MISC

2019年12月

臨床研究医をとり巻く状況 8年間の進展と残された課題 京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から

Gノート
  • 岡林 里枝
  • ,
  • 池之上 辰義
  • ,
  • 小川 雄右
  • ,
  • 佐々木 典子
  • ,
  • 竹内 正人
  • ,
  • 渡辺 範雄
  • ,
  • 高橋 由光
  • ,
  • 山本 洋介
  • ,
  • 石見 拓
  • ,
  • 古川 壽亮
  • ,
  • 川上 浩司
  • ,
  • 今中 雄一
  • ,
  • 中山 健夫
  • ,
  • 川村 孝
  • ,
  • 福原 俊一

6
8
開始ページ
1295
終了ページ
1302
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)羊土社

目的:京都大学臨床研究者養成コース修了生の現況と課題を明らかにする。方法:コース修了生を対象に、2016年に質問紙調査を行った。2007年の調査と比較も行った。結果:大学・研究所でポストを得る者が新たに現れた。病院勤務者では2007年と比べ、相談できる研究協力者がいない者の割合は下回ったが、研究時間、統計解析、論文化、研究費確保等に困る者の割合は上回った。また2016年にこれらに困る者の割合は、病院勤務者が大学・研究所勤務者を上回った。考察:臨床研究医の状況は、この8年で新たなステージに進んだ可能性がある。臨床研究医の研究時間や研究費確保、論文化支援等がさらなる臨床研究実施に必要である。(著者抄録)

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J06394&link_issn=&doc_id=20191203130013&doc_link_id=40022102826&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40022102826&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

エクスポート
BibTeX RIS