Naomi Iida

J-GLOBAL         Last updated: Feb 21, 2019 at 16:45
 
Avatar
Name
Naomi Iida
E-mail
iidakiui.ac.jp
Affiliation
Kibi International University
Research funding number
60825131

Research Areas

 
 

Published Papers

 
脊髄損傷患者の心理的特徴と看護援助に関する文献レビュー
飯田 尚美 木下 香織
インターナショナルNursing Care Research   16(3) 125-133   Oct 2017   [Refereed]
本研究の目的は、脊髄損傷患者の心理的特徴と看護援助に関する文献レビューを行い、看護研究の動向と看護援助に関する課題を明らかにすることである。文献検索の結果、8件の対象文献を抽出した。脊髄損傷患者は受傷直後から、身体的苦痛の身体的要因、家族や仲間のサポートといった社会的要因、精神的混乱や予期不安などの心理的要因が複雑に交錯し、葛藤していた。そして、社会復帰後も絶えず感情や行動の軌道修正を繰り返し、自身が置かれている状況に適応していくという心理的特徴を持っていた。また、脊髄損傷患者と看護師の援...

Misc

 
多職種が関わる事で経腸栄養から3食自力摂取可能となった廃用性嚥下障害を伴った高位頸髄損傷の患者の1症例
杉山 恵美, 宮本 利美, 飯田 尚美
日本静脈経腸栄養学会雑誌   31(1) 465-465   Jan 2016
終末期患者の生きる意欲を引き出す経口摂取に向けた援助
飯田 尚美, 竹崎 和子, 吾浦 和美
日本リハビリテーション看護学会学術大会集録   26回 111-111   Oct 2014

Conference Activities & Talks

 
多職種が関わる事で経腸栄養から3食自力摂取可能となった廃用性嚥下障害を伴った高位頸髄損傷の患者の1症例
杉山 恵美, 宮本 利美, 飯田 尚美
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2016   
終末期患者の生きる意欲を引き出す経口摂取に向けた援助
飯田 尚美, 竹崎 和子, 吾浦 和美
日本リハビリテーション看護学会学術大会集録   Oct 2014