共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2019年3月

うつ病マーカーとなる糖タンパク質の同定とマウス脳内における機能解析

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 山形 弘隆
  • ,
  • 松尾 幸治
  • ,
  • 内田 周作

課題番号
16K10189
配分額
(総額)
4,680,000円
(直接経費)
3,600,000円
(間接経費)
1,080,000円

うつ病の診断は、症状の組み合わせから判断する診断法が主流であり、診断できる検査方法は未だ存在しない。本研究では、血漿タンパク質の糖鎖に着目した。糖鎖はタンパク質の機能を調節していることが知られており、癌などの他の疾患では既に診断マーカーとして利用されている。うつ病の新たな診断マーカーを見つけるために、うつ病モデルマウスとうつ病患者の血漿タンパク質の糖鎖を解析し、うつ病モデルマウスの血漿とうつ病患者の血漿で共通する糖鎖変化を見つけた。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16K10189/16K10189seika.pdf