田島 誉久

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/05 15:44
 
アバター
研究者氏名
田島 誉久
 
タジマ タカヒサ
eメール
ttajimahiroshima-u.ac.jp
URL
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~mbiotech/kato_lab/
所属
広島大学
部署
大学院先端物質科学研究科
職名
助教
学位
博士(工学)(広島大学)
科研費研究者番号
80571116
ORCID ID
0000-0003-4075-0802

研究分野

 
 

経歴

 
2009年10月
 - 
現在
広島大学 大学院先端物質科学研究科 助教
 
2007年4月
 - 
2009年9月
財団法人 地球環境産業技術研究機構 バイオグループ 研究員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
独立行政法人 製品評価技術基盤機構 バイオ本部 研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
広島大学 大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 博士課程後期
 
1999年4月
 - 
2001年3月
広島大学 大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 博士課程前期
 
1995年4月
 - 
1999年3月
広島大学 工学部 第三類(化学系)
 

論文

 
Akiko Hida, Takahisa Tajima, Junichi Kato
Journal of Bioscience and Bioengineering   127(2) 169-175   2019年2月   [査読有り]
Farida Rahayu, Takahisa Tajima, Junichi Kato, Setsu Kato, Yutaka Nakashimada
Journal of Bioscience and Bioengineering      2019年8月   [査読有り]
Watanabe Kenshi, Arafiles Kim Hazel V., Higashi Risa, Okamura Yoshiko, Tajima Takahisa, Matsumura Yukihiko, Nakashimada Yutaka, Matsuyama Keisuke, Aki Tsunehiro
JOURNAL OF OLEO SCIENCE   67(5) 571-578   2018年5月   [査読有り]
Tajima T, Tomita K, Miyahara H, Watanabe K, Aki T, Okamura Y, Matsumura Y, Nakashimada Y, Kato J
Journal of bioscience and bioengineering   125(2) 180-184   2018年2月   [査読有り]
Rahayu Farida, Kawai Yuto, Iwasaki Yuki, Yoshida Koichiro, Kita Akihisa, Tajima Takahisa, Kato Junichi, Murakami Katsuji, Hoshino Tamotsu, Nakashimada Yutaka
BIORESOURCE TECHNOLOGY   245 1393-1399   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
黒木 睦美, 井上 修平, 秋 庸裕, 岡村 好子, 中島田 豊, 田島 誉久, 松村 幸彦
バイオマス科学会議発表論文集   13(0) 143-144   2018年
<p>We developed an in situ mass spectrometry (in situ MS) analysis method using capillary tube for the first time. The in situ MS analysis was performed by coupling a tubular batch reactor with a quadrupole mass analyzer via custom-built connectio...
Duangkaew Pattasuda, 井上 修平, 秋 庸裕, 中島田 豊, 岡村 好子, 田島 誉久, 松村 幸彦
Journal of the Japan Petroleum Institute   60(2) 101-109   2017年
<p>水熱条件下におけるグルコースの分解特性を解明するために,管型回分式反応器を自家製コネクタで四重極質量分析装置に接続したin-situ質量分析法を設計 · 開発した。本分析装置を用いてグルコースを140~220 ℃で2.5~20 min水熱処理し,得られた液体生成物を分析したところ,高温ほどグルコースは高い分解率を示すことが確認された。また,5-ヒドロキシメチルフルフラールならびに他の低分子量の酸が存在し,その濃度が180 ℃以上で増加することが確認された。さらに,グルコ...
DUANGKAEW Pattasuda, 井上 修平, 秋 庸裕, 中島田 豊, 岡村 好子, 田島 誉久, 松村 幸彦
バイオマス科学会議発表論文集   12(0) 103-104   2017年
<p>In this research, hydrothermal treatment of glucose was conducted at temperatures ranged from 140 &deg;C to 220 &deg;C, with reaction times between 2.5 min and 20 min. Liquid products obtained after the hydrothermal process were quantitatively ...
加藤 純一, 田島 誉久, 黒田 章夫, 廣田 隆一, 本田 孝祐, 大竹 久夫
ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering   61(3) 165-169   2016年3月
伊藤 大志, 井上 修平, 秋 庸裕, 中島田 豊, 岡村 好子, 田島 誉久, 松村 幸彦
バイオマス科学会議発表論文集   11(0) 89-90   2016年
Recently, using the renewable energy is important. The marine biomass is one of the renewable energy. Kelp is a type of brown algae included in marine biomass, natural crop yields in japan account for more than 70 %. In this research, kelp was tre...

講演・口頭発表等

 
シンプル酵素でコンブを効率的に変換する
田島 誉久
さらに進んだ海洋バイオマス利用研究-CRESTプロジェクトの成果から   2017年3月13日   
低温菌を活用したシンプル酵素変換触媒 [招待有り]
田島 誉久
新化学技術推進協会ライフサイエンス技術部会・反応分科会講演会:「人工代謝経路の構築による化学品の生産技術」   2016年7月12日   
低温菌を利用した効率的な物質変換触媒の構築
田島 誉久
新化学技術推進協会 学産交流ポスターセッション   2014年10月30日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
多段階反応の効率化を指向した低温菌シンプル酵素触媒の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科研費) 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 田島 誉久
効率的な物質変換を行う低温菌シンプル触媒の構築に関する研究
発酵研究所: 一般研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 田島 誉久
廃テトラヒドロフランをポリマー原料に転換する生体触媒の構築
JST: A-STEP探索タイプ
研究期間: 2012年11月 - 2013年10月    代表者: 田島 誉久
環境汚染物質テトラヒドロフラン分解機構の解析 -バイオによる省エネ分解と有用化学品への転換プロセスの構築を目指して-
日本生命財団: 2010年度環境問題研究助成 若手研究助成
研究期間: 2010年10月 - 2011年9月    代表者: 田島 誉久

特許

 
特願2018-124796 : 低温菌を用いたイタコン酸の製造方法
田島誉久,加藤純一,羅宮臨風
松村 幸彦, 井上 修平, デュアンケウ パッタスダ, 秋 庸裕, 岡村 好子, 田島 誉久, 中島田 豊
加藤 純一, 田島 誉久, 鳥津 誠二, 樋田 幸三