Takano Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 21, 2018 at 13:41
 
Avatar
Name
Takano Atsushi
E-mail
a-takanoims.u-tokyo.ac.jp
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Hospital The Institute of Medical Science Research Hospital

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 2014
 - 
Today
The University of Tokyo
 

Education

 
Apr 1991
 - 
Mar 1997
Hiroshima University
 

Published Papers

 
Kimura T, Hino K, Kono T, Takano A, Nitta N, Ushio N, Hino S, Takase R, Kudo M, Daigo Y, Morita W, Nakao M, Nakatsukasa M, Tamagawa T, Rafiq AM, Matsumoto A, Otani H, Udagawa J
General and comparative endocrinology   260 58-66   May 2018   [Refereed]
Daigo K, Takano A, Thang PM, Yoshitake Y, Shinohara M, Tohnai I, Murakami Y, Maegawa J, Daigo Y
International journal of oncology   52(1) 155-165   Jan 2018   [Refereed]
Baghdadi M, Endo H, Takano A, Ishikawa K, Kameda Y, Wada H, Miyagi Y, Yokose T, Ito H, Nakayama H, Daigo Y, Suzuki N, Seino KI
Scientific reports   8(1) 418   Jan 2018   [Refereed]
Mai T, Takano A, Suzuki H, Hirose T, Mori T, Teramoto K, Kiyotani K, Nakamura Y, Daigo Y
Oncology letters   14(1) 283-292   Jul 2017   [Refereed]
住本秀敏, 住本秀敏, 住本秀敏, 林駒紀, 服部聖子, 長谷川千晶, 森井博朗, 森田幸代, 高野淳, 高野淳, 高野淳, 寺本晃治, 寺本晃治, 寺本晃治, 遠藤善裕, 醍醐弥太郎, 醍醐弥太郎, 醍醐弥太郎
滋賀医科大学雑誌(Web)   30(1) 66‐71 (WEB ONLY)-71   May 2017
【目的】当院の緩和ケアチームが介入依頼を受けた症例を後方視的に解析し、院内緩和ケアの現状と課題を考察する。【方法】2012年4月から2016年11月の期間に、当院の各診療科から介入依頼を受けた症例の介入内容を解析する。【結果】同期間内に介入依頼を受けた患者数は623名で、年齢は10〜93歳(中央値66歳)、PSは0/1/2/3/4が19/135/134/204/131名、依頼診療科の上位は、消化器外科129件、呼吸器内科95件、泌尿器科84件、消化器内科76件、乳腺一般外科43件、耳鼻科4...
Thang PM, Takano A, Yoshitake Y, Shinohara M, Murakami Y, Daigo Y
International journal of oncology   49(4) 1385-1393   Oct 2016   [Refereed]
Baghdadi M, Wada H, Nakanishi S, Abe H, Han N, Putra WE, Endo D, Watari H, Sakuragi N, Hida Y, Kaga K, Miyagi Y, Yokose T, Takano A, Daigo Y, Seino KI
Cancer research   76(20) 6030-6042   Oct 2016   [Refereed]
Shiraishi K, Okada Y, Takahashi A, Kamatani Y, Momozawa Y, Ashikawa K, Kunitoh H, Matsumoto S, Takano A, Shimizu K, Goto A, Tsuta K, Watanabe S, Ohe Y, Watanabe Y, Goto Y, Nokihara H, Furuta K, Yoshida A, Goto K, Hishida T, Tsuboi M, Tsuchihara K, Miyagi Y, Nakayama H, Yokose T, Tanaka K, Nagashima T, Ohtaki Y, Maeda D, Imai K, Minamiya Y, Sakamoto H, Saito A, Shimada Y, Sunami K, Saito M, Inazawa J, Nakamura Y, Yoshida T, Yokota J, Matsuda F, Matsuo K, Daigo Y, Kubo M, Kohno T
Nature communications   7 12451   Aug 2016   [Refereed]
Sumimoto H, Takano A, Teramoto K, Daigo Y
PloS one   11(11) e0166626   2016   [Refereed]
Funauchi Y, Tanikawa C, Yi Lo PH, Mori J, Daigo Y, Takano A, Miyagi Y, Okawa A, Nakamura Y, Matsuda K
Scientific reports   5 16497   Nov 2015   [Refereed]
[Assessment of anticancer drug-induced adverse event].
Takano A, Daigo Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 2 75-78   Feb 2015   [Refereed]
醍醐弥太郎, 高野淳, 服部聖子, 千葉幹夫, 森田幸代, 遠藤善裕, 柏木厚典
滋賀医科大学雑誌(Web)   27(1) 38-41 (WEB ONLY)-41   May 2014
膵内分泌腫瘍の多発性骨転移による難治性疼痛に対して緩和ケア下のストロンチウム(89Sr)療法が著効した一例
高野 淳, 小林 遊, 仲 成幸, 河野 直明, 龍神 慶, 千葉 幹夫, 村田 喜代史, 谷 徹, 醍醐 弥太郎
滋賀医科大学雑誌   27(1) 28-31   May 2014
膵内分泌腫瘍(ガストリノーマ)の有痛性多発性骨転移を認め、NSAIDs、麻薬性鎮痛薬、鎮痛補助薬、放射線療法、ビスフォスホネート製剤で疼痛コントロールおよびADL不良、不安症状を認めた症例に対して塩化ストロンチウム(89Sr)2.0MBq/kgを静脈投与し、著明な症状改善が得られた。(著者抄録)
緩和ケアにより早期の疼痛緩和と精神的苦痛の軽減をしえた膵癌の一例
千葉 幹夫, 高野 淳, 服部 聖子, 小林 遊, 浅田 歩美, 森田 幸代, 藤山 佳秀, 醍醐 弥太郎
滋賀医科大学雑誌   27(1) 19-22   May 2014
進行膵癌による強い心窩部痛、背部痛に対してフェンタニルPCA(Patient Controlled Analgesia)持続注の導入と継続的心のケアで疼痛コントロールと精神的苦痛の軽減が得られ、外来治療に移行した症例を報告する。(著者抄録)
高野淳, 醍醐弥太郎
滋賀医科大学雑誌(Web)   27(1) 4-8 (WEB ONLY)-8   May 2014
大学病院の組織力を円滑に活用することで、多職種協同でがん薬物療法のレジメンを審査するシステムが構築され、治療の標準化、医療安全の確保、業務の効率化が図られ、質の高いがん薬物療法の実施が行える体制が構築されている。(著者抄録)
Kobayashi Y, Takano A, Miyagi Y, Tsuchiya E, Sonoda H, Shimizu T, Okabe H, Tani T, Fujiyama Y, Daigo Y
International journal of oncology   44(1) 69-77   Jan 2014   [Refereed]
高野淳, 小林遊, 仲成幸, 河野直明, 龍神慶, 千葉幹夫, 村田喜代史, 谷徹, 醍醐弥太郎
滋賀医科大学雑誌(Web)   27(1) 28-31 (WEB ONLY)   2014
Oshita H, Nishino R, Takano A, Fujitomo T, Aragaki M, Kato T, Akiyama H, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y, Daigo Y
Molecular cancer research : MCR   11(8) 937-951   Aug 2013   [Refereed]
Tanaka S, Hattori N, Ishikawa N, Shoda H, Takano A, Nishino R, Okada M, Arihiro K, Inai K, Hamada H, Yokoyama A, Kohno N
International journal of cancer   130(2) 377-387   Jan 2012   [Refereed]
Tanaka S, Hattori N, Ishikawa N, Horimasu Y, Deguchi N, Takano A, Tomoda Y, Yoshioka K, Fujitaka K, Arihiro K, Okada M, Yokoyama A, Kohno N
Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology   79(1) 24-33   2012   [Refereed]
Masuda K, Takano A, Oshita H, Akiyama H, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y, Daigo Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   17(24) 7712-7722   Dec 2011   [Refereed]
Nishino R, Takano A, Oshita H, Ishikawa N, Akiyama H, Ito H, Nakayama H, Miyagi Y, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y, Daigo Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   17(19) 6272-6286   Oct 2011   [Refereed]
Sato N, Yamabuki T, Takano A, Koinuma J, Aragaki M, Masuda K, Ishikawa N, Kohno N, Ito H, Miyamoto M, Nakayama H, Miyagi Y, Tsuchiya E, Kondo S, Nakamura Y, Daigo Y
Cancer research   70(13) 5326-5336   Jul 2010   [Refereed]
Kono K, Mizukami Y, Daigo Y, Takano A, Masuda K, Yoshida K, Tsunoda T, Kawaguchi Y, Nakamura Y, Fujii H
Cancer science   100(8) 1502-1509   Aug 2009   [Refereed]
Takano A, Ishikawa N, Nishino R, Masuda K, Yasui W, Inai K, Nishimura H, Ito H, Nakayama H, Miyagi Y, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y, Daigo Y
Cancer research   69(16) 6694-6703   Aug 2009   [Refereed]
Mizukami Y, Kono K, Daigo Y, Takano A, Tsunoda T, Kawaguchi Y, Nakamura Y, Fujii H
Cancer science   99(7) 1448-1454   Jul 2008   [Refereed]
Kato T, Sato N, Takano A, Miyamoto M, Nishimura H, Tsuchiya E, Kondo S, Nakamura Y, Daigo Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   14(8) 2363-2370   Apr 2008   [Refereed]
Mano Y, Takahashi K, Ishikawa N, Takano A, Yasui W, Inai K, Nishimura H, Tsuchiya E, Nakamura Y, Daigo Y
Cancer science   98(12) 1902-1913   Dec 2007   [Refereed]
Ishikawa N, Takano A, Yasui W, Inai K, Nishimura H, Ito H, Miyagi Y, Nakayama H, Fujita M, Hosokawa M, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y, Daigo Y
Cancer research   67(24) 11601-11611   Dec 2007   [Refereed]
Taniwaki M, Takano A, Ishikawa N, Yasui W, Inai K, Nishimura H, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y, Daigo Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   13(22 Pt 1) 6624-6631   Nov 2007   [Refereed]
Yamabuki T, Takano A, Hayama S, Ishikawa N, Kato T, Miyamoto M, Ito T, Ito H, Miyagi Y, Nakayama H, Fujita M, Hosokawa M, Tsuchiya E, Kohno N, Kondo S, Nakamura Y, Daigo Y
Cancer research   67(6) 2517-2525   Mar 2007   [Refereed]
Takahashi K, Furukawa C, Takano A, Ishikawa N, Kato T, Hayama S, Suzuki C, Yasui W, Inai K, Sone S, Ito T, Nishimura H, Tsuchiya E, Nakamura Y, Daigo Y
Cancer research   66(19) 9408-9419   Oct 2006   [Refereed]
Gene expression profiles of small-cell lung cancers: molecular signatures of lung cancer.
Taniwaki M, Daigo Y, Ishikawa N, Takano A, Tsunoda T, Yasui W, Inai K, Kohno N, Nakamura Y
International journal of oncology   29(3) 567-575   Sep 2006   [Refereed]
Ishikawa N, Daigo Y, Takano A, Taniwaki M, Kato T, Tanaka S, Yasui W, Takeshima Y, Inai K, Nishimura H, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y
Cancer science   97(8) 737-745   Aug 2006   [Refereed]
Ishikawa N, Daigo Y, Takano A, Taniwaki M, Kato T, Hayama S, Murakami H, Takeshima Y, Inai K, Nishimura H, Tsuchiya E, Kohno N, Nakamura Y
Cancer research   65(20) 9176-9184   Oct 2005   [Refereed]
宮田香恵, 高野淳, 奥崎健
気管支学   24(4) 336-337   May 2002
高野淳, 宮田香恵, 奥崎健
気管支学   24(2) 101-104   Mar 2002
69歳女.湿性咳,右胸痛を主訴とした.胸部X線単純写真,胸部CTにより,右肺上葉の部分的無気肺像を認めた.気管支鏡検査では可視範囲に器質的狭窄を認めなかった.右上葉気管支入口部には呼気時の可逆的狭窄を認め,右上葉気管支入口部の気管支軟化症の感染に伴って部分的に無気肺が生じたと考えられた.気管支拡張剤,去痰剤を投与して経過観察したところ,1週間で無気肺は改善した
高野淳, 粟屋幸一, 宮崎明子, 小泊好幸, 桑原正雄, 室木邦生, 藤上良寛, 清水里美
広島医学   53(4) 307-309   Apr 2000
インフルエンザ症状を呈した17名に対してA型インフルエンザ迅速診断を行い,9名が陽性であった.陽性であった9名と本人は陰性で息子が陽性であった1名の計10名に対して塩酸アマンタジンを投与し,10名は投与開始後1日より解熱し,4日後には全例関節痛,咳嗽など症状の改善を認めた

Misc

 
谷脇雅也, 服部登, 石川暢久, 高野淳, 吉岡宏治, 田中惣之輔, 大下慎一郎, 濱井宏介, 河野修興
びまん性肺疾患に関する調査研究班 平成21年度研究報告書   131-136   2010

Conference Activities & Talks

 
高野淳, 住本秀敏, 寺本晃治, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2018   
次世代シークエンス法を用いた肺癌ネオアンチゲン候補の同定
住本 秀敏, 高野 淳, 寺本 晃治, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
呼吸器系腫瘍の新規バイオマーカー、治療標的分子URST1の同定
高野 淳, 吉武 義泰, 篠原 正徳, 宮城 洋平, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
口腔癌における新規予後予測マーカー・治療ターゲットであるUROC4の機能解析
醍醐 佳代, 高野 淳, 吉武 義泰, 篠原 正徳, 醍醐 弥太郎, 藤内 祝, 村上 善則, 前川 二郎
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
新規予後バイオマーカーと乳癌の治療標的としてのURST1の同定
中村 正子, 高野 淳, Thang Phung Manh, 宮城 洋平, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
肺がんにおいてIL-34とM-CSFの共発現が予後に及ぼす影響(Prognostic significance of IL-34 and M-CSF co-expression in lung cancers)
遠藤 拓, Baghdadi Muhammad, 石川 浩三, 和田 はるか, 清野 研一郎, 鈴木 直, 宮城 洋平, 横瀬 智之, 高野 淳, 醍醐 弥太郎
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   Jun 2017   
高野淳, 高野淳, 住本秀敏, 住本秀敏, 寺本晃治, 寺本晃治, 醍醐弥太郎, 醍醐弥太郎
滋賀医科大学雑誌(Web)   May 2017   
2013年度以前、2014年度以降とも、高い専門性を持った他科の医師、薬剤師、看護師と連携することで、汎用性、安全性の高いレジメン登録がなされていることが確認できた。(著者抄録)
高野淳, 住本秀敏, 寺本晃治, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2017   
肺がんの新規バイオマーカー、治療標的分子候補LASEP1の同定
高野 淳, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2016   
肺癌のMAPKシグナルはPD-L1発現とケモカイン発現の変化を通じて免疫逃避を誘導する
住本 秀敏, 高野 淳, 寺本 晃治, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2016   
口腔癌における新しい予後予測マーカー・治療ターゲットとしてのUROC4の解析
醍醐 佳代, 高野 淳, フンーマン・タン, 吉武 義泰, 篠原 正徳, 醍醐 弥太郎, 藤内 祝, 村上 善則, 前川 二郎
日本癌学会総会記事   Oct 2016   
乳がんの新規治療標的分子URST1の同定
中村 正子, 高野 淳, Manh Thang Phung, 宮城 洋平, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2016   
高野淳, 住本秀敏, 寺本晃治, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2016   
E-sourceのカスタマイズにおけるCRCのかかわり 医師主導治験への導入事例
柳 真志帆, 河野 美那子, 蓑手 沙織, 高野 淳, 醍醐 弥太郎, 長村 文孝
臨床薬理   Nov 2015   
乳がんの新規治療標的分子URST1の同定
中村 正子, 高野 淳, Phung Manh Thang, 宮城 洋平, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
口腔癌の新規バイオマーカー及び治療標的分子であるUROC4の機能解析
醍醐 佳代, 高野 淳, Phung Manh Thang, 吉武 義泰, 篠原 正徳, 藤内 祝, 前川 二郎, 村上 善則, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
ヒト肺癌細胞株の異所性PD-L1発現におけるMAPKシグナルの関与
住本 秀敏, 高野 淳, 寺本 晃治, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
肺がんのバイオマーカー、治療標的分子であるLASEP1の機能解析
高野 淳, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
木村智子, 日野広大, 河野匡暁, 金子隼也, 原澤俊也, 玉川俊広, 森田航, 中務真人, 醍醐弥太郎, 高野淳, 新田哲久, 牛尾哲敏, 宇田川潤, 工藤基
日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集   Jul 2015   
高野淳, 高野淳, 中村祐輔, 醍醐弥太郎, 醍醐弥太郎
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   2015   
妊娠初期のダイエットによるプログラミング変化が子どもの後肢骨成長に与える影響
木村 智子, 日野 広大, 河野 匡暁, 金子 隼也, 原澤 俊也, 玉川 俊広, 醍醐 弥太郎, 高野 淳, 新田 哲久, 牛尾 哲敏, 宇田川 潤, 工藤 基
日本基礎理学療法学雑誌   Nov 2014   
悪性胸膜中皮腫の新規治療標的分子であるURST1の機能解析(Characterization of URST1 protein as a therapeutic target for malignant pleural mesothelioma)
吉岡 佑一郎, 高野 淳, 加藤 達哉, 釣田 義一郎, 渡邉 聡明, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
乳がんの新規治療標的分子URST1の同定(Characterization of URST1 protein as a therapeutic target for breast cancer)
中村 正子, 高野 淳, Phung Manh Thang, 宮城 洋平, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
HIF1によるTGF-βを介したFoxp3陽性細胞の腫瘍内浸潤(Hypoxia-inducible factor-1 contributes to the infiltration of Foxp3+ cells in the tumor via transforming growth factor-β)
寺本 晃治, 大塩 恭彦, 花岡 淳, 高野 淳, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
肺がんの新規血清診断・予後マーカーおよび治療標的分子であるLASEP3の機能解析(Characterization of LASEP3 as a serum diagnostic and prognostic biomarker and therapeutic target for lung cancer)
高野 淳, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
木村智子, 日野広大, 河野匡暁, 金子隼也, 原澤俊也, 玉川俊広, 森田航, 中務真人, 醍醐弥太郎, 高野淳, 新田哲久, 牛尾哲敏, 宇田川潤, 工藤基
日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集   Jul 2014   
高野淳, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2014   
高野淳, 中村祐輔, 醍醐弥太郎
日本遺伝子診療学会大会プログラム・抄録集   2014   
新規癌遺伝子PCAPHを介した肺癌発症機構の解明と新規治療法の開発(Characterization of a novel oncogene PCAPH as a therapeutic target for lung cancer)
益田 健, 高野 淳, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
腫瘍所属リンパ節でのTGF-β制御による樹状細胞ワクチンの増強効果(Local inhibition of TGF-β in tumor-draining lymph nodes improves the potency of dendritic cell-based vaccines)
寺本 晃治, 五十嵐 知之, 大塩 恭彦, 藤田 琢也, 花岡 淳, 高野 淳, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
肺癌の新規血清マーカー、免疫治療標的分子候補LASEP1の機能解析(Characterization of LASEP1 as a serological biomarker and a passive immunotherapeutic target for lung cancer)
高野 淳, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
ERK経路を活性化する肺癌の新規バイオマーカーおよび治療標的分子RASEFの機能解析(Characterization of ERK-activating molecule RASEF as a novel biomarker and a therapeutic target for lung cancer)
尾下 豪人, 西野 亮平, 高野 淳, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
高野淳, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2013   
高野淳, 中村祐輔, 醍醐弥太郎
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   2013   
肺癌の新たな診断マーカー及び治療標的であるChondrolectinの同定(Identification of Chondrolectin as a novel diagnostic biomarker and a therapeutic target for lung cancer)
益田 健, 高野 淳, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
大腸癌におけるURCC1発現の臨床病理学的評価と機能解析(Characterization of URCC1 expression in colorectal cancers)
小林 遊, 高野 淳, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 園田 寛道, 岡部 英俊, 谷 徹, 藤山 佳秀, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
口腔癌における予後マーカー、治療標的分子の同定(Identification of prognostic biomarkers and therapeutic targets for oral cancer)
フン・マンタン, 高野 淳, 吉武 義泰, 篠原 正徳, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
ERK経路を活性化する肺癌の新規バイオマーカーおよび治療標的分子PCPRDの機能解析(Identification of LASEP3 as a diagnostic biomarker and therapeutic target for lung cancer)
尾下 豪人, 西野 亮平, 高野 淳, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
肺がんの新規血清マーカー、予後マーカー、治療標的分子候補LASEP3の同定
高野 淳, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
腹水を伴う癌患者に対する腹水濾過濃縮再静注法の効果と合併症
小林 遊, 高野 淳, 醍醐 弥太郎
日本内科学会雑誌   Feb 2012   
大学病院における緩和ケアチームが果たす役割と今後の課題
高野 淳, 小林 遊, 醍醐 弥太郎
日本内科学会雑誌   Feb 2012   
高野淳, 中村祐輔, 醍醐弥太郎
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   2012   
肺癌の新規バイオマーカーで治療標的分子であるLASEP1の機能解析(Characterization of LASEP1 as a diagnostic biomarker and therapeutic target for lung cancer)
高野 淳, 益田 健, 土屋 永寿, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2011   
肺癌の新規癌遺伝子PCAPHを標的とした新規治療法の開発(Characterization of a novel oncogene PCAPH as a therapeutic target)
益田 健, 高野 淳, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2011   
肺癌の新規バイオマーカーおよび治療標的分子PCPRDの機能解析(Characterization of PCPRD as a novel biomarker and a therapeutic target for lung cancer)
尾下 豪人, 醍醐 弥太郎, 西野 亮平, 高野 淳, 角田 卓也, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Sep 2011   
胃癌と大腸癌における新規癌抗原発現の臨床病理学的評価と機能解析(Characterization of oncoantigen expression in gastric and colorectal cancers)
小林 遊, 高野 淳, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2011   
切れ目のない緩和ケア 生活と医療をどうつなげるか 滋賀医科大学病院における緩和ケアチームの取り組みと地域連携緩和ケアの推進に向けた方策
醍醐 弥太郎, 高野 淳, 小林 遊, 龍神 慶, 服部 聖子, 千葉 幹夫, 森田 幸代, 遠藤 善裕
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2011   
高野淳, 小林遊, 龍神慶, 森田幸代, 遠藤善裕, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2011   
小林遊, 仲成幸, 高野淳, 龍神慶, 谷徹, 醍醐弥太郎
日本内科学会雑誌   20 Feb 2011   
高野淳, 中村祐輔, 醍醐弥太郎
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   2011   
がん抑制遺伝子 肺癌で発現上昇する新規癌遺伝子PCAPHの同定と新規治療法の開発(Tumor-suppressor genes Identification of a novel oncogene PCAPH as a diagnostic and therapeutic target)
益田 健, 醍醐 弥太郎, 高野 淳, 角田 卓也, 河野 修興, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
がん抑制遺伝子 PAK1-MAPK経路を活性化する膜タンパクLASC1を標的とした肺癌バイオマーカーと治療薬の開発(Tumor-suppressor genes Characterization of a cell surface protein LASC1 that activates PAK1-MAPK signal as a biomarker and a therapeutic target)
西野 亮平, 高野 淳, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
肺癌の新規バイオマーカーおよび治療標的分子PCPRDの同定と機能解析(Identification and characterization of PCPRD as a novel biomarker and a therapeutic target for lung cancer)
尾下 豪人, 醍醐 弥太郎, 西野 亮平, 高野 淳, 角田 卓也, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
バイオマーカーによる診断、その他 肺癌の血清診断バイオマーカーLASEP1の同定と抗体療法の開発(Diagnosis by biomaker, others Characterization of a lung cancer growth factor, LASEP1 as a serological biomarker and a therapeutic target)
高野 淳, 益田 健, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
Dickkopf-1を標的とした新規血清診断バイオマーカーと抗体療法の開発(Dickkopf-1 as a serum biomarker for various human cancers and a molecular target for antibody-based cancer immunotherapy)
佐藤 暢人, 山吹 匠, 高野 淳, 新垣 雅人, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 近藤 哲, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
EGFR-TKIによる致死的薬剤性肺障害におけるKL-6値の有用性の検討(Krebs von den lungen-6 (KL-6) is a useful biomarker of life-threatening EGFR-TKI related interstitial lung disease)
河瀬 成穂, 服部 登, 石川 暢久, 高野 淳, 堀益 靖, 礒部 威, 濱田 泰伸, 横山 彰仁, 河野 修興
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
マウス血行転移モデルを用いたヒト型抗APN抗体の抗腫瘍効果の検討
秋田 慎, 服部 登, 濱井 宏介, 高野 淳, 石川 暢久, 藤高 一慶, 春田 吉則, 村井 博, 河野 修興
日本呼吸器学会雑誌   Mar 2010   
肺癌細胞の転移に対するPAI-1の関与に関する検討
益田 武, 濱井 宏介, 秋田 慎, 妹尾 直, 高野 淳, 春田 吉則, 村井 博, 服部 登, 河野 修興
日本呼吸器学会雑誌   Mar 2010   
外科的切除された原発性肺癌組織におけるInterferon Alpha,Beta and Omega Receptor2発現の臨床的意義
田中 惣之輔, 服部 登, 高野 淳, 谷脇 雅也, 金原 正志, 長尾 早江子, 石川 暢久, 藤高 一慶, 春田 吉則, 村井 博, 河野 修興
日本呼吸器学会雑誌   Mar 2010   
高野淳, 醍醐弥太郎, 石川暢久, 西野亮平, 益田健, 宮城洋平, 土屋永寿, 河野修興, 中村祐輔
日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   2010   
醍醐弥太郎, 高野淳, 佐藤暢人, 中村祐輔
日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   2010   
肺癌の新規バイオマーカーLASC2の同定とその機能解析(Identification of LASC2 oncoprotein as a diagnostic and therapeutic target for lung cancer)
高野 淳, 醍醐 弥太郎, 石川 暢久, 西野 亮平, 益田 健, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2009   
谷脇雅也, 服部登, 石川暢久, 高野淳, 吉岡宏治, 田中惣之輔, 大下慎一郎, 河野修興
日本呼吸器学会雑誌   10 May 2009   
高野淳, 石川暢久, 吉岡宏治, 田中惣之輔, 金原正志, 風呂中誠, 大下慎一郎, 藤高一慶, 村井博, 服部登, 河野修興
日本呼吸器学会雑誌   10 May 2009   
当院において胸腔鏡下肺生検を行ったびまん性肺疾患症例の検討
田中 惣之輔, 石川 暢久, 濱井 宏介, 大成 洋二郎, 高野 淳, 長尾 早江子, 藤高 一慶, 村井 博, 服部 登, 河野 修興, 大朏 祐治
気管支学   May 2009   
肺癌に関わる胎盤特異的転写因子DLX5の機能解析と診断・治療への応用(Characterization of Placenta Specific Transcription Factor DLX5 as a Therapeutic Target for Lung Cancer)
加藤 達哉, 佐藤 暢人, 高野 淳, 宮本 正樹, 土屋 永寿, 近藤 哲, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2008   
癌精巣抗原LY6Kの肺癌・食道癌の血清バイオマーカー開発と創薬への応用(Cancer-testis Antigen LY6K is a Serologic Biomarker and a Therapeutic Target for Lung and Esophageal Carcinomas)
石川 暢久, 高野 淳, 宮城 洋平, 安井 弥, 井内 康輝, 細川 正夫, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2008   
肺癌の新規分泌増殖因子LASEP1を標的とした血清診断バイオマーカーと抗体療法の開発(Secreted Lung Cancer-derived Growth Factor, LASEP 1 as a Serological Biomarker and a Therapeutic Target)
高野 淳, 西野 亮平, 石川 暢久, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弘太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2008   
肺癌の悪性化に関わる癌精巣特異的な膜タンパクLASC1を標的としたバイオマーカー・抗体療法の開発(Identification of Cancer-Testis Specific Cell Surface Protein, LASC1 as a Biomarker and an Immunotherapeutic Target)
西野 亮平, 高野 淳, 石川 暢久, 富樫 亮, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2008   
肺癌で特異的な発現増加を認める新規セリン・スレオニンフォスファターゼLAPP1を介した癌化機構の解明と分子療法の開発(Therapeutic Targeting of a Novel Oncogenic Serine/Threonine Phosphatase Pathway in Lung Cancer)
高橋 浩治, 高野 淳, 平田 大三郎, 土屋 永寿, 中村 祐輔, 醍醐 弥太郎
日本癌学会総会記事   Sep 2008   
肺癌の増殖に関わる胎盤特異的な分泌型糖タンパクLASEP2の同定と血清バイオマーカー、免疫療法の開発(Identification of Placental Glycoprotein LASEP2, as a Novel Serum Biomarker and Immunotherapeutic Target for Lung Cancer)
西野 亮平, 醍醐 弥太郎, 高野 淳, 石川 暢久, 中鶴 修一, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2007   
肺癌の新規治療標的分子LAPLDの同定と機能解析(From Bench to Bed for Personalized Medicine Identification of LAPLD as a Novel Therapeutic Target Oncogene in Lung Cancer)
真野 ゆりあ, 醍醐 弥太郎, 高橋 浩治, 高野 淳, 中鶴 修一, 土屋 永寿, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2007   
肺癌の新規血清バイオマーカーLASEP1の同定と機能解析(From Bench to Bed for Personalized Medicine Identification of LASEP1 as a Novel Serological and Prognostic Biomarker for Lung Cancer)
高野 淳, 醍醐 弥太郎, 石川 暢久, 中鶴 修一, 宮城 洋平, 安井 弥, 井内 康輝, 土屋 永寿, 河野 修興, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2007   
DKK1タンパクを標的とした癌の血清診断バイオマーカーと抗体療法の開発(DKK1 as a Serum Biomarker and an Immunotherapeutic Target for Human Cancer)
山吹 匠, 醍醐 弥太郎, 佐藤 暢人, 平田 大三郎, 高野 淳, 中鶴 修一, 宮城 洋平, 土屋 永寿, 近藤 哲, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Aug 2007   
肺癌で特異的な発現増加を認める新規治療標的分子IMS-RQ29の機能解析(Characterization of a novel therapeutic target molecule, IMS-RQ29 for lung cancer treatment)
高橋 浩治, 醍醐 弥太郎, 高野 淳, 中鶴 修一, 中村 祐輔
日本癌学会総会記事   Sep 2006   
高野淳, 醍醐弥太郎, 石川暢久, 谷脇雅也, 中鶴修一, 土屋永寿, 河野修興, 中村祐輔
日本癌学会学術総会記事   28 Aug 2006   
谷脇雅也, 醍醐弥太郎, 高野淳, 石川暢久, 中鶴修一, 土屋永寿, 河野修興, 中村祐輔
日本癌学会学術総会記事   28 Aug 2006   
石川暢久, 醍醐弥太郎, 高野淳, 谷脇雅也, 加藤達哉, 早馬聡, 土屋永寿, 河野修興, 中村祐輔
日本癌学会学術総会記事   15 Aug 2005   
ゲフィチニブ(イレッサ)による薬剤性肺炎の1例
妹尾 直, 大岩 寛, 前田 晃宏, 重藤 えり子, 高野 淳, 江草 嘉弘
肺癌   Oct 2003   
高野淳, 奥崎健, 宮田香恵
気管支学   30 Apr 2003   
糖尿病と甲状腺機能低下症を合併した多剤耐性結核の1例
高野 淳, 松本 香恵, 奥崎 健
結核   Apr 2003   
視床下部性甲状腺機能低下症と下垂体性副腎機能低下症を伴った2型糖尿病の1例
小田 賀明, 宮田 香恵, 望月 謡子, 高野 淳, 奥崎 健
糖尿病   Mar 2003   
宮田香恵, 小田賀明, 望月謡子, 高野淳, 奥崎健, 小川安信, 川西秀則, 米田清三, 東和義
広島医学   28 Aug 2002   
望月謡子, 小田賀明, 宮田香恵, 高野淳, 奥崎健
広島医学   28 Aug 2002   
小田賀明, 宮田香恵, 望月謡子, 高野淳, 奥崎健, 亀井英一, 住元了
広島医学   28 Aug 2002   
高野淳, 宮田香恵, 木戸和枝, 原田千絵, 奥崎健, 亀井英一
広島医学   28 Jul 2002   
宮田香恵, 木戸和枝, 原田千絵, 高野淳, 奥崎健, 地主和人
広島医学   28 Jul 2002   
高野淳, 宮田香恵, 奥崎健
気管支学   25 May 2002   
高野淳, 宮田香恵, 奥崎健
気管支学   15 Apr 2002   
甲状腺機能低下症重症度予測に寄与する指標導入の試み
原田 千絵, 宮田 香恵, 木戸 和枝, 高野 淳, 奥崎 健
日本内科学会雑誌   Feb 2002   
高野淳, 宮田香恵, 奥崎健
肺癌   30 Sep 2001   
原田千絵, 宮田香恵, 木戸和枝, 高野淳, 奥崎健
広島医学   28 Sep 2001   
宮田香恵, 木戸和枝, 原田千絵, 高野淳, 奥崎健, 稲田富成
広島医学   28 Sep 2001   
木戸和枝, 宮田香恵, 原田千絵, 高野淳, 奥崎健
広島医学   28 Sep 2001   
高野淳, 宮崎明子, 粟屋幸一, 小泊好幸, 桑原正雄, 室木邦生, 藤上良寛, 清水里美
広島医学   28 Jul 2000   
粟屋幸一, 高野淳, 小泊好幸, 桑原正雄, 土井正男
日本呼吸器学会雑誌   10 Mar 2000   
桑原正雄, 小泊好幸, 粟屋幸一, 高野淳, 宮崎明子
日本呼吸器学会雑誌   10 Mar 2000   
気管支喘息重症発作回復症例のその後の経過について
小泊 好幸, 粟屋 幸一, 高野 淳, 宮崎 明子, 桑原 正雄, 城 智彦
アレルギー   Sep 1999