Yaeko Kataoka

J-GLOBAL         Last updated: Nov 7, 2019 at 17:06
 
Avatar
Name
Yaeko Kataoka
E-mail
yaeko-kataokaslcn.ac.jp
Affiliation
St. Luke's International University
Section
School of Nursing
Job title
Associate Professor

Profile

Maternal Infant Nursing & Midwifery

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kawasoe I, Kataoka Y
Japan journal of nursing science : JJNS   e12293   Aug 2019   [Refereed]
実地指導者が新人助産師の分娩期における気づきと解釈を促進する教育
山本 真実, 片岡 弥恵子
日本助産学会誌   33(1) 38-49   Jun 2019
目的 本研究の目的は、分娩期における臨床判断の場面において、実地指導者は新人助産師に対してどのように気づきを促し、解釈の統合を促進するのかについて、実地指導者の視点から明らかにすることである。対象と方法 本研究は参加観察法、半構成的面接法を用いた質的記述的研究である。関東圏内の病院の指導者、新人助産師8組を対象とした。データ収集方法は、指導者が新人助産師に教育を行った場面に絞り、参加観察を行った後、それぞれ個別に半構成的面接法を用いてインタビューを行った。分析は、参加観察から得られた教育の...
Masuzawa Y, Kataoka Y, Fujii K, Inoue S
Systematic reviews   7(1) 156   Oct 2018   [Refereed]
藤田景子, 片岡弥恵子, 石川紀子, 井村真澄, 福井トシ子, 唐沢泉, 菊地敦子, 日隈ふみ子, 松村恵子, 真野真紀子, 吉留厚子, 工藤一子, 須藤桃代, 柏木麻衣子, 島田啓子
日本助産学会誌   32(2) 147‐158   Dec 2018
Kataoka Y, Imazeki M
BMC women's health   18(1) 75   May 2018   [Refereed]
中田かおり, 片岡弥恵子
日本助産学会誌   32(1) 49‐59   Jun 2018
Factor Structure of the Conflict Tactics Scale 1.
Baba K PhD, Takauma F Rn, Tada K PhD, Tanaka T Rn, Sakanashi K Ms, Kataoka Y PhD, Kitamura T PhD
International journal of community based nursing and midwifery   5(3) 239-247   Jul 2017   [Refereed]
Kataoka Y, Masuzawa Y, Kato C, Eto H
Japan journal of nursing science : JJNS   15(1) 91-96   Mar 2017   [Refereed]
Umeda M, Kataoka Y, Miller E
Health care for women international   1-15   Jul 2017   [Refereed]
Kato C, Kataoka Y
Nurse education today   51 88-95   Jan 2017   [Refereed]
Masuzawa Y, Kataoka Y, Nakamura S, Yaju Y
PloS one   12(10) e0186365   2017   [Refereed]
Masuzawa Y, Yaeko K
The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians   30(20) 2446-2451   Nov 2016   [Refereed]
Eto H, Hasegawa A, Kataoka Y, Porter SE
Women and birth : journal of the Australian College of Midwives      Nov 2016   [Refereed]
Baba K, Kataoka Y, Nakayama K, Yaju Y, Horiuchi S, Eto H
BMC pregnancy and childbirth   16 37   Feb 2016   [Refereed]
Kataoka Y, Imazeki M, Shinohara E
Japan journal of nursing science : JJNS   13(1) 189-195   Jan 2016   [Refereed]
Kataoka Y, Ohbayashi K, Suzuki K
Women and birth : journal of the Australian College of Midwives   28(4) e164-70   Dec 2015   [Refereed]
Comparison of Policies for the Management of Care for Women and Newborns During the Third Stage of Labor Among Japanese Hospitals, Clinics, and Midwifery Birth Centers.
Yaeko Kataoka, Nakayama K, Yaju Y, Eto H, Horiuchi S.
Int J Childbirth   5(4) 200-209   Sep 2015   [Refereed]
子育て期の女性および乳がん体験者が考える乳がん検診の受診を促進する要点
林 直子, 鈴木 久美, 今葷倍 真紀, 片岡 弥恵子, 大坂 和可子, 大林 薫, 小松 浩子
保健の科学   57(8) 567-573   Aug 2015
関東および関西の都市部に在住する乳幼児から中学生までの子育て期の女性で、乳がんの既往がない者とサポートグループや患者会に参加している乳がん体験者を対象に、フォーカス・グループ・インタビューを用いて調査を行った。子育て期の対象者は関東1グループ5人、関西2グループ10人の3グループ計15人(平均年齢40.3歳)であった。乳がん体験者は14人(平均年齢52.6歳)で、サポートグループ参加者が10人、患者会参加者が4人であった。インタビューの録音データをもとに逐語録を作成し、コード化、カテゴリー...
Health science research   27 29-34   Jan 2015   [Refereed]
Baba K, Kataoka Y
Child abuse & neglect   38(11) 1813-1821   Nov 2014   [Refereed]
Kita S, Yaeko K, Porter SE
Health Care For Women International   35(4) 442-457   Apr 2014   [Refereed]
Yaju Y, Kataoka Y, Eto H, Horiuchi S, Mori R
Cochrane Database of Systematic Reviews   11(11) CD009328-CD009328   Nov 2013   [Refereed]
Kataoka Y, Eto H, Iida M
Midwifery   29(8) 965-972   Aug 2013   [Refereed]
宮崎 千香, 片岡 弥恵子, 篠原 枝里子
聖路加看護学会誌   17(1) 19-26   Jul 2013
Objectives:This study aimed to describe the efforts of hospitals working to support women who experienceddomestic violence (DV). We describe barriers occurring at the introduction of a support and resolution process. Also,we describe the barriers ...
西部 未希, 片岡 弥恵子, 萩尾 亮子
聖路加看護大学紀要   (39) 20-27   Mar 2013
Objective Purpose of this study was to develop and evaluate an educational program for midwiferystudents designed to enhance students’ ability using the birth review with mother in the clinical settings. Method Contents of program focused on the m...
Okada Chie, Eto Hiromi, Kataoka Yaeko, Yanai Haruo
Maternal health   53(4) 505-514   Jan 2013
The purpose of this study was to evaluate Fukutomi's 2008 "Guidelines for Admitting Pregnant Women". Fukutomi's guidelines for women who may require hospital admission for delivery classified women into three risk levels: (1) midwife management (l...
(38) 10-17   Mar 2012   [Refereed]
〔Abstract〕Objectives To develop a leaflet for women in the prenatal period regarding vitamin K deficiency bleedingand its prevention, and to evaluate its utility from women’s point of view.Method The leaflet was developed based on a literature rev...
(38) 1-9   Mar 2012   [Refereed]
〔Abstract〕 With the rapid increase of the number of nursing universities in Japan, the importance of evaluating thelevel of practical nursing ability required by graduation is increasing. Therefore, it is of urgent importance to develop a common a...
Nagasaka Keiko, Inoue Kozue, Horii Izumi, Miyagawa Emiko, Umeda Yumi, Taki Mayumi, Kataoka Yaeko
Maternal health   52(4) 529-537   Jan 2012   [Refereed]
Objectives: Domestic violence (DV) against women is a serious social issue in Japan. We implemented DV screening, discussion and follow up for women after childbirth in an urban hospital OBGYN unit according to the DV guidelines. The objectives of...
(37) 1-5   Mar 2011
Purpose : The purpose of this study was to identify and compare the percent age of institutions inTokyo allowing husbands or siblings to attend birth.Methods : Hospitals, clinics and birth centers, engaged in birthing as of the end of November 200...
ARAI Kaori, KATAOKA Yaeko
日本助産学会誌   24(2) 215-226   Dec 2010
Kataoka Y., Yaju Y., Eto H., Horiuchi S
BMC Pregnancy and Childbirth   84-90   Dec 2010   [Refereed]
Inami E, Kataoka Y, Eto H, Horiuchi S.
Jpn J Nurs Sci.   7(1) 84-95   Jun 2010   [Refereed]
NAGAMORI Kumiko, DOEDA Narumi, KOBAYASHI Noriko, NAKAGAWA Yuka, HORIUCHI Shigeko, KATAOKA Yaeko, HISHINUMA Yuri, SHIMIZU Aya
日本助産学会誌   24(1) 17-27   Jun 2010   [Refereed]
聖路加看護大学紀要   (36) 59-63   Mar 2010   [Refereed]
13(2) 1-10   Jul 2009   [Refereed]
This research aims to evaluate the change in midwife’s knowledge, attitude, and behaviors by implementingeducational program for promotion of breast awareness to the midwives providing breast care to the women in thechild-raising years. Using anon...
13(1) 8-16   Mar 2009   [Refereed]
This study had two objectives:to develop an education program for promoting breast awareness among midwives responsible for providing breast care services during the puerperium and infancy, and then to conduct a process evaluation of the program t...
Momoi Masako, Horiuchi Shigeko, Kataoka Yaeko, Eto Hiromi
Maternal health   49(4) 507-512   Jan 2009   [Refereed]
In 68 pregnant women, the relationship between sensitivity to cold in the leg and skin temperature (deep and surface temperatures) and the relationship between lumbago and skin temperature were analyzed. Of these 68 women, only 38 had subjective s...
KATAOKA Yaeko, SUTOU Hiroe, NAGAMORI Kumiko, HORIUCHI Shigeko
日本助産学会誌   22(2) 158-169   Dec 2008   [Refereed]
12(2) 33-40   Jul 2008
Objectives: We provided care based on the “Clinical Guideline on Domestic Violence Victims in Perinatal ClinicalSettings” in a hospital in Tokyo to a woman from Southeast Asia who had experienced domestic violence (DV).Theaim of this study is to d...
Sutou Hiroe, Kataoka Yaeko
Journal of St. Luke's Society of Nursing Research   11(1) 19-28   Jun 2007   [Refereed]
Purpose: The purpose of this study was to describe expectant mothers' feelings and concerns about their first-bornchild before and after participating in the “Welcome, My New Family“ class.Method: Three pregnant mothers, each with a 3 year-old fir...
Shigeko Horiuchi, Yukari Yaju, Yaeko Kataoka, Hiromi Grace Eto, Naoko Matsumoto
Midwifery   -yaeko-kataoka   Apr 2007   [Refereed]
Shigeko Horiuchi, Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Michiko Oguro, Taeko Mori
Japan journal of nursing science   3(2) 143-150   Dec 2006   [Refereed]
NAKAMURA Ayako, KATAOKA Yaeko, HORIUCHI Shigeko, TSUCHIYA Mayumi, TANAKA Shinobu, YAJIMA Chihiro
日本助産学会誌   20(2) 85-93   Oct 2006   [Refereed]

Misc

 
安産の神様"水天宮"における「助産師OBiの会」の活動 さらし腹帯体験チャレンジ
平出 美栄子, 今村 理恵子, 片岡 弥恵子, 藤田 恵理子, 松崎 政代, 矢島 藍
助産雑誌   73(6) 490-494   Jun 2019
<文献概要>はじめに 古来,日本では妊娠5ヵ月の戌の日に神社やお寺にお参りし,安産祈願を行い"さらし腹帯"(以下,帯)を巻いて「帯祝い」をする風習があります。ただ残念なことに,昨今,帯を巻いている妊婦さんに出会う機会は大変少なくなってきました。本稿は,安産祈願で有名な東京・水天宮内で開始した「助産師OBiの会」の設立動機と活動内容を紹介します。メンバーは,2017年日本助産師会90周年総会に参加した6人の助産師で,出産現場の変化,助産院分娩数減少などに不安を覚え,100周年を目指して何か動...
ボンディング障害への対応
片岡 弥恵子, 馬場 香里
東京母性衛生学会誌   35(Suppl.2) S(13)-S(17)   Feb 2019
片岡弥恵子, 宍戸恵理
助産雑誌   72(9) 671‐675-675   Sep 2018
<文献概要>自宅に戻った切迫早産の妊婦は,上の子や家族の世話などで安静にしていることもままならず,早産徴候の再発の不安がよぎります。しかし,自宅に助産師が訪問し,身体症状のアセスメントと,的確なアドバイスをすることで安心を確保する試みが始まりました。その詳細をご紹介いただきます。
日本助産学会 エビデンスに基づく助産ガイドライン 妊娠期・分娩期2016の概要(The outline of "Japan Academy of Midwifery: Evidence-based guidelines for midwifery care in pregnancy and childbirth-2016 edition")
飯田 真理子, 片岡 弥恵子, 江藤 宏美, 田所 由利子, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 浅井 宏美, 櫻井 綾香, 堀内 成子, 日本助産学会
日本助産学会誌   32(1) 73-80   Jun 2018
周産期を通して安全で快適なケアを提供するには助産実践指針が必要である。日本助産学会は健康なローリスクの女性と新生児へのケア指針を示した「エビデンスに基づく助産ガイドライン-妊娠期・分娩期2016」を刊行した。この2016年版は2012年版に新たに妊娠期の臨床上の疑問(Clinical Question、以下CQ)を13項目加え、既にある分娩期のCQ30項目には最新のエビデンスを加えた。このガイドラインでは助産実践を行う上で日常助産師が遭遇しやすい臨床上の疑問に答え、ケアの指針を示している。...
福冨理佳, 五十嵐由美子, 新福洋子, 片岡弥恵子, 堀内成子
聖路加国際大学紀要   4 58‐62   Mar 2018
【看護師国試 新出題基準 その意図と現場の対応】 (Part.2)各科目についての考察 母性看護学 改定委員の立場から
片岡 弥恵子
看護展望   42(9) 0848-0851   Jul 2017
【産科出血に立ち向かう-どこまでできる?診療所から大学病院まで】 分娩後出血対応における助産師の役割
片岡 弥恵子
産科と婦人科   84(5) 602-605   May 2017
分娩後出血は、周産期に関わるすべての医療者が取り組むべき重大な課題である。分娩後出血のリスクを有しないローリスク妊産婦であっても大量出血を起こす可能性があるため助産師が果たす役割は大きい。助産師の役割は、分娩後出血の予防介入、さらに出血を起こした時の初期対応および原因の探索、出血性ショックの観察および対応などがある。また、ハイリスク妊産婦のケアにおいては、産科DICを念頭においた観察やアセスメント、輸血等の準備や治療や検査への迅速な対応能力が求められる。(著者抄録)
ドメスティック・バイオレンス(DV)のない社会をめざして(第4回) 周産期におけるドメスティック・バイオレンス(DV)に関連する問題と対応
片岡 弥恵子
保健の科学   59(4) 257-260   Apr 2017
エビデンスに基づくガイドライン 妊娠期・分娩期 2016
堀内 成子, 浅井 宏美, 飯田 真理子, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 櫻井 綾香, 田所 由利子, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 日本助産学会,エビデンスに基づく助産ガイドライン妊娠期・分娩期2016ガイドライン委員会
日本助産学会誌   30(別冊) 1-126   Jan 2017
【助産師が押さえておきたいガイドライン エビデンスに基づいたケアを実践するために】 エビデンスに基づく助産ガイドライン-分娩期2012
片岡 弥恵子, 『エビデンスに基づく助産ガイドライン-分娩期2012』ガイドライン委員会
ペリネイタルケア   35(11) 1061-1065   Nov 2016
加藤 千穂, 片岡 弥恵子
日本助産学会誌   29(1) 4-14   Jun 2015
目的 本研究の目的は、既存の文献より、産科に従事する医療者に対する産科救急シミュレーションの効果について明らかにすることである。方法 PubMed、CINAHL Plus With full text、The Cochrane Library、Maternity and Infant Care、医学中央雑誌Ver.5にて検索を行い、Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventionsに基づいて、文献の批判的吟味と分析を行った。結...
助産師の卒後教育における分娩後出血シミュレーショントレーニングプログラムの開発
蛭田 明子, 五十嵐 ゆかり, 佐藤 理恵, 豊嶋 優子, 加藤 千穂, 片岡 弥恵子
聖路加国際大学紀要   1 127-130   Mar 2015
使える!助産ケアのエビデンス(第46回) 出生後に、新生児の臍帯の消毒は必要か?
江藤 宏美, 八重 ゆかり, 堀内 成子, 片岡 弥恵子, 松本 直子, るかデンス研究会
ペリネイタルケア   29(10) 982-987   Oct 2010
いろいろな臨床試験のケースレポート 温泉のRCTから看護のSRまで 助産領域のRCTとSR
片岡 弥恵子
薬理と治療   38(5) 451-456   May 2010
周産期におけるドメスティック・バイオレンスの被害者支援 NTT東日本関東病院での取り組み
長坂 桂子, 井上 梢, 片岡 弥恵子
家族看護   8(1) 111-117   Feb 2010
【退院に向けての褥婦のアセスメント&サポート】 家族関係に問題が予測される褥婦のアセスメントと、退院に向けての支援
片岡 弥恵子
ペリネイタルケア   28(12) 1192-1197   Dec 2009
(32) 28-36   Mar 2006
St. Luke's College of Nursing (SLCN) has expanded its graduate program by adding a Women's Health and Midwiferycourse in April 2005. There were major challenges both within the college and with other institutions in developing this new program. Th...

Conference Activities & Talks

 
ガイドラインをどう実践に活かしていくか 実装研究(Implementation research)の活用
飯田 真理子, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 宍戸 恵理, 下田 佳奈, 田所 由利子, 馬場 香里, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 一般社団法人日本助産学会ガイドライン委員会
日本助産学会誌   Feb 2019   
産後尿閉となった女性の経過
川添 いづみ, 片岡 弥恵子
日本助産学会誌   Feb 2019   
全国の産科施設におけるローリスク妊婦に対する妊娠期ケアの実態調査
井上 さとみ, 片岡 弥恵子, 江藤 宏美
日本助産学会誌   Feb 2019   
産科に携わる看護職を対象とした虐待予防のためのWeb-learningプログラムの開発
馬場 香里, 片岡 弥恵子
日本助産学会誌   Feb 2019   
タンザニア助産師に対する胎児超音波診察技術の遠隔教育の実現可能性
新福 洋子, 川瀧 元良, 波々伯部 佳子, 工藤 孔梨子, 清水 周次, 張 東曜, 李 怡盈, 片岡 弥恵子, 五十嵐 由美子, 山崎 麻子
日本遠隔医療学会学術大会プログラム・抄録集   Nov 2018   
増澤祐子, 飯田真理子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 宍戸恵理, 宍戸恵理, 下田佳奈, 田所由利子, 馬場香里, 八重ゆかり, 堀内成子, 堀内成子
母性衛生   Sep 2018   
飯田真理子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 宍戸恵理, 宍戸恵理, 下田佳奈, 田所由利子, 馬場香里, 増澤祐子, 八重ゆかり, 堀内成子, 堀内成子
母性衛生   Sep 2018   
石川紀子, 福井トシ子, 藤田景子, 片岡弥恵子, 井村真澄
日本周産期・新生児医学会雑誌   30 Jun 2018   
平出美栄子, 今村理恵子, 矢島藍, 藤田恵理子, 松崎政代, 片岡弥恵子
日本助産師学会抄録集   May 2018   
田所由利子, 堀内成子, 堀内成子, 高畑香織, 岡美雪, 周尾卓也, 片岡弥恵子, 八重ゆかり
日本助産学会誌   15 Feb 2018   
篠原枝里子, 片岡弥恵子, 大野孝代, 松嶋裕美
日本助産学会誌   15 Feb 2018   
横井美由貴, 片岡弥恵子
日本助産学会誌   15 Feb 2018   
片岡弥恵子
日本助産学会誌   15 Feb 2018   
新福洋子, 福冨理佳, 五十嵐由美子, 山本詩子, 片岡弥恵子, 堀内成子
日本助産学会誌   15 Feb 2018   
妊娠期の助産ケア 助産実践のための妊娠期ガイドラインの作成 会陰裂傷予防のための効果的な方法は?
増澤 祐子, 堀内 成子, 浅井 宏美, 飯田 真理子, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 田所 由利子, 八重 ゆかり
母性衛生   Sep 2017   
分娩期のケア 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成 微弱陣痛による分娩進行異常に人工破膜は有効か
飯田 真理子, 田所 由利子, 浅井 宏美, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 堀内 成子
母性衛生   Sep 2017   
分娩期の助産ケア 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成 乳房・乳頭刺激は分娩誘発の効果があるか?
江藤 宏美, 飯田 真理子, 増澤 祐子, 田所 由利子, 浅井 宏美, 片岡 弥恵子, 八重 ゆかり, 堀内 成子
母性衛生   Sep 2017   
周産期異常の臨床判断力を高める助産教育プログラムの実施と評価
小黒 道子, 片岡 弥恵子, 蛭田 明子
母性衛生   Sep 2017   
第2子以降の子どもを出産する女性に向けた子育てや生・性に関するブックレットの作成と専門家による評価
永吉 智恵美, 片岡 弥恵子
聖路加看護学会学術大会講演集   Sep 2017