Tsuji Yasuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 03:11
 
Avatar
Name
Tsuji Yasuhiro
Affiliation
Nihon University
Section
School of Pharmacy, Department of Pharmacy
Job title
Professor

Profile

薬物速度論的アプローチを基盤に、その中で生じた臨床的問題点を研究テーマとしています。臨床研究で説明できなかった事象は、病態モデル動物を作製し基礎実験を行うことで発現メカニズムの解明に努めています。現在は、海外研究留学中に習得した「クリニカルファーマコメトリクスを応用した薬物治療個別化」に焦点をあて、生理学的数理モデルを基盤に、ヒトを対象とした臨床薬理学および臨床薬物動態学の研究を展開しています。今後は、薬剤師として、研究者として、臨床に即した研究を推進し、薬物適正使用に多大な貢献をしたいと考えています。

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Pharmacokinetics and pharmacodynamics of daptomycin in a clinical setting
Tsukada H, Tsuji Y, Yamashina T, Tsuruta M, Hiraki Y, Tsuruyama M, Ogami C, Sakamaki Im Yamamoto Y
J Infect Chemother   in press    2019   [Refereed]
Ogami C, Tsuji Y, Muraki Y, Mizoguchi A, Okuda M, To H
Clin Pharmacol Drug Dev   in press    2019   [Refereed]
Ogami C, Tsuji Y, Yamamoto Y, To H
J Infect Chemother   25(12) 979-986   Dec 2019   [Refereed]
Okazaki F, Tsuji Y, Seto Y, Ogami C, To H
PLoS One   14(9) e0214037   Sep 2019   [Refereed]
Yamaguchi D, Tsuji Y, Sonoda M, Shin K, Kito H, Ogami C, Kasai H, To H, Kamimura H
Eur J Drug Metab Pharmacokinet   44(3) 329-338   May 2019   [Refereed]

Awards & Honors

 
2019
ディープラーニングを応用した患者個別化投与設計法の開発, 第36回日本TDM学会学術大会優秀演題賞
Winner: 尾上知佳、辻泰弘、藤秀人、河野英昭
 
2019
直接監視下服薬支援が高齢者のフレイルおよび服薬アドヒアランスに与える影響, 日本医療薬学会第3回フレッシャーズ・カンファレンス優秀演題発表賞
Winner: 布施美穂、秦千津子、星野佳史、石井隆明、辻泰弘、安部恵、中山敏光、堤大輔、中村公薫、渡邉文之
 
2018
Population pharmacokinetics and pharmacodynamics of linezolid-induced thrombocytopenia in hospitalized patients, 臨床薬理研究振興財団賞学術論文賞
 
2016
日本人MRSAおよびグラム陽性菌感染症を対象としたジェネリック・テイコプラニンの多施設共同母集団薬物動態解析, 平成28年度「TDM研究」優秀論文賞
Winner: 辻泰弘、太田幸雄、笠井英史、平木洋一、山田尚広、松永典子、大石博史、矢口武廣、北原隆志、内藤隆文、藤秀人
 
2015
持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション後の血漿中ベプリジル濃度と心房細動再発予防との関連性, 平成27年度「TDM研究」優秀論文賞
Winner: 福森史郎、藤井英太郎、藤田聡、杉浦伸也、村木優一、岩本卓也、辻泰弘、藤秀人、伊藤正明、奥田真弘
 

Misc

 
薬物療法実践・提供の新機軸として臨床計量薬理学(クリニカルファーマコメトリクス)を理解する
辻泰弘、尾上知佳
九州山口薬学会雑誌   印刷中    2019   [Refereed][Invited]
小児におけるPK-PD理論とTDM―抗MRSA薬―
尾上知佳、辻泰弘
感染と抗菌薬   100-105   Jun 2019   [Invited]
「クリニカルファーマコメトリクス」薬物投与設計支援のためのNONMEMハンズオンセミナー
辻泰弘
薬局   5-7   May 2019   [Invited]
ダプトマイシンの治療薬物モニタリング(TDM)の必要性
尾上知佳、辻泰弘、山本善裕
日本化学療法学会雑誌   67(2) 149-154   Apr 2019   [Refereed][Invited]
TDMに関連した臨床研究の進め方とポイント
小林昌宏、尾田一貴、山本武人、猪川和朗、浜田幸宏、辻泰弘
TDM研究   35(1) 1-12   Mar 2018   [Refereed][Invited]

Books etc

 
辻泰弘、猪川和朗、笠井英史編 (Part:Editor)
南山堂   May 2019   ISBN:978-4-525-72381-1
医薬品の有効性・安全性を予測する新規手法として,近年,医薬品開発で注目のファーマコメトリクス.これは実臨床での薬物治療を個別最適化することも可能にする.本書は,初学者でもファーマコメトリクスの基礎,さらに臨床で活用する知識とスキルを身につけられるようにわかりやすく解説した入門書である.
二木芳人監修
じほう   Feb 2015   ISBN:4840746788

Conference Activities & Talks

 
人工知能を応用した個別化投与設計手法の開発
辻泰弘、尾上知佳、松本宜明、河野英昭
第40回日本臨床薬理学会学術総会   Dec 2019   
機械学習とModel Based Exposure-Response解析によるリネゾリド誘発性血小板減少予測モデルの検討
高橋早紀、辻泰弘、尾上知佳、中舘成河、松本宜明、藤秀人、山本善裕
第40回日本臨床薬理学会学術総会   Dec 2019   
日常診療下におけるダプトマイシンのPK-PDパラメータへの達成率
川野智美、小田原真希、山科卓也、塚田寛子、行徳和雅子、松本沙織、藤本友希、横山知美、川井田知広、鶴山萌子、辻泰弘、尾上知佳、山本善裕、平木洋一
第29回日本医療薬学会年会   Nov 2019   
リネゾリド・ダプトマイシン・テジゾリドのPK/PD
辻泰弘
第66回日本化学療法学会東日本支部総会   Oct 2019   
良質な薬物治療を実践および提供するために薬物動態を理解する
辻泰弘
薬物治療モニタリング研究会第66回特別ゼミナール   Sep 2019   

Research Grants & Projects

 
生理学的薬物動態/薬力学モデルを応用した新たな抗MRSA薬個別化最適治療戦略
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 山本善裕
成長・体格補正を考慮した臨床ファーマコメトリクスによる新たな抗菌薬治療法の創出
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 辻泰弘
全国を対象とした抗菌薬使用動向調査システムの構築および感染対策防止加算の評価
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 村木優一