、また肝線維化の進展が抑制できるかを検討する予定である。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-19K17404
ID情報
  • 課題番号 : 19K17404
  • 体系的課題番号 : JP19K17404