共同研究・競争的資金等の研究課題

2008年 - 2011年

酵母の細胞極性制御に関する基礎および応用研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 平田 大
  • ,
  • 水沼 正樹
  • ,
  • 久米 一規

課題番号
20380063
配分額
(総額)
19,240,000円
(直接経費)
14,800,000円
(間接経費)
4,440,000円

本研究では、酵母を用いて、細胞極性と細胞周期との連携制御機構について解析した。具体的には、細胞極性の確立・維持に重要なMOR経路において、新規な構成分子を同定し、また、MOR経路と細胞質分裂の開始を制御するSIN経路とのクロストークがM期から間期への移行制御に重要であることを示した。さらに、カルシニューリンがDNA複製チェックポイントと微小管依存的細胞極性変換制御系とをつなぐ、新規経路(CCT経路:Cds1-Calcineurin-TIPs)を見いだした。本経路のすべての構成分子は進化上保存されていることから、本経路がヒトにも存在し、かつ、本知見が癌の治療法の開発など医療分野に役立つことを期待している。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-20380063/20380063hyoka.pdf
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-20380063/20380063seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 20380063