論文

2016年

変異創成技術としてのゲノム編集技術

作物研究
  • 江面,浩

61
0
開始ページ
81
終了ページ
84
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.18964/jcr.61.0_81
出版者・発行元
近畿作物・育種研究会

作物の重要育種形質に関わる遺伝子研究が進展した結果,有用形質がゲノム中の既存遺伝子の変異により生じていることが明らかになってきた.一方,ゲノム編集技術が開発され,作物の有用変異を人為的に創成する技術として利用する関心が世界的に高まっている.本稿では,トマトを事例として,ゲノム編集技術を活用した作物デザインの研究事例と開発されたゲノム編集作物の社会実装に向けた課題を紹介する.

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.18964/jcr.61.0_81

エクスポート
BibTeX RIS