青沼 和隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/06 02:50
 
アバター
研究者氏名
青沼 和隆
 
アオヌマ カズタカ
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

委員歴

 
2017年4月
 - 
2017年4月
第95回回Current Topics Lecture in Tsukuba
 
2017年3月
 - 
2017年3月
第94回Current Topics Lecture in Tsukuba
 
2016年12月
 - 
2016年12月
第93回Current Topics Lecture in Tsukuba
 
2016年11月
 - 
2016年11月
第92回Current Topics Lecture in Tsukuba
 
2016年11月
 - 
2016年11月
第91回Current Topics Lecture in Tsukuba
 

論文

 
心磁図を用いた非侵襲的不整脈起源同定法の開発
緒方, 邦臣;吉田, 健太郎;會田, 敏;稲葉, 武;小松, 雄樹;服部, 愛;小菅, 寿徳;青沼, 和隆;堀米, 仁志;神鳥, 明彦;野上, 昭彦
日本生体磁気学会誌   31(1) 84-85   2018年6月
心磁図を用いた非侵襲的不整脈起源同定法の臨床評価
吉田, 健太郎;會田, 敏;緒方, 邦臣;稲葉, 武;小松, 雄樹;服部, 愛;小菅, 寿徳;青沼, 和隆;堀米, 仁志;神鳥, 明彦;野上, 昭彦
日本生体磁気学会誌   31(1) 86-87   2018年6月
Clinical utility of the 2016 ASE/EACVI recommendations for the evaluation of left ventricular diastolic function in the stratification of post-discharge prognosis in patients with acute heart failure
Machino-Ohtsuka, Tomoko;Seo, Yoshihiro;Ishizu, Tomoko;Hamada-Harimura, Yoshie;Yamamoto, Masayoshi;Sato, Kimi;Sai, Seika;Sugano, Akinori;Obara, Kenichi;Yoshida, Ikuo;Nishi, Isao;Aonuma, Kazutaka;Ieda, Masaki
European heart journal cardiovascular Imaging      2019年5月   [査読有り]
Clinical utility of the 2016 ASE/EACVI recommendations for the evaluation of left ventricular diastolic function in the stratification of post-discharge prognosis in patients with acute heart failure
Machino-Ohtsuka, Tomoko;Seo, Yoshihiro;Ishizu, Tomoko;Hamada-Harimura, Yoshie;Yamamoto, Masayoshi;Sato, Kimi;Sai, Seika;Sugano, Akinori;Obara, Kenichi;Yoshida, Ikuo;Nishi, Isao;Aonuma, Kazutaka;Ieda, Masaki
European heart journal cardiovascular Imaging      2019年5月   [査読有り]
Machino-Ohtsuka, Tomoko; Seo, Yoshihiro; Ishizu, Tomoko; Hamada-Harimura, Yoshie; Yamamoto, Masayoshi; Sato, Kimi; Sai, Seika; Sugano, Akinori; Obara, Kenichi; Yoshida, Ikuo; Nishi, Isao; Aonuma, Kazutaka; Ieda, Masaki
European heart journal cardiovascular Imaging      2019年5月
[AIMS] Left ventricular diastolic dysfunction (LVDD) has prognostic significance in heart failure (HF). We aimed to assess the impact of LVDD grade stratified by the updated 2016 echocardiographic algorithm (DD2016) on post-discharge outcomes in p...

書籍等出版物

 
臨床検査データブックLABDATA 2019-2020
青沼,和隆 (担当:分担執筆, 範囲:疾患と検査 2.循環器疾患 )
2019年1月   
Early Repolarization Syndrome
Nogami, Akihiko;Yumie, Matsui;Shinoda, Yasutoshi;Kuroshaki, Kenji;Aonuma, Kazutaka (担当:分担執筆, 範囲:Catheter ablation of ERS)
Springer Nature   2017年9月   
1336専門家による私の治療 2017-18年度版
町野, 毅;青沼, 和隆 (担当:分担執筆, 範囲:心室細動)
2017年8月   
循環器内科
町野, 毅;青沼, 和隆 (担当:分担執筆, 範囲:二次性心筋症の臨床)
2017年1月   
循環器内科:特集 心不全に対する多面的治療戦略 –基礎から臨床へ−
町野, 毅;青沼, 和隆 (担当:分担執筆, 範囲:心臓再同期療法による心不全治療)
2015年8月   

講演・口頭発表等

 
Shorter Duration of Triple Antiplatelet Therapy in Atrial Fibrillation Patients Undergoing Coronary Stenting –SAFE-A study–
Hoshi, Tomoya;Akira, Sato;Daigo, Hiraya;Akihiko, Nogami;Masahiko, Gosho;Masaki, Ieda;Kazutaka, Aonuma
EuroPCR 2019   2019年5月21日   
本邦における左心耳閉鎖術を国内臨床治験の長期フォローアップから考える
青沼,和隆
第83回日本循環器学会学術集会   2019年3月29日   日本循環器学会
抗凝固療法のその先に―左心耳閉鎖デバイス治療の意義―
青沼,和隆
第44回日本脳卒中学会学術集会   2019年3月23日   日本脳卒中学会
心不全における不整脈治療
青沼,和隆
第22回日本心不全学会学術集会   2018年10月11日   日本心不全学会
LAAC WATCHOUT for the next strategy,for the right paitient -Left Atrial Appendage Closure for AF-stroke prevention
青沼, 和隆
第65回日本不整脈心電学会学術大会   2018年7月14日   日本不整脈心電学会

競争的資金等の研究課題

 
難治性心房細動に対する革新的診断・治療システムの開発
システム情報工学研究科・霊長類医科学研究センター 他: 学内共同研究
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 青沼和隆
心内電位解析が最も困難な難治性心房細動の起源と回路を明確に同定できる革新的な診断・治療システムを開発する。
ブルガタ症候群治療の試み
ブルガタ症候群の臨床的背景
心不全の疫学的研究
心房細動の疫学的研究

その他

 
2016年10月
第4回 市民公開講座 知らずにいると怖い不整脈
2014年10月
不整脈を知る・第2回 市民公開講座
心臓突然死への挑戦