ARAI Tastuo

J-GLOBAL         Last updated: Feb 27, 2019 at 03:45
 
Avatar
Name
ARAI Tastuo
E-mail
tatsuoshonan.bunkyo.ac.jp
Affiliation
Bunkyo University
Section
Faculty of Business Administration, Department of Business Administration
Job title
Professor
Degree
Bachelor of Commercial Science(Nagoya University of Commerce and Business)
Research funding number
80453439

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1984
 - 
Mar 1997
Shizuoka Prefectural Inatori senior high school. A teacher.
 
Apr 1997
 - 
Mar 2007
Shizuoka Prefectural Matsuzaki Senior High School. A teacher.
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
静岡県立下田北高等学校 情報科非常勤講師
 
Apr 2007
 - 
Mar 2009
Bunkyo University Full-time lecturer
 
Apr 2008
 - 
Mar 2012
静岡県立下田高等学校 情報科非常勤講師
 

Education

 
Apr 1978
 - 
Mar 1982
industrial management subject, Faculty of Commerce, Nagoya University of Commerce and Business
 

Committee Memberships

 
 
   
 
The Japanese Association for The Study of Guidance and Counseling.Kanto branch office.A director.
 
 
   
 
The Japanese Association for The Study of Guidance and Counseling.The ninth meet.A member of the executive committee.
 

Published Papers

 
日本生徒指導学会第17回大会より 第2特集 響き合う、分かち合う、伝え合う生徒指導 ワークショップ1 「アクティブ・ラーニングの視点による生徒指導~若い先生向け 生徒指導はじめの一歩~
月刊生徒指導編集部
月刊生徒指導2017年3月号   47(3) 26-29   Mar 2017
教育格差がもたらすもの
新井立夫
月刊生徒指導2017年2月号   47(2) 14-19   Feb 2017   [Invited]
教育格差は、学校教育だけの問題ではなく、社会全体の問題である。保
護者の所得に関係なく、生涯にわたる高い所得獲得の機会を得られる環
境を整える公教育の充実が重要であり、格差解消の鍵となることを論じた。
社会的動機の様式(利己性・利他性・集団性・原理性)におけるキャリア選択の分析―キャリア選択の動機・認知様式に関して―
新井立夫、山岡三子、石塚浩
文教大学経営論集 Vol.2, No.6,   2(6) 1-23   Mar 2016
キャリア選択を考察する際において、自己のことのみならず、他者との関係性や集団組織との関係性、慣習や規則(ルール)との整合性を総合的に捉え、ある範囲の社会的な様式を表していると考えられる。社会心理学者であるCharles Daniel Batson(チャールズ・ダニエル・バトソン)が、『Altruism in humans』(翻訳本『利他性の人間学:実験社会心理学からの回答』新曜社(2012))の中で、4つの社会的動機の様式を示した。本研究の目的は、この示された様式・利己性(Egoism)・...
日本生徒指導学会第16回大会より 特集 子どもの主体的な活動を育む生徒指導 ワークショップ 「若い教師のための生徒指導 はじめの一歩」~向社会的行動・非認知能力を含めて~
月刊生徒指導編集部
月刊生徒指導2016年3月号   46(3) 38-43   Mar 2016   [Invited]
授業規律の必要性
新井立夫
月刊生徒指導2014年6月号   44(7) 18-23   Jun 2014   [Invited]
授業規律や秩序の構築とは、教える側の心と教わる側の心の「互恵性」を共通認識した上で、しなやかな関係を築いていくことにほかなりません。教える側と教わる側の相互尊敬・信頼に基づく教育観に立って行われるべきものであることを論じた。

Misc

 
キャリア教育支援協議会会長メッセージ 『新しい時代を前に「不本意就職」をなくす「職育」の実践を』
新井立夫
キャリア&就職支援ジャーナル 高等学校版 創刊準備号   1(1) 2-2   Jan 2019
新しい時代を前に「不本意就職」をなくす「職育」の実践について、多様な価値観が共存する社会で生きる意味や一生涯にわたって学び続ける気概を持って、積極的意志で進路選択をしなければならない必要性を述べた。
社会的動機の様式(利己性・利他性・集団性・原理性)におけるキャリア選択の分析~大学生(1年生)キャリア選択の動機・認知様式に関して~
新井立夫(文教大学)、(株)セント・フォース 山岡三子、文教大学 萬年山啓、石塚浩
日本キャリア教育学会第40回研究大会 研究発表論文集   1(1) 68-69   Dec 2018
2015(IAEVG)国際キャリア教育学会日本大会・日本キャリア教育学会第37回研究大会にて口頭発表した調査対象者は、高等学校(進学校)であった。裏付けされた仮説の汎用性をさらに高めていくために、2016年には進路多様校、2017年では、専門学科校、2018年は大学1年生へ対象者を広げ、調査分析をする。社会心理学者のCharles Daniel Batsonが示した4つの社会的動機の様式を主軸とし、キャリア選択の価値観を利己性、利他性、集団性、原理性の視点から捉え、自己のキャリア選択の志向...

Books etc

 
教員採用試験αシリーズ 2020年度版 30秒アピール面接
現代教職研究会(代表 仙﨑 武)
株式会社一ツ橋書店   Nov 2018   ISBN:978-4-565-20395-3
資料紹介 相馬誠一・伊藤美奈子総監修 『いのちと死の授業』DVD全6巻
新井立夫
日本生徒指導学会 会長 森田洋司   Nov 2018   ISBN:978-4-7619-2542-0
<資料紹介>として、相馬誠一・伊東美奈子 総監修『いのちと死の授業』DVD全6巻(2017年発行)制作・著作 丸善出版株式会社を映像教材として、文教大学湘南校舎教職課程の講義(生徒・進路指導論、教職概論)の実践を行い、その有効性を紹介した。
 学生の教職観についてまとめてみると、自分自身の命への価値観も変わり、教育者を目指すにあたり考えさせられるものであった。生徒指導・教育相談の学級経営の資料としても活用できる映像教材であることを実践を持って紹介した。
進路アドバイザーのための基礎知識 2018年度 -進路アドバイザー検定 公式テキスト-
新井立夫、浦部ひとみ、篠翰、関本恵一、染谷忠彦、萩原信一、萬年山啓 (Part:Joint Work)
発行所:大学新聞社 進路情報研究センター   May 2018   ISBN:978-4-907369-06-4
若者の進路指導にかかわる情報を1冊に収載。進学や就職に関する基礎知識、大学、短期大学、専門学校の現状など、幅広い分野の情報をわかりやすく整理しています。検定のテキストとしてだけではなく、情報データブックとして、進路のアドバイスをする際に役立ちます。特集として「アクティブ・ラーニング~そのめざすところと現状~を掲載。
教員採用試験αシリーズ 2019年度版 30秒アピール面接
現代教職研究会(代表 仙﨑 武)
株式会社一ツ橋書店   Dec 2017   ISBN:978-4-565-19395-7
進路アドバイザーのための基礎知識 2017
新井立夫、篠翰、萩原信一、浦部ひとみ、古澤有可、大神光江、染谷忠彦 (Part:Joint Work)
発行所:大学新聞社 進路情報研究センター   May 2017   ISBN:978-4-907369-05-7
若者の進路指導にかかわる情報を1冊に収載。進学や就職に関する基礎知識、大学、短期大学、専門学校の現状など、幅広い分野の情報をわかりやすく整理しています。検定のテキストとしてだけではなく、情報データブックとして、進路のアドバイスをする際に役立ちます。特集として「アクティブ・ラーニング~そのめざすところと現状~を掲載。

Conference Activities & Talks

 
社会的動機の様式(利己性・利他性・集団性・原理性)におけるキャリア選択の分析~大学生(1年生)キャリア選択の動機・認知様式に関して~
新井立夫(文教大学)、(株)セント・フォース 山岡三子、文教大学 萬年山啓、石塚浩
日本キャリア教育学会第40回研究大会   9 Dec 2018   日本キャリア教育学会・早稲田大学教育・総合科学学術院
2015(IAEVG)国際キャリア教育学会日本大会・日本キャリア教育学会第37回研究大会にて口頭発表した調査対象者は、高等学校(進学校)であった。裏付けされた仮説の汎用性をさらに高めていくために、2016年には進路多様校、2017年では、専門学科校、2018年は大学1年生へ対象者を広げ、調査分析をする。社会心理学者のCharles Daniel Batsonが示した4つの社会的動機の様式を主軸とし、キャリア選択の価値観を利己性、利他性、集団性、原理性の視点から捉え、自己のキャリア選択の志向...
「進路指導の基本~キャリア教育の観点から~」
新井立夫(文教大学)
山形県高等学校教職初任者研修会 全体研修   19 Oct 2017   山形県教育委員会
社会的動機の様式(利己性・利他性・集団性・原理性)におけるキャリア選択の分析~高等学校(専門学科)キャリア選択の動機・認知様式に関して~
新井立夫(文教大学)、名古屋短期大学 山岡三子、文教大学 萬年山啓、石塚浩
日本キャリア教育学会第39回研究大会   15 Oct 2017   日本キャリア教育学会・上越教育大学
2015(IAEVG)国際キャリア教育学会日本大会・日本キャリア教育学会第37回研究大会にて口頭発表した調査対象者は、高等学校(進学校)であった。裏付けされた仮説の汎用性をさらに高めていくために、2016年には進路多様校、2017年では、専門学科校へ対象者を広げ、調査分析をする。社会心理学者のCharles Daniel Batsonが示した4つの社会的動機の様式を主軸とし、キャリア選択の価値観を利己性、利他性、集団性、原理性の視点から捉え、自己のキャリア選択の志向がどのように影響されるの...
平成29年度 『キャリア教育指導者研修』及び『産業社会と人間研修』合同研修会~今後の学校におけるキャリア教育~
新井立夫(文教大学)
「キャリア教育指導者研修」及び「産業社会と人間」合同研修会 全体研修   9 Jun 2017   千葉県総合教育センター
平成29年度『小・中学校が連携したキャリア教育の推進について』
新井立夫
東京都北区教育委員会主催・採用2年次教員全体研修   23 May 2017   東京都北区教育委員会