Yuichiro Tada

J-GLOBAL         Last updated: Oct 15, 2018 at 16:14
 
Avatar
Name
Yuichiro Tada

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kanno C, Masubuchi T, Tada Y, Fushimi C, Matsuki T, Takahashi H, Okada T, Inomata T, Sasaki M, Niwa K, Machida T, Miura K
Acta oto-laryngologica   138(8) 759-762   Aug 2018   [Refereed]
Urano M, Hirai H, Tada Y, Kawakita D, Shimura T, Tsukahara K, Kano S, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Fushimi C, Shimizu A, Takase S, Okada T, Sato H, Imanishi Y, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Sato Y, Saigusa N, Nakaguro M, Hanazawa T, Nagao T
Histopathology      Jul 2018   [Refereed]
Kawakita Daisuke, Tada Yuichiro, Fushimi Chihiro, Takahashi Hideaki, Masubuchi Tatsuo, Miura Kouki
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36(15)    May 2018   [Refereed]
Fushimi C, Tada Y, Takahashi H, Nagao T, Ojiri H, Masubuchi T, Matsuki T, Miura K, Kawakita D, Hirai H, Hoshino E, Kamata S, Saotome T
Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   29(4) 979-984   Apr 2018   [Refereed]
Saida K, Murase T, Ito M, Fujii K, Takino H, Masaki A, Kawakita D, Ijichi K, Tada Y, Kusafuka K, Iida Y, Onitsuka T, Yatabe Y, Hanai N, Hasegawa Y, Shinomiya H, Nibu KI, Shimozato K, Inagaki H
Oncotarget   9(24) 17043-17055   Mar 2018   [Refereed]
Shimura T, Tada Y, Hirai H, Kawakita D, Kano S, Tsukahara K, Shimizu A, Takase S, Imanishi Y, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Sato Y, Fushimi C, Takahashi H, Okada T, Sato H, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Ando M, Kohsaka S, Hanazawa T, Chazono H, Kadokura Y, Kobayashi H, Nagao T
Oncotarget   9(2) 1852-1867   Jan 2018   [Refereed]
Takase S, Kano S, Tada Y, Kawakita D, Shimura T, Hirai H, Tsukahara K, Shimizu A, Imanishi Y, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Sato Y, Fushimi C, Okada T, Sato H, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Hanazawa T, Chazono H, Osamura RY, Nagao T
Oncotarget   8(35) 59023-59035   Aug 2017   [Refereed]
Fushimi Chihiro, Tada Yuichiro, Inomata Toru, Kanno Chihiro, Kurosaka Masao, Hirai Eiji, Yamamoto Kozo
JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   29(1) 56-60   Jan 2017   [Refereed]
Kawakita D, Tada Y, Imanishi Y, Beppu S, Tsukahara K, Kano S, Ozawa H, Okami K, Sato Y, Shimizu A, Sato Y, Fushimi C, Takase S, Okada T, Sato H, Otsuka K, Watanabe Y, Sakai A, Ebisumoto K, Togashi T, Ueki Y, Ota H, Shimura T, Hanazawa T, Murakami S, Nagao T
Oncotarget   8(1) 1083-1091   Jan 2017   [Refereed]
Ueki Yushi, Tada Yuichiro, Togashi Takafumi, Kawakita Daisuke, Nagao Toshitaka, Sato Yuichiro
INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL   5(3) 150-153   Jul 2016   [Refereed]
Masubuchi T, Tada Y, Maruya S, Osamura Y, Kamata SE, Miura K, Fushimi C, Takahashi H, Kawakita D, Kishimoto S, Nagao T
International journal of clinical oncology   20(1) 35-44   Feb 2015   [Refereed]
Otsuka K, Imanishi Y, Tada Y, Kawakita D, Kano S, Tsukahara K, Shimizu A, Ozawa H, Okami K, Sakai A, Sato Y, Ueki Y, Sato Y, Hanazawa T, Chazono H, Ogawa K, Nagao T
Annals of surgical oncology   23(6) 2038-2045   Jun 2016   [Refereed]
OKAMOTO Isaku, KAMATA Shinetsu, MIURA Kouki, TADA Yuichirou, MASUBUCHI Tatsuo, FUSHIMI Chihiro, MARUYA Shinichirou, TAKEISHI Etsurou, MATSUKI Takashi
Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho   116(1) 27-30   Jan 2013
Tumors of the parapharyngeal space are said to account for 0.5% of all head and neck tumors, and are thus relatively rare. We performed histopathological examination of 76 tumors of the parapharyngeal space in patients hospitalized at the Internat...
Tada Y, Maruya SI, Saotome T, Miura K, Masubuchi T, Fushimi C, Okamoto I, Takeishi E, Yamada S, Asai H, Kamata SE
Oncology letters   4(5) 898-904   Nov 2012   [Refereed]
Kumabe A, Kawase T, Miura K, Tada Y, Masubuchi T, Kamata SE, Tanada S, Kubo A, Tajima Y, Shigematsu N
Clinical nuclear medicine   35(4) 260-262   Apr 2010   [Refereed]
MIURA Kouki, KAMATA Shin-etsu, KAWABATA Kazuyoshi, TADA Yuuichirou, MASUBUTI Tatuo, NAKAMURA Narihiro
Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho   110(8) 571-580   Aug 2007
This study was designed to analyze the surgical (postoperative course, mortality, morbidity), oncological (local control, survival rate) and functional (maximum phonation time : MPT) results of frontolateral partial vertical laryngectomy (FLPVL), ...
Beppu T, Sasaki T, Kawabata K, Yoshimoto S, Fukushima H, Ebihara Y, Mitani H, Yonekawa H, Miura K, Tada Y, Kamata S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   108(8) 794-800   Aug 2005   [Refereed]
別府 武, 鎌田 信悦, 川端 一嘉, 苦瓜 知彦, 三谷 浩樹, 吉本 世一, 米川 博之, 三浦 弘規, 福島 啓文, 佐々木 徹, 浜野 巨秀, 多田 雄一郎, 保喜 克文
日本耳鼻咽喉科学会会報   106(8) 831-837   Aug 2003
顎下腺癌根治手術施行27例を対象に,予防的頸部郭清の適応と郭清範囲を検討した.穿刺吸引細胞診の悪性正診率は84%,組織正診率は56%であった.術前頸部リンパ節転移を認めなかった症例(N0)は21例,転移を認めた症例は6例であった.N0:21例の16例に予防的頸部郭清が施行され,うち5例で病理学的頸部リンパ節転移を認めた.頸部郭清をしなかった5例のうち2例で後に頸部再発を認めた.病理学的頸部リンパ節転移陽性例は,転移部位がいずれもレベルII,またはレベルIIIに限局していた.T病期が進むにつ...
鼻・副鼻腔手術手技の進歩 内視鏡下鼻内下垂体手術 耳鼻咽喉科医の関わり
多田 雄一郎, 小池 修治, 太田 伸男, 青柳 優, 嘉山 孝正
日本鼻科学会会誌   42(1) 46-48   Apr 2003
一側鼻腔から内視鏡と鉗子類を挿入し,総鼻道を経由して直接蝶形洞を開放する方法の術式と結果について報告した.下垂体腺腫82例と鞍内および傍鞍部の病変17例,再手術7例の104回の内視鏡手術について検討した.術式は鼻腔粘膜に対し局所麻酔を行い,蝶形骨洞の自然口を確認し,鼻中隔に粘膜切開をいれ,鋤骨を骨折させ,蝶形骨洞前壁を除去し,トルコ鞍底を確認し,蝶形骨洞を開放し,腫瘍摘出を脳神経外科が行った.トルコ鞍底の再建は耳鼻咽喉科医が行った.本法は,Hardy法と比較し,同等かそれ以上の効果が得られた
多田 雄一郎, 小池 修治, 太田 伸男, 中村 正, 青柳 優
日本耳鼻咽喉科学会会報   103(3) 212-218   Mar 2000
顕微鏡より広い視野を確保でき,歯齦部切開,鼻中隔粘膜の剥離も不要でより低侵襲の内視鏡下鼻内下垂体手術を31例(34回)に試みた.うち5例は顕微鏡下手術後の再発症例である.トルコ鞍底へのアプローチは,32回で一側鼻腔より経蝶形骨洞的に行い,両側鼻腔経蝶形骨洞的アプローチ,経篩骨洞経蝶形骨洞的アプローチが各1回であった.視野,鼻内操作,手術時間,術後の鼻呼吸等の点で,顕微鏡下手術よりすぐれていた
Tada Y, Hongo S, Muraki Y, Matsuzaki Y, Sugawara K, Kitame F, Nakamura K
Virus research   58(1-2) 65-72   Nov 1998   [Refereed]
Hongo S, Gao P, Sugawara K, Muraki Y, Matsuzaki Y, Tada Y, Kitame F, Nakamura K
The Journal of general virology   79 ( Pt 9) 2207-2213   Sep 1998   [Refereed]
Tada Y, Hongo S, Muraki Y, Sugawara K, Kitame F, Nakamura K
Virus genes   15(1) 53-59   1997   [Refereed]

Misc

 
【頭頸部癌に対する薬物療法-最新情報】 唾液腺癌に対する薬物治療
多田 雄一郎
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   90(3) 244-251   Mar 2018
<POINT>▼標準的薬物療法はいまだに確立されていない。▼多彩な組織型を有するため,それぞれの臨床的特徴をよく理解し,薬物療法の適応を検討する。▼唾液腺導管癌・腺癌NOS・低分化癌などでは,白金製剤とタキサン系抗癌剤併用療法,アンドロゲン遮断療法,あるいは抗HER2療法の有用性が報告されている。▼腺様嚢胞癌での薬物療法の開始は慎重に適応を検討する。(著者抄録)
切除不能・再発転移唾液腺導管癌に対するトラスツズマブ・ドセタキセル併用療法およびアンドロゲン遮断療法
多田 雄一郎
耳鼻と臨床   63(Suppl.1) S16-S20   Nov 2017
【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える】 治療選択 唾液腺導管癌に最も効果のある治療法は何ですか?
多田 雄一郎
JOHNS   33(9) 1232-1236   Sep 2017
松木 崇, 三浦 弘規, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 伏見 千宙, 岡田 拓朗, 丹羽 一友, 岡本 伊作
頭頸部外科   27(1) 53-59   Jun 2017
当センターにおける副咽頭間隙多形腺腫45例の手術症例に対して検討を行った。患者背景は男性:女性が17:28、年齢の中央値は47歳、すべて茎突前区由来であった。腫瘍最大径に関わらずすべて経頸部法で摘出できた。手術時間は中央値86分、出血量は中央値50mlであり、術後合併症は顔面神経麻痺が12例で大半が一過性の下顎縁枝不全麻痺、first bite syndromeが11例であった。副咽頭間隙多形腺腫は経頸部法でほとんどが永続的な術後合併症なく摘出可能と考えられた。術前FNAを施行できた35例...
伏見 千宙, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 松木 崇, 菅野 千敬, 岡田 拓郎, 佐々木 剛史, 丹羽 一友, 町田 智正, 三浦 弘規, 黒坂 正生, 鎌田 信悦, 玉井 誠一
頭頸部外科   27(1) 67-72   Jun 2017
2005年4月から2012年3月までの7年間に、当センターで初回治療として手術を行い、病理組織学的に顎下腺癌と診断された12例について後ろ向きに解析した。12例の内訳は腺様嚢胞癌4例、唾液腺導管癌4例、上皮筋上皮癌2例、粘表皮癌1例、carcinoma1例であった。病期分類では、I期:1例、II期:5例、III期:2例、IVA期:3例・IVC期:1例であった。全症例の5年粗生存率は62%であった。治療成績に影響を与える因子は、臨床病期と頸部リンパ節転移の有無があげられた。(著者抄録)
伏見 千宙, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 松木 崇, 菅野 千敬, 岡田 拓郎, 佐々木 剛史, 丹羽 一友, 町田 智正, 三浦 弘規, 後藤 俊行, 黒坂 正生, 鎌田 信悦, 小高 利絵, 矢郷 香
日本口腔腫瘍学会誌   28(4) 232-236   Dec 2016
当科にて救済手術を施行した口腔扁平上皮癌深部再発症例27例の検討を行った。救済手術後の1年生存率は75%、2年生存率は61%であった。無病生存期間は中央値10.9ヵ月(2.6ヵ月〜61.3ヵ月)であった。予後不良因子は術後病理断端陽性・近接および、原発巣亜部位が舌・口腔底・頬粘膜であった。原発巣再々発部位は、後方および副咽頭間隙が88%を占めており、後方の安全域の設定、副咽頭間隙郭清も考慮すべきと考えられた。(著者抄録)
松木 崇, 三浦 弘規, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 伏見 千宙, 金子 哲治, 猪俣 徹, 高橋 秀聡, 田中 太邦, 黒坂 正生
頭頸部癌   42(3) 355-358   Oct 2016
化学放射線治療後の残存や再発病変に対して喉頭全摘出術を行った場合、術後に咽頭皮膚瘻を形成し治療に難渋することが多い。Vacuum Assisted Closure(V.A.C.)治療システムを用いた局所陰圧閉鎖療法(Negative pressure wound therapy:NPWT)を施行し咽頭皮膚瘻の閉鎖に至った症例を報告する。症例は68歳男性で、声門癌T2N0M0に対しS-1併用放射線治療を施行したが腫瘍が残存し、喉頭全摘出術を施行したが術後にリークを認めたため前頸部に咽頭皮膚瘻...
Yoshimoto Seiichi, Sasaki Tohru, Tada Yuichiro, Ebihara Yasuhiro, Mitani Hiroki, Yonekawa Hiroyuki, Kamata Shinetsu, Kawabata Kazuyoshi, Nigauri Tomohiko, Miura Kouki, Beppu Takeshi, Fukushima Hirofumi
J Jpn Soc Head Neck Surg   14(1) 73-79   2004
We use CT, MRI, and ultrasound-guided fine needle aspiration cytology for the neck examination of all cases with head and neck cancer. From 1997 to 2001, the occult metastasis rate to the ipsilateral neck was 27% for T1/2 tongue cancer, 36% for T3...
[Investigation of how to prevent mucositis induced by chemoradiotherapy].
Tosaka C, Tajima H, Inoue T, Moya M, Kobayashi M, Miura K, Tada Y, Masubuchi T, Hushimi C, Kamata S
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38(10) 1647-1651   Oct 2011   [Refereed]
OKAMOTO Isaku, KAMATA Shin-etsu, MIURA Kouki, TADA Yuuichirou, MASUBUCHI Tatsuo, FUSHIMI Chihiro, MARUYA Shin-ichirou, TAKEISHI Etsurou, MATSUKI Takashi
頭頸部癌 = Head and neck cancer   38(1) 60-63   Apr 2012
MIURA Kouki, KAMATA Shin-Etsu, TADA Yuichiro, MASUBUCHI Tatsuo, NAKAMURA Narihiro, FUSHIMI Chihiro, MARUYA Shinichiro, SAKASHITA Tomohiro, MONMA Tsutomu, NAGAFUJI Yutaka, OKAMOTO Isaku, TAKEISHI Etsuro, MATSUKI Takashi
J Jpn Soc Head Neck Surg   21(3) 255-258   Feb 2012
In a paratracheal dissection for a total pharyngolaryngoesophagectomy, it is important to prevent trachea cartilage necrosis, which becomes a trigger for serious complications and for keeping sufficient blood supplied around the trachea. We tried ...
ISHIKAWA Yukinobu, MASUBUCHI Tatsuo, AIKAWA Michi, TADA Yuuichirou, MIURA Hiroki, KAMATA Sinetsu
J Jpn Soc Head Neck Surg   21(3) 259-264   Feb 2012
We report on a vocal method technique to improve a Provox2® voice. The subjects were two patients who had a laryngopharyngectomy with a jejunal graft reconstruction. We examined 3 different vocal methods by using conversational comp...
MIURA Kouki, KAMATA Shin-etsu, TADA Yu-ichiro, MASUBUCHI Tatsuo, FUSHIMI Chihiro, MARUYA Shin-ichiro, OKAMOTO Isaku, TAKEISI Etsuro, MATSUKI Takashi
頭頸部癌 = Head and neck cancer   37(4) 520-523   Dec 2011
MIURA Kouki, KAMATA Shin-etsu, TADA Yuuichirou, MASUBUTI Tatuo, NAKAMURA Narihiro, FUSIMI Chihiro, MARUYA Shinichirou, SAKASITA Tomohiro, MONMA Tutomu, NAGAFUJI Yutaka, OKAMOTO Isaku, TAKEISI Eturou
頭頸部癌 = Head and neck cancer   36(4) 400-405   Dec 2010
TADA Yuichiro, KAMATA Shin-etsu, MIURA Kouki, MASUBUCHI Tatsuo, NAKAMURA Narihiro, FUSHIMI Chihiro, MARUYA Shinichiro, SAKASHITA Tomohiro, MONMA Tsutomu
Toukeibu Gan   35(1) 15-20   Apr 2009
We report the clinical results of continuous superselective intra-arterial infusion chemotherapy through the superficial temporal artery with concomitant radiotherapy in 8 patients with carcinoma of base of the tongue. The T-stage distribution was...
KAMATA S., MIURA K., TADA Y., MASUBUCHI T., SATO K., INOUE M.
The journal of the Japan Broncho-Esophagological Society   60(2) 100-102   Apr 2009
MIURA Kouki, KAMATA Shin-etsu, JIMBO Hiroyuki, TADA Yuuichirou, MASUBUTI Tatuo, NAKAMURA Narihiro, FUSIMI Chihiro, MARUYA Shinichirou, SAKASITA Tomohiro, MONMA Tutomu
頭頸部癌 = Head and neck cancer   34(3) 265-269   Oct 2008
YOSHIMOTO Seiichi, KAMATA Shin-etsu, KAWABATA Kazuyoshi, MITANI Hiroki, YONEKAWA Hiroyuki, MIURA Kouki, BEPPU Takeshi, FUKUSHIMA Hirofumi, SASAKI Tohru, TADA Yuichiro, EBIHARA Yasuhiro, KONDOU Atsushi, SHINBASHI Wataru
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   31(3) 376-381   Oct 2005
BEPPU Takeshi, MITANI Hiroki, KAWABATA Kazuyoshi, YOSHIMOTO Seiichi, YONEKAWA Hiroyuki, MIURA Kohki, FUKUSHIMA Hirofumi, SASAKI Tohru, TADA Yuichiro, EBIHARA Yasuhiro, KONDO Atsushi, SHINBASHI Wataru, KAMATA Shin-etsu
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   31(1) 22-27   Apr 2005
YONEKAWA Hiroyuki, KAWABATA Kazuyoshi, KAMATA Shin-etsu, BEPPU Takeshi, MIURA Kouki, YOSHIMOTO Seiichi, MITANI Hiroki, SUGITANI Iwao, FUKUSHIMA Hirofumi, SASAKI Tohru, TADA Yuichirou, EBIHARA Yasuhiro, KONDO Atsushi, SHINBASHI Wataru
頭頸部癌/ 日本頭頸部癌学会   30(4) 589-593   Dec 2004
YOSHIMOTO Seiichi, MITANI Hiroki, YONEKAWA Hiroyuki, KAMATA Shinetsu, KAWABATA Kazuyoshi, NIGAURI Tomohiko, MIURA Kouki, BEPPU Takeshi, FUKUSHIMA Hirofumi, SASAKI Tohru, TADA Yuichiro, EBIHARA Yasuhiro
頭頸部外科 = Journal of Japan Society for Head and Neck Surgery   14(1) 73-79   Jun 2004
川口 和浩, 稲村 博雄, 多田 雄一郎, 高橋 伸明, 伊藤 吏, 甲州 秀浩, 青柳 優
Facial Nerve Research   22 120-122   Dec 2002
症例1:51歳男,症例2:30歳男.両側性同時性顔面神経麻痺例を呈示して検討をした.症例1は両側とも発症後4週で治癒に至り,Electroneurography(ENoG)の結果よりも神経障害の程度は伝導ブッロクにとどまる軽度障害例であった.又,経頭蓋的磁気刺激検査で両側共にENoGに比して振幅の低下が認められたことより,障害部位としてはBell麻痺等と同様に側頭骨内顔面神経であると考えられた.しかしMRIで両側の内耳道内顔面神経の強い造影増強効果を認め,この所見は明らかにBell麻痺等の...
石田 晃弘, 小池 修治, 那須 隆, 多田 雄一郎, 中村 正, 青柳 優, 細矢 貴亮
頭頸部腫瘍   28(1) 243-247   Mar 2002
中頭蓋窩法にて摘出した顔面神経鞘腫の一例
甲州 秀浩, 稲村 博雄, 高橋 伸明, 多田 雄一郎, 青柳 優
Facial Nerve Research   21 118-120   Dec 2001
45歳女.左顔面神経麻痺を発症して入院した.ステロイド大量療法を施行し,約5ヵ月で麻痺は治癒した.3度目の左再発性顔面神経麻痺を発症し,精査加療目的に入院となった.画像診断をもとに,顔面神経迷路部から膝部に存在する顔面神経鞘腫と診断し,全身麻酔下に経中頭蓋窩法で腫瘍摘出術を行った.術後麻痺は順調に回復し,術後6ヵ月経過した時点でENoG上,患側の振幅は術前とほぼ同振幅が得られるようになった
ベル麻痺,ハント症候群の保存的治療法 ベル麻痺及びハント症候群に対するアシクロビル(Acyclovir)併用ステロイド大量療法の治療効果
稲村 博雄, 高橋 伸明, 多田 雄一郎, 甲州 秀浩, 川口 和浩, 青柳 優
Facial Nerve Research   21 30-32   Dec 2001
1996〜2000年に治療を行った発症2週以内の末梢性顔面神経麻痺患者で初診時に完全麻痺を呈した264例を対象とし,ステロイド大量療法群と,アシクロビル併用ステロイド大量療法群に分類した.ステロイド大量療法と,アシクロビル併用ステロイド大量療法共に,高い治癒率であり,両者に統計学的有意差は認めなかった.ハント症候群の治療成績は,アシクロビル併用ステロイド大量療法においてもベル麻痺に比べ依然として不良であった.又,治療開始時期による治癒率の差も認めないが,ステロイド投与開始後8日以降にアシク...
ベル麻痺・ハント症候群症例の回復過程における電気生理学的検討
高橋 伸明, 稲村 博雄, 多田 雄一郎, 甲州 秀浩, 青柳 優
Facial Nerve Research   21 63-65   Dec 2001
麻痺発症後2週間以内にENoG 0%,即ち完全脱神経に陥ったBell麻痺,Hunt症候群で,発症より2年間にわたり電気生理学的検査を施行し,経過を観察できた9症例を対象とした.変性した神経が再生し,末梢に到達するのは約6ヵ月経過した頃と考えられた.変性後に再生した神経線維数は,発症後1年6ヵ月経過すれば,正常とほぼ同数に達し,神経線維の再生が終了するのは,発症後1年6ヵ月頃と考えられた
高橋 伸明, 稲村 博雄, 阿部 靖弘, 多田 雄一郎, 甲州 秀浩, 青柳 優
耳鼻咽喉科臨床   94(4) 313-319   Apr 2001
最近経験した顔面神経麻痺を伴うサルコイドーシス症例を5例とりあげ検討した.サルコイドーシス発症と神経症状発症は必ずしも同時ではなかった.サルコイドーシス症例では,潜在性に神経障害を伴っている可能性を念頭におく必要性が考えられた.神経サルコイドーシスの臨床像は様々で,両側肺門部リンパ節腫脹が全例にみられた以外には特定の傾向は認められなかった.このため,顔面神経麻痺症例の診療においてサルコイドーシスの可能性を念頭に置く必要性が考えられた
INAMURA Hiroo, TAKAHASHI Nobuaki, TADA Yuichiro, KOSYU Hidehiro, KAWAGUCHI Kazuhiro, AOYAGI Masaru
Facial N Res Jpn   21 30-32   Feb 2001
川口 和浩, 稲村 博雄, 甲州 秀浩, 多田 雄一郎, 高橋 伸明, 青柳 優
Facial Nerve Research   20 111-113   Dec 2000
Bell麻痺,Hunt症候群及びZSHの完全麻痺症例においてステロイド大量療法とアシクロビル併用ステロイド大量療法における治療効果を検討した.いずれの疾患においてもステロイド大量療法群と,アシクロビル併用ステロイド大量療法群の間で治癒率に有意差は認められなかった
TAKAHASHI Nobuaki, INAMURA Hiroo, TADA Yuichiro, KOSYU Hidehiro, AOYAGI Masaru
Facial N Res Jpn   21 63-65   Feb 2001
高橋 伸明, 稲村 博雄, 多田 雄一郎, 甲州 秀浩, 青柳 優
Facial Nerve Research   20 71-73   Dec 2000
正常例と比較し,F波の麻痺後最小潜時は有意差なく,最大潜時は延長していた.正常例と比較し,F波の麻痺後平均潜時は延長するが,長期経過すると,正常例には及ばないものの,再び短縮していた.F波の出現頻度は1年以降経過群で正常レベルまで回復していた
稲村 博雄, 多田 雄一郎, 高橋 伸明, 甲州 秀浩, 青柳 優
Facial Nerve Research   20 77-79   Dec 2000
先天性顔面神経麻痺6例について,電気生理学的検査所見,画像所見を検討した.6例のうち5例は他の合併奇形はなく,6例の麻痺の程度もさまざまであった.他断面再構成によるCT所見では,迷路部から垂直部迄の全長にわたる顔面神経管の狭小化が観察された
KOSHU Hidehiro, INAMURA Hiroo, TAKAHASHI Nobuaki, TADA Yuichiro, AOYAGI Masaru
Facial nerve research   21 118-120   Feb 2001
NIGAURI T., KAMATA S., KAWABATA K., HOKI K., MITANI H., YOSIMOTO S., YONEKAWA H., MIURA K., BEPPU T.
頭頸部外科 = Journal of Japan Society for Head and Neck Surgery   10(1) 39-43   Jun 2000
高橋 伸明, 稲村 博雄, 多田 雄一郎, 甲州 秀浩, 戸島 均, 青柳 優
Facial Nerve Research   19 57-59   Dec 1999
1)発症後6ヵ月以上経過した非治癒Bell麻痺,Hunt症候群20例22側に対しF波を測定した. 2)正常群と比較して1年6ヵ月以上経過群にてF波の最小潜時,平均潜時は有意に延長していた. 3)正常群と比較して,6ヵ月〜1年6ヵ月経過群で,有意にF波の出現頻度の低下を認めた. 4)1年6ヵ月以上経過群の一部で正常例と同等にF波の出現頻度が認められる症例があった
INAMURA Hiroo, TADA Yuichiro, TAKAHASHI Nobuaki, KOHSYU Hidehiro, AOYAGI Masaru
Facial N Res Jpn   19 5-7   Dec 1999
多田 雄一郎, 稲村 博雄, 甲州 秀浩, 高橋 伸明, 青柳 優
Facial Nerve Research   19 119-121   Dec 1999
1)Bell麻痺完全麻痺例に対し,ステロイド大量療法を施行した場合,アシクロビルを治療開始時より併用しても麻痺に対する有意な治療効果は認めなかった. 2)Bell麻痺として治療を開始し,最終診断がHunt症候群となる症例の予後が不良であった
病的共同運動 病態,予防と治療について 顔面神経麻痺後遺症の出現状況 アンケート調査による検討
稲村 博雄, 多田 雄一郎, 高橋 伸明, 甲州 秀浩, 青柳 優
Facial Nerve Research   19 5-7   Dec 1999
麻痺発症後2年以上経過した末梢性顔面神経麻痺患者128例に対し,アンケート調査を行った. 1)比較的早期に治癒と判定された患者でも,多くの患者で麻痺が残存していた. 2)治癒にいたる期間が長期間を有する患者ほど後遺症の発生頻度が高く,自覚的に苦痛を感じている患者が増加していた
【耳鼻咽喉科疾患の症例とその解説 顔面神経編】 外傷性顔面神経麻痺
青柳 優, 稲村 博雄, 多田 雄一郎
JOHNS   15(9) 1269-1274   Sep 1999
1)外傷性顔面神経麻痺の多くは,側頭骨骨折による. 2)側頭骨骨折の多くは,縦骨折である. 3)縦骨折では,顔面神経障害部位は膝神経節付近が多い. 4)即発症麻痺は予後が悪く,遅発症麻痺は予後の良い傾向にある. 5)聴力障害は,縦骨折では伝音難聴,横骨折では感音難聴が多い. 6)横骨折では,内耳機能廃絶に至る例が多い. 7)減荷術は,NETで閾値の左右差3.5mA以上,又はENoG値10%以下の症例に対してできるだけ早期に行うのが良い. 8)顔面神経麻痺の予後は不良な例が多く,即発症麻痺で...
稲村 博雄, 甲州 秀浩, 多田 雄一郎
小児耳鼻咽喉科   15(2) 57-61   Dec 1994
1)小児顔面神経麻痺症例を,乳幼児と学童に分けて臨床的に検討した。2)乳幼児麻痺例に症候性麻痺が多い傾向にあり,学童後期にベル麻痺症例が多い傾向にあった。3)乳幼児麻痺症例でもENoGによる予後診断が可能であり,無治療でも予後は良好なものがほとんどを占め,むしろ鑑別診断に重点を置くべきと考えられた。4)学童麻痺症例では,乳幼児に比して重度麻痺例が多く,予後不良例も多い傾向にあった
多田 雄一郎, 小池 修治, 笠島 直子, 稲村 博雄, 中村 正, 前田 邦彦, 青柳 優
頭頸部腫瘍   25(1) 19-24   Mar 1999
過去20年の唾液腺腫瘍362例の中に,MALTリンパ腫が含まれていなかったか否かを調べる目的で病理の再検討を行った.MALTリンパ腫を疑った8例11検体では,診断にはHE染色標本の所見の他に,リンパ腫細胞のmonoclonalityを証明する目的で,免疫組織染色,及び免疫グロブリン重鎖遺伝子再構成のPCRを用いた.過去の診断名が変更された3症例,4検体を含む5症例,7検体がMALTリンパ腫と診断された.全症例がシェーグレン症候群を合併していた.予後は比較的良好であった
高橋 伸明, 稲村 博雄, 多田 雄一郎, 甲州 秀浩, 戸島 均, 青柳 優
Facial Nerve Research   18 129-131   Dec 1998
Hunt症候群151例中90例は完全麻痺例,61例は不全麻痺例であり,発症後6ヵ月以内の治癒率は各々45%及び96%で,有意差があった.帯状疱疹の出現時期は麻痺発症の前後2週に及び,帯状疱疹先行50例,同時期27例,麻痺先行74例であった.帯状疱疹先行50例では完全麻痺の比率が高い傾向があった.これら3群では完全麻痺例の治癒率に治療方法は影響を及ぼさなかった.ステロイド大量療法後に完全麻痺が発生した33例での治癒率は45%であり,完全麻痺例全体の治癒率と同じであった
TADA Yuichiro, INAMURA Hiroo, TAKAHASHI Nobuaki, KOHSYU Hidehiro, TOJIMA Hitoshi, AOYAGI Masaru
Facial nerve research   18 27-29   Dec 1998
【耳鼻咽喉科疾患の症例とその解説 耳編】 内耳・中耳 結核性中耳炎
青柳 優, 多田 雄一郎
JOHNS   15(3) 407-409   Mar 1999
稲村 博雄, 甲州 秀浩, 多田 雄一郎
Facial Nerve Research   17 51-53   Dec 1997
外傷性顔面神経麻痺34例を手術群と非手術群にわけ,麻痺の重症度,顔面運動の回復経過を検討した. 1)手術群の方がより神経変性が高度な重症例が多く,非手術群に比して麻痺の回復が遷延する傾向にあった. 2)手術時期としては受傷後1ヵ月以内が望ましいと考えられた
多田 雄一郎, 稲村 博雄, 甲州 秀浩
Facial Nerve Research   17 101-103   Dec 1997
MagLiteとMag2のいずれを用いた場合でも,麻痺発症7日以内の段階で側頭部磁気刺激の反応が陽性であるならば,予後良好例と判断することが可能であると考えられた
甲州 秀浩, 稲村 博雄, 多田 雄一郎
Facial Nerve Research   17 75-77   Dec 1997
顔面神経麻痺の早期予後診断 顔面神経麻痺の早期予後診断 発症5日以内の予後診断
多田 雄一郎, 稲村 博雄, 高橋 伸明, 甲州 秀浩, 戸島 均, 青柳 優
Facial Nerve Research   18 27-29   Dec 1998
麻痺発症5日目迄に顔面運動スコアが10点以上の不全麻痺症例,ENoG値が40%以上の症例,神経興奮性検査反応陽性例はほぼ予後良好例と診断できる.しかし全例に正確な診断を下すことは不可能であった
当科における唾液腺MALTリンパ腫の検討
多田 雄一郎, 小池 修治, 笠島 直子, 稲村 博雄, 中村 正, 青柳 優
頭頸部腫瘍   24(2) 163-163   May 1998
稲村 博雄, 甲州 秀浩, 多田 雄一郎
Facial Nerve Research   15 75-80   Dec 1995
経過観察中に痙攣及び病的共同運動の消失がみられたHFS2例(61歳女,52歳男)を報告した. 1)消失時のMRIでも責任血管の状態に変化を認めなかった. 2)消失の機序は不明であるが,MRIで捕らえられない程度の責任血管と神経との接触状態の変化が生じた可能性や,HFS発症早期では核の過剰興奮が定常的なものに至っていない可能性等が考えられた
TAKAHASHE Nobuaki, IMAMURA Hiroo, KOHSYU Hidehiro, TADA Yuichiro, AOYAGI Masaru, TOJIMA Hitoshi
Facial N Res Jpn   15 161-164   Dec 1995
多田 雄一郎, 稲村 博雄, 甲州 秀浩
Facial Nerve Research   15 165-168   Dec 1995
KOHSHU Hidehiro, INAMURA Hiroo, TOJIMA Hitoshi, TADA Yuichiro, TAKAHASHI Nobuaki, AOYAGI Masaru
Facial N Res Jpn   16 29-32   Dec 1996
INAMURA Hiroo, KOHSHU Hidehiro, YOKOTA Masashi, TADA Yuichiro, TAKAHASHI Nobuaki, AOYAGI Masaru, TOJIMA Hitoshi
Facial N Res Jpn   16 53-56   Dec 1996
TADA Yuichiro, INAMURA Hiroo, KOHSHU Hidehiro, TAKAHASHI Nobuaki, AOYAGI Masaru, TOJIMA Hitoshi
Facial N Res Jpn   16 61-64   Dec 1996
TAKAHASHI Nobuaki, KOHSHU Hidehiro, INAMURA Hiroo, TOJIMA Hitoshi, TADA Yuichiro, AOYAGI Masaru
Facial N Res Jpn   16 121-124   Dec 1996
悪性リンパ腫による両側性顔面神経麻痺の一例 MRI及び磁気刺激検査所見についての検討
多田 雄一郎, 稲村 博雄, 甲州 秀浩
Facial Nerve Research   16 61-64   Dec 1996
MRIによる耳下腺内顔面神経の描出 正常描出能と臨床的有用性
菅井 幸雄, 長畑 史子, 多田 雄一郎
臨床放射線   40(6) 663-667   Jun 1995
1)SPGR法で耳下腺内顔面神経は,正常耳下腺で20側中18側,耳下腺腫瘍10例中全例で描出された. 2)顔面神経と腫瘍の位置関係によって,CTより正確な局在診断が可能であった
耳下腺内顔面神経の描出におけるMRIの有用性について
菅井 幸雄, 長畑 史子, 多田 雄一郎
山形県立病院医学雑誌   29(1) 7-10   Jan 1995
使用した装置は横河メディカル社製MRVectra(0.5T)で,SPGR法を用いて耳下腺部を撮影した.耳下腺腫瘍9症例の検討では全例で耳下腺内顔面神経が描出,同定できた.9症例中4例で手術が施行され,MRIでは4例全例で局在診断が一致したが,CTを施行した3例では1例が誤診であった.顔面神経と腫瘍の位置関係によって,CTより正確な局在診断が可能であった
MRIによる耳下腺内顔面神経の描出
多田 雄一郎, 青柳 優, 稲村 博雄
Facial Nerve Research   14 101-104   Dec 1994
1)耳下腺腫瘍9例にてMRIにより耳下腺内顔面神経を描出する撮像方法について報告した。2)顔面神経は腫瘍側,正常側あわせて計18側中16側において描出可能であり,手術例4例において確認できた。3)耳下腺腫瘍の術前部位診断においてMRIは臨床的価値が高いと考えた
耳下腺腫瘍のMRI 顔面神経の描出について
多田 雄一郎, 長谷川 智彦, 戸島 均
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   66(8) 687-691   Aug 1994
1)耳下腺腫瘍12例,正常人2例にて,MRIにより耳下腺内顔面神経の描出を試みた。2)適切な撮像条件下でMRIを施行した腫瘍側8側,正常側12側では,顔面神経は腫瘍側7側,正常側9側において描出可能であり,手術例3例において確認した。3) MRIにより,腫瘍と顔面神経との位置関係を正確に知ることが可能であり,MRIは術前検査として臨床的価値が高い
顔面神経麻痺患者におけるMRIの臨床的価値 小さな聴神経腫瘍による顔面神経麻痺
戸島 均, 青柳 優, 多田 雄一郎
Facial Nerve Research   13 153-156   Dec 1993
外耳道,中耳に生じた巨大角化性腫瘍の1例
多田 雄一郎, 青柳 優, 戸島 均
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   65(10) 859-863   Oct 1993
60歳男,外耳道,中耳に発生し,良性の病理組織を呈しながらも再発を繰り返し,最終的に腫瘍が頭蓋内進展をきたした。剖検病理所見より悪性増殖性外毛根鞘性腫瘍(malignant proliferating trichilemmal tumor)と診断された
造影MRIにて広範な内耳道の造影増強効果をみたHunt症候群の一例
多田 雄一郎, 青柳 優, 戸島 均
Facial Nerve Research   12 139-142   Dec 1992

Conference Activities & Talks

 
上顎洞癌への浅側頭動脈経由動注化学放射線療法 腫瘍血流改変のための顔面動脈結紮の有用性
菅野 千敬, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 伏見 千宙, 岡田 拓朗, 佐々木 剛史, 丹羽 一友, 町田 智正, 馬場 大輔, 三浦 弘規
頭頸部癌   May 2018   
副咽頭間隙腫瘍の診断の検討
三浦 弘規, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 伏見 千宙, 岡田 拓朗, 菅野 千敬, 丹羽 一友, 佐々木 剛史, 町田 智正, 馬場 大輔
頭頸部癌   May 2018   
唾液腺癌に対するニボルマブの早期治療効果と安全性の検討
丹羽 一友, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 伏見 千宙, 菅野 千敬, 岡田 拓朗, 佐々木 剛史, 町田 智正, 馬場 大輔, 三浦 弘規, 長尾 俊孝, 五月女 隆
頭頸部癌   May 2018   
下歯肉癌一次治療後の再発転移例の検討
伏見 千宙, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 菅野 千敬, 岡田 拓朗, 佐々木 剛史, 丹羽 一友, 町田 智正, 馬場 大輔, 三浦 弘規
頭頸部癌   May 2018   
頭頸部癌再発・遠隔転移症例におけるセツキシマブ・パクリタキセル併用療法の検討
馬場 大輔, 多田 雄一郎, 町田 智正, 丹羽 一友, 佐々木 剛史, 岡田 拓朗, 菅野 千敬, 伏見 千宙, 増淵 達夫, 三浦 弘規
頭頸部癌   May 2018