小田 竜也

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
小田 竜也
 
オダ タツヤ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授
学位
博士(医学)(筑波大学)
科研費研究者番号
20282353

研究分野

 
 

受賞

 
2011年11月
第8回日本e-Learning大賞文部科学大臣賞
 
プログラムジュークボックス

論文

 
当院における内視鏡的摘除後T1大腸癌に対する外科的追加切除の検討
大和田洋平;榎本剛史;大原佑介;久倉, 勝治;明石義正;小川光一;倉田昌直;小田竜也;大河内信弘
抄録集   103    2018年
糖結合タンパク「レクチン」を用いた新規膵癌標的治療法の開発
下村, 治;小田, 竜也;舘野浩章;木村聡大;宮崎貴寛;小澤佑介;野口雅之;平林 淳;浅島 誠
膵臓   33(3) 473   2018年
当院でのLAP-DP導入期における 若手教育と手技の実際
下村, 治;倉田昌直;宮崎貴寛;高橋一広;小田, 竜也
第10回膵臓内視鏡外科研究会雑誌   29   2018年11月
ストーマ粘膜皮膚離開の予防に対して漿膜筋層-真皮縫合は有用である
大原佑介;榎本剛史;大和田洋平;久倉勝治;明石義正;小川光一;倉田昌直;小田, 竜也
第73回日本大腸肛門病学会学術集会雑誌   A62   2018年11月
Multidisciplinary approach to kidney transplant:Tsukuba style
高橋一広;金子修三;臼井丈一;福田奨一;木村友和;星昭夫;小田, 竜也;西山博之;キム ディーン;パールアニータ;山縣邦弘;湯沢賢治;大河内信弘
移植   53(臨時号) 388   2018年10月

講演・口頭発表等

 
ストーマ粘膜皮膚離開の予防に対して漿膜筋層-真皮縫合は有用である
大原佑介;榎本剛史;大和田洋平;久倉勝治;明石義正;小川光一;倉田昌直;小田, 竜也
第73回日本大腸肛門病学会学術集会   2018年11月9日   
当科におけるTaTMEの短期治療成績
榎本剛史;大原佑介;大和田洋平;小川光一;明石義正;久倉勝治;倉田昌直;小田, 竜也;大河内信弘
第73回日本消化器外科学会総会   2018年7月11日   
当院における内視鏡的摘除後T1大腸癌に対する外科的追加切除の検討
大和田洋平;榎本剛史;大原佑介;久倉, 勝治;明石義正;小川光一;倉田昌直;小田竜也;大河内信弘
第89回大腸癌研究会   2018年7月6日   
糖結合タンパク「レクチン」を用いた新規膵癌標的治療法の開発
下村, 治;小田, 竜也;舘野浩章;木村聡大;宮崎貴寛;小澤佑介;野口雅之;平林 淳;浅島 誠
第49回日本膵臓学会大会   2018年6月29日   
レクチン薬剤複合体を用いた膵癌細胞表面糖鎖をターゲットにした新規癌治療【Molecular Cancer Therapeutics】
下村, 治;小田, 竜也;舘野浩章;小澤佑介;木村聡大;坂下信悟;野口雅之;平林 淳;浅島 誠;大河内信弘
第118回日本外科学会定期学術集会   2018年4月5日   

競争的資金等の研究課題

 
iCAF:iPS由来の癌線維芽細胞による膵癌幹細胞、間質幹細胞の糖鎖標的探索
日本学術振興会: 日本学術振興会/基盤研究(B)
膵癌切除後の補助化学療法における塩酸ゲムシタビン療法とS-1療法の第Ⅲ相比較試験(JASPAC01)
財団法人しずおか産業創造機構: その他
研究期間: 2007年5月   
膵癌切除後の補助化学療法として,塩酸ゲムシタビン療法に対するS-1療法の生存期間における非劣性を検証する.
がん臨床医学分野(外科系),生物系分野に関する学術動向の調査研究
文部科学省: その他
研究期間: 2007年 - 2008年3月

特許

 
特願2007-151774 : 病巣細胞への治療担体もしくは診断試薬の相乗的集積システムを用いた診断・治療用キット
小田竜也;大河内信弘;山田圭一;青柳靖之;高木俊之;金森敏幸