江面 浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
江面 浩
 
エヅラ ヒロシ
URL
http://www.gene.tsukuba.ac.jp/Plant/MolecularBreeding/
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1991年
茨城県園芸試験場 技師
 
1992年
 - 
1993年
茨城県農業総合センター生物工学研究所 主任
 
1994年
 - 
1994年
イギリス ジョンイネスセンター 客員研究員
 
1995年
 - 
1996年
茨城県農業総合センター生物工学研究所 主任
 
1997年
 - 
1999年
茨城県農業総合センター生物工学研究所 主任研究員
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1982年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 
1982年4月
 - 
1986年3月
筑波大学 生物科学研究科 生物学
 

委員歴

 
1997年
   
 
日本育種学会  編集委員, 常任幹事, シンポジウム委員会委員、学会賞等選考委員会委員、GM連絡会委員、
 
2006年
 - 
2010年
日本学術振興会産学連携研究委員会植物分子デザイン第178委員会  副委員長
 
2010年
   
 
日本学術振興会産学連携研究委員会植物分子デザイン第178委員会  委員長
 
1997年
   
 
日本植物細胞分子生物学会  編集委員, 評議員, 会計幹事, 幹事, 幹事長, 会長
 
2008年
   
 
日本植物生理学会  評議員, GM対応ワーキンググループ委員
 

受賞

 
2014年5月
日本植物細胞分子生物学会 日本植物細胞分子生物学会 学術賞 マイクロトムを用いたトマトの学術研究基盤の構築
 
2011年9月
日本育種学会 日本育種学会優秀発表賞
 
トマト重要形質解析のためのTILLING技術の基盤開発
2011年6月
社団法人発明協会 21世紀発明奨励賞
 
2004年8月
日本植物細胞分子生物学会 日本植物細胞分子生物学会 技術賞
 
バイオテクノロジーを活用したメロンの品種改良技術の改良
2000年7月
日本植物細胞分子生物学会 日本植物細胞分子生物学会 奨励賞
 
遺伝子操作によるメロンの改良

論文

 
Hoshikawa, Ken;Fujita, Satoshi;Renhu, Na;Ezura, Kentaro;Yamamoto, Tsuyoshi;Nonaka, Satoko;Ezura, Hiroshi;Miura, Kenji
Plant Cell Reports   38(1) 75-84   2018年10月   [査読有り]
[KEY MESSAGE] The new transient protein expression system using the pBYR2HS vector is applicable to several tomato cultivars and wild species with high level of protein expression. Innovation and improvement of effective tools for transient protei...
Kimbara, Junji;Yoshida, Miho;Ito, Hirotaka;Hosoi, K;Kusano, Miyako;Kobayashi, Makoto;Ariizumi, Tohru;Asamizu, E;Ezura, Hiroshi
Planta   230(5) 1559-1570   2012年11月   [査読有り]
The plant cuticle consists of aliphatic wax and cutin, and covers all the aerial tissues, conferring resistance to both biotic and abiotic stresses. In this study, we performed phenotypic characterizations of tomato mutants having both sticky peel...
Wang, Ning; Chen, Haoting; Nonaka, Satoko; Sato-Izawa, Kanna; Kusano, Miyako; Ezura, Hiroshi
Plant physiology and biochemistry : PPB   132 720-726   2018年8月   [査読有り]
The phytohormone ethylene is involved in multiple aspects of morphological and physiological processes in plants. Tomato rapidly and transiently increases ethylene production during fruit ripening and in plant defense responses. The transcription ...
Okabe, Yoshihiro;Yamaoka, Tatsuya;Ariizumi, Tohru;Ushijima, Koichiro;Kojima, Mikiko;Takebayashi, Yumiko;Sakakibara, Hitoshi;Kusano, Miyako;Shinozaki, Yoshihito;Pulungan, Sri I;Kubo, Yasutaka;Nakano, Ryohei;Ezura, Hiroshi
Plant & Cell Physiology   Epub    2018年9月   [査読有り]
Parthenocarpy, a process in which fruit set occurs without fertilization, leads to the production of seedless fruit. A number of floral homeotic mutants with abnormal stamen development exhibit parthenocarpic fruit set. Flower development is thoug...
Choi, Seung-won;Hoshikawa, Ken;Fujita, Satoshi;Thi, Dung Pham;Mizoguchi, Tsuyoshi;Ezura, Hiroshi;Ito, Emi
Plant Biotechnology   35(3) 225-235   2018年
Quantitative real-time PCR (qRT-PCR) is widely used to analyze the expression profiles of the genes of interest. In order to obtain accurate quantification data, normalization by using reliable internal control genes is essential. In this study, w...

書籍等出版物

 
バイオサイエンスとインダストリー
三浦, 謙治;星川;江面
2018年9月   
植物によるタンパク質高生産システムの開発
三浦, 謙治;星川 健;江面 浩
バイオサイエンスとインダストリー   2018年9月   
Reference Series in Phytochemistry. Sweeteners.
Ezura,Hiroshi
2017年   
Genetics and Genomics of Cucurbitaceae
Yano, Ryoichi;Hiroshi, Ezura
2017年9月   
FUNCTIONAL GENOMICS AND BIOTECHNOLOGY IN SOLANACEAE AND CUCURBITACEAE CROPS
Ezura, Hiroshi
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2016年   ISBN:9783662485354

講演・口頭発表等

 
Tissue-specific transcriptome profiling of pollination- and DELLA-dependent tomato fruit set
Shinozaki, Y;Ozeki-Iida, Y;Rose, JKC;Ezura, H;Ariizumi, T
The XIV Solanaceae and III Cucurbitaceae Genomics Joint Conference   2017年9月3日   
Isolation of a novel tomato mutant with enhanced fruit set efficiency and candidate gene approaches by Next Generation Sequencing
H, Takei;Y, Shinozaki;H, Ezura;T, Ariizumi
International symposium on Japanese Solanaceae genomics initiative   2014年10月25日   
トマトにおいてAGPase とPEPCK の発現抑制は果実糖含量を減少させる
松倉, 千昭;鈴木春香;黄永興;尹永根;Gibon, Y;岩井宏暁;江面浩
第36回日本植物細胞分子生物学会大会   2018年8月26日   日本植物細胞分子生物学会
エチレン低感受性ミニトマトの果実肥大に寄与する因子の検討
藤内, 直道;福田, 直也;江面, 浩
園芸学会平成30年度秋季大会   2018年9月22日   
National BioResource Project-Tomato: Collection of ‘Micro-Tom’ mutants, genome sequences and full-length cDNAs
Hoshikawa, Ken;T, Hirai;T, Ariizumi;Y, Yamazaki;N, Fukuda;Y, Kanayama;Y, Kubo;K, Aoki;H, Ezura
Plant and Animal Genome 2013   2013年1月12日   

競争的資金等の研究課題

 
大規模変異集団を利用したトマト重要形質の解析
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 江面浩
『遺伝子組換え作物評価法の日本-インドネシア比較と標準化』JSPS二国間交流事業共同研究/日本ーインドネシア共同研究
パジャジャラン大学: 国際共同研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 江面浩
『トマトバイオリソース拠点整備』ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)(文部科学省)
出資金による受託研究
研究期間: 2012年4月 - 2017年3月    代表者: 江面浩
『トマトの単為結果の分子機構解明』イノベーション創出基礎的研究推進事業(生物系特的産業技術研究支援センター)
出資金による受託研究
研究期間: 2011年8月 - 2016年3月    代表者: 江面浩
未来開拓学術研究推進事業『植物における個体統御機構解析と有用遺伝子組み換え植物の育成・評価』(日本学術振興会)
出資金による受託研究
研究期間: 2000年4月 - 2005年3月    代表者: 鎌田博

特許

 
2013-023726 : 植物への高効率遺伝子導入能を付与したアグロバクテリウム菌
江面浩;中村幸治;染谷龍彦;野中聡子;周莎
特願平11-216634 : メロンエチレン受容体遺伝子のプロモーター
江面浩;モエズ, トルキ;冨田健夫;大友綾子;窪田満
特願2003-76159 : ペチュニア属に属する植物の作出方法
木村達郎;都築祥子;中山陽子;近藤聡;大音徳;冨田健夫;江面浩
特願2004-133070 : 植物へ遺伝子を導入する効率が向上したアグロバクテリウム菌およびその作製方法
江面浩;南澤究;野中聡子;菅原雅之
特願2004-254857 : 核酸の抽出方法及び核酸抽出キット
池田成志;伊藤希;江面浩;渡邉和男