中川佳子

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/02 13:42
 
アバター
研究者氏名
中川佳子
所属
熊本大学
部署
CARD資源開発分野
学位
生命科学博士(熊本大学)

学歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
熊本大学大学院 理学研究科 生物科学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
熊本大学 理学部 生物科学科
 
1990年4月
 - 
1993年3月
長崎県立諫早高等学校  
 

論文

 
Nakagawa Y, Sakuma T, Nishimichi N, Yokosaki Y, Takeo T, Nakagata N, Yamamoto T
Biology open   6(5) 706-713   2017年5月   [査読有り]
Toyonaga K, Torigoe S, Motomura Y, Kamichi T, Hayashi JM, Morita YS, Noguchi N, Chuma Y, Kiyohara H, Matsuo K, Tanaka H, Nakagawa Y, Sakuma T, Ohmuraya M, Yamamoto T, Umemura M, Matsuzaki G, Yoshikai Y, Yano I, Miyamoto T, Yamasaki S
Immunity   45(6) 1245-1257   2016年12月   [査読有り]
Nakagawa Y, Sakuma T, Nishimichi N, Yokosaki Y, Yanaka N, Takeo T, Nakagata N, Yamamoto T
Biology open   5(8) 1142-1148   2016年8月   [査読有り]
Nakagawa Y, Sakuma T, Sakamoto T, Ohmuraya M, Nakagata N, Yamamoto T
BMC biotechnology   15 33   2015年5月   [査読有り]
Screening methods to identify TALEN-mediated knockout mice.
Nakagawa Y, Yamamoto T, Suzuki K, Araki K, Takeda N, Ohmuraya M, Sakuma T
Experimental animals   63(1) 79-84   2014年   [査読有り]
Application of oocyte cryopreservation technology in TALEN-mediated mouse genome editing.
Nakagawa Y, Sakuma T, Nakagata N, Yamasaki S, Takeda N, Ohmuraya M, Yamamoto T
Experimental animals   63(3) 349-355   2014年   [査読有り]
Short-term storage and transport at cold temperatures of 2-cell mouse embryos produced by cryopreserved sperm.
Takeo T, Kondo T, Haruguchi Y, Fukumoto K, Nakagawa Y, Takeshita Y, Nakamuta Y, Tsuchiyama S, Shimizu N, Hasegawa T, Goto M, Miyachi H, Anzai M, Fujikawa R, Nomaru K, Kaneko T, Itagaki Y, Nakagata N
Journal of the American Association for Laboratory Animal Science : JAALAS   49(4) 415-419   2010年7月   [査読有り]
Kaneko T, Fukumoto K, Haruguchi Y, Kondo T, Machida H, Koga M, Nakagawa Y, Tsuchiyama S, Saiki K, Noshiba S, Nakagata N
Cryobiology   59(1) 59-62   2009年8月   [査読有り]
Takeo T, Kaneko T, Haruguchi Y, Fukumoto K, Machida H, Koga M, Nakagawa Y, Takeshita Y, Matsuguma T, Tsuchiyama S, Shimizu N, Hasegawa T, Goto M, Miyachi H, Anzai M, Nakatsukasa E, Nomaru K, Nakagata N
Cryobiology   58(2) 196-202   2009年4月   [査読有り]
Yazawa T, Nakayama Y, Fujimoto K, Matsuda Y, Abe K, Kitano T, Abé S, Yamamoto T
Molecular reproduction and development   66(1) 60-66   2003年9月   [査読有り]
Cloning of dynein intermediate chain cDNA of the newt Cynops pyrrhogaster.
DNA research   8 81-84   2001年   [査読有り]
Cloning and expression of a cDNA encoding a prolactin receptor of the Japanese red-bellied newt, Cynops pyrrhogaster
Zoological science.   15 741-747   1998年   [査読有り]
Cloning of cDNA for newt WT1 and the differential expression during spermatogenesis of the Japanese newt, Cynops pyrrhogaster
Develop. Growth Differ.   40 599-608   1998年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
CRISPR-Casシステムを用いたノックインマウス作製における凍結受精卵培養時間の検討
日本ゲノム編集学会 第2回大会   2017年6月28日   
CRISPR-Casシステムを用いたノックインマウス作製における凍結受精卵培養時間の検討
第64回日本実験動物学会総会   2017年5月25日   
CRISPR-Casシステムによるfloxマウスの作製-超過剰排卵誘起法を用いた凍結受精卵の利用-
第50回日本実験動物技術者協会総会   2016年9月29日   
CRISPR-Casシステムによる様々なゲノム編集個体の作製 -超過剰排卵誘起法を用いた体外受精凍結卵の利用-
日本ゲノム編集学会 第1回大会   2016年9月6日   
CRISPR-Casシステムによる遺伝子破壊マウスの作製-超過剰排卵誘起法を用いた凍結受精卵の利用-
第63回日本実験動物学会総会   2016年5月18日   
凍結受精卵を用いたCRISPR/Cas9システムによる遺伝子破壊マウスの作製
第62回日本実験動物学会総会   2015年5月28日   
Platinum TALENによる効率的な遺伝子破壊マウスの作製 ―体外受精により得られた凍結受精卵の使用と採卵に用いる雌マウスの週齢検討―
2014年10月6日