共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年5月 - 2017年3月

リバース4D材料エンジニアリングによる材料開発プロセス革新

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)
  • 戸田 裕之
  • ,
  • 桑水流 理
  • ,
  • 小林 正和
  • ,
  • Batres Rafael

課題番号
24226015
担当区分
連携研究者
配分額
(総額)
163,410,000円
(直接経費)
125,700,000円
(間接経費)
37,710,000円

リバース4D材料エンジニアリング(R4ME)による材料開発方法論を構築した。最適化対象を「多数ミクロ組織制御」と「単一ミクロ組織制御」の2つのケースに分け,材料工学,機械工学の様々な課題にR4MEを適用可能にした。特に,粗視化手法,最適化手法およびR4MEの方法論をこれらにふさわしいものとして創成した。1枚の高精細3D画像に含まれる最大数十万個のミクロ組織データをビッグデータとして活用した材料開発や,多結晶組織イメージングのデータを用いた多結晶組織最適化が可能であることを示した。

ID情報
  • 課題番号 : 24226015