山田真希子

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/11 01:44
 
アバター
研究者氏名
山田真希子
eメール
yamada.makikoqst.go.jp
所属
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
部署
放射線医学総合研究所脳機能イメージング研究部
職名
チームリーダー
学位
博士(京都大学)
その他の所属
QST未来ラボ

研究分野

 
 

経歴

 
2017年11月
 - 
現在
東北大学大学院医学研究科 客員准教授
 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所 チームリーダー
 
2013年4月
   
 
独立行政法人放射線医学総合研究所 サブリーダー
 
2011年4月
   
 
独立行政法人放射線医学総合研究所 主任研究員
 
2010年10月
   
 
JST さきがけ研究者 兼任
 
2009年4月
   
 
独立行政法人放射線医学総合研究所 研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院医学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 

受賞

 
2018年5月
量子生命科学研究会第2回学術集会 最優秀賞
 
2012年7月
放射線医学総合研究所平成24年度業績表彰受賞
 
2011年10月
社会神経科学研究会トラベルアワード受賞
 
2008年7月
Fellowship award for the 2008 Summer Institute in Cognitive Neuroscience, Resort at Squaw Tahoe, California.
 
2007年7月
Fellowship award for the 2007 Summer Institute in Cognitive Neuroscience, University of California, Santa Barbara
 

論文

 
Neuromolecular basis of faded perception associated with unreality experience
Yokokawa K, Ito T, Takahata K, Takano H, Kimura Y, Ichise M, Ikoma Y, Isato A, Zhang MR, Kawamura K, Ito H, Takahashi H, Suhara T, Yamada M
Scientific reports   in press   2018年   [査読有り]
Inhibition of Internal Attention to Positive and Negative Representations in Dysphoria.
sato, A. , Nishimura, H. , Yamada, M. and Mochizuki, S.
Jpn Psychol Res.   in press   2018年   [査読有り]
Moriguchi S, Kimura Y, Ichise M, Arakawa R, Takano H, Seki C, Ikoma Y, Takahata K, Nagashima T, Yamada M, Mimura M, Suhara T
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine   58(7) 1140-1145   2017年7月   [査読有り]
Takahata K, Saito F, Muramatsu T, Yamada M, Shirahase J, Tabuchi H, Suhara T, Mimura M, Kato M
Neuropsychologia   57 38-49   2014年5月   [査読有り]
Sutoh C, Matsuzawa D, Hirano Y, Yamada M, Nagaoka S, Chakraborty S, Ishii D, Matsuda S, Tomizawa H, Ito H, Tsuji H, Obata T, Shimizu E
Scientific reports   5 9199   2015年3月   [査読有り]
Kimura Y, Seki C, Ikoma Y, Ichise M, Kawamura K, Takahata K, Moriguchi S, Nagashima T, Ishii T, Kitamura S, Niwa F, Endo H, Yamada M, Higuchi M, Zhang MR, Suhara T
European journal of nuclear medicine and molecular imaging   43(9) 1653-1663   2016年8月   [査読有り]
Fujino J, Fujimoto S, Kodaka F, Camerer CF, Kawada R, Tsurumi K, Tei S, Isobe M, Miyata J, Sugihara G, Yamada M, Fukuyama H, Murai T, Takahashi H
Scientific reports   6 33171   2016年9月   [査読有り]
Kimura Y, Endo H, Ichise M, Shimada H, Seki C, Ikoma Y, Shinotoh H, Yamada M, Higuchi M, Zhang MR, Suhara T
EJNMMI research   6(1) 24   2016年12月   [査読有り]
Ishii T, Kimura Y, Ichise M, Takahata K, Kitamura S, Moriguchi S, Kubota M, Zhang MR, Yamada M, Higuchi M, Okubo Y, Suhara T
PloS one   12(12) e0189318   2017年   [査読有り]
Moriguchi S, Yamada M, Takano H, Nagashima T, Takahata K, Yokokawa K, Ito T, Ishii T, Kimura Y, Zhang MR, Mimura M, Suhara T
The American journal of psychiatry   174(1) 36-41   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
山田真希子
生体の科学   69(1) 59‐62   2018年2月
伊里綾子, 横川啓太, 伊藤岳人, 須原哲也, 山田真希子
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   20th 66   2018年
横川啓太, 伊里綾子, 小島一歩, 西村春輝, 須原哲也, 山田真希子
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   20th 67   2018年
久保田学, 須原哲也, 山田真希子
精神科治療学   31 36‐39   2016年10月
島田斉, 北村聡一郎, 丹羽文俊, 木村泰之, 市瀬正則, 山田真希子, 佐原成彦, 樋口真人, 須原哲也, 篠遠仁, 篠遠仁, 遠藤浩信, 遠藤浩信, 石川愛, 石川愛, 平野成樹, 平野成樹, 古賀俊介
千葉医学雑誌   92(3) 124   2016年6月
山田真希子
医学のあゆみ   256(5) 629‐633   2016年1月
山田真希子, 須原哲也
日本生物学的精神医学会(Web)   38th 50 (WEB ONLY)   2016年
山田真希子
脳循環代謝(Web)   28(1) 114(J‐STAGE)   2016年
山田真希子
日本内分泌学会雑誌   91(1) 151   2015年4月

書籍等出版物

 
松本 絵理子
培風館   2011年11月   ISBN:4563052280
Michael S. Gazzaniga
MIT Press   2009年9月   
Collectif
JOHN LIBBEY   ISBN:2742007806

競争的資金等の研究課題

 
歩行姿勢と前向き思考についての認知神経科学的検討
基盤研究(B): 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 山田真希子
抑うつ症状に関わる選択的注意の脳機能ネットワーク解明
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型): 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 山田真希子
視環境の情報が彩度知覚の適応メカニズムに与える影響
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型): 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 溝上陽子
視環境の彩度低下への適応メカニズム
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型): 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 溝上陽子
高齢者の発話分析に基づく活用認知機能の推定と認知神経科学に基づく検討
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型): 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 大武 美保子
時間と空間の共感覚と脳内分子メカニズム
新学術領域研究(研究領域提案型): 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山田真希子
痛み共感の両価性と分子・神経基盤
新学術領域研究(研究領域提案型): 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山田真希子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 山田 真希子
神経科学的アプローチによる倫理的行動モデルの研究
特定領域研究: 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 松田 哲也
現実予測に基づく現実感喪失感覚の分子・神経メカニズム解明
科学技術振興機構(JST): さきがけ
研究期間: 2010年10月 - 2014年3月    代表者: 山田真希子