Aya Maeda-Iino

J-GLOBAL         Last updated: Feb 1, 2019 at 17:28
 
Avatar
Name
Aya Maeda-Iino

Published Papers

 
Maeda-Iino A, Furukawa M, Kwon S, Marutani K, Nakagawa S, Fuchigami T, Nakamura N, Miyawaki S
The Angle orthodontist   87(6) 863-870   Nov 2017   [Refereed]
Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S
The Angle orthodontist   87(6) 855-862   Nov 2017   [Refereed]
Maeda A, Bandow K, Kusuyama J, Kakimoto K, Ohnishi T, Miyawaki S, Matsuguchi T
Bone   74 76-82   May 2015   [Refereed]
矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態と関心事
福重 雅美, 前田 綾, 上原 沢子, 植田 紘貴, 帆北 友紀, 中村 典史, 宮脇 正一
日本口蓋裂学会雑誌   40(1) 13-22   Apr 2015
本研究の目的は、矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態や関心事を明らかにすることである。鹿児島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科を受診した口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う未成年患者の保護者86名を対象とし、歯科衛生士による質問紙調査を行った。VAS法を用いた質問では、保護者を患者の発達段階により5群(幼児期、学童期・小学校低学年、学童期・小学校高学年、青年前期・中学生、青年中期以降)に分類し、VAS値の差を統計学的に検討した。質問紙調査の結果、矯正治療の必...
Maeda A, Uehara S, Suga M, Nishihara K, Nakamura N, Miyawaki S
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   51(5) 525-532   Sep 2014   [Refereed]
【酸蝕症を考える(1)総論編】 酸蝕症とブラキシズム
宮脇 正一, 植田 紘貴, 前田 綾
小児歯科臨床   19(5) 38-42   May 2014
Nishihara K, Nozoe E, Maeda A, Hirahara N, Okawachi T, Miyawaki S, Nakamura N
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   51(2) 165-171   Mar 2014   [Refereed]
Sakaguchi K, Yagi T, Maeda A, Nagayama K, Uehara S, Saito-Sakoguchi Y, Kanematsu K, Miyawaki S
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   56(1) 24-30   Feb 2014   [Refereed]
Maeda A, Sakoguchi Y, Miyawaki S
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   144(3) 430-440   Sep 2013   [Refereed]
【増える逆流性食道炎 ご存知ですか?口腔内疾患との密接な関係】 (PART3)逆流性食道炎と歯科とのかかわり
宮脇 正一, 植田 紘貴, 前田 綾
歯科衛生士   37(6) 80-83   Jun 2013
Uehara S, Maeda A, Tomonari H, Miyawaki S
The Angle orthodontist   83(1) 36-42   Jan 2013   [Refereed]
矯正治療後に顎関節症状が改善した下顎の側方への機能的偏位と咬筋肥大を伴うアングルII級ローアングル症例
迫口 陽子, 前田 綾, 吉田 礼子, 高田 寛子, 宮脇 正一
九州矯正歯科学会雑誌   8(1) 61-68   Dec 2012
初診時27歳1ヵ月女。13歳頃から開口障害を自覚した。26歳4ヵ月時に症状が悪化し、咬筋肥大を伴う変形性顎関節症の診断で薬物療法と理学療法を行った。上下顎前歯部叢生の改善を希望して受診した。顎関節症、下顎の側方への機能的偏位、咬筋肥大および中等度の叢生を伴うアングルII級ローアングルと診断した。上顎左側の叢生の程度が大きく、上顎歯列正中が右側へ偏位し、左側はアングルII級であったことから上顎左側第一小臼歯を抜去することとした。上下顎前歯部叢生と下顎の機能的偏位を改善し、右側はアングルI級、...
【矯正歯科治療における技術の進歩と歯の移動のメカニズムを学ぶ】 歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の有用性
宮脇 正一, 八木 孝和, 池森 宇泰, 前田 綾, 友成 博
歯科医療   26(4) 32-45   Oct 2012
顎矯正手術後にチタンスクリューを用いて顎間固定を行った骨格性下顎前突症例の1治験例
高田 寛子, 友成 博, 前田 綾, 八木 孝和, 宮脇 正一
九州矯正歯科学会雑誌   7(1) 49-54   Dec 2011
症例は18歳女性で、主訴はオトガイの前突と前歯部反対咬合であった。正貌は左右対称、側貌はコンケイプタイプ、鼻下点から口裂までの長さが短かった。臼歯関係はアングルIII級、上顎前歯に2mmの正中離開が認められた。パノラマX線で下顎両側第三大臼歯を認め、頭部X線規格写真では下顎骨の前方位を伴う骨格性下顎前突、上顎前歯の唇側傾斜、下顎前歯の舌側傾斜が認められた。上顎正中離開を伴うアングルIII級の骨格性下顎前突と診断した。下顎両側第三大臼歯と上顎両側第一小臼歯抜去後に、エッジワイズ装置を装着して...
Bandow K, Maeda A, Kakimoto K, Kusuyama J, Shamoto M, Ohnishi T, Matsuguchi T
Biochemical and biophysical research communications   402(4) 755-761   Nov 2010   [Refereed]
上顎歯列の側方拡大と骨移植後にLe Fort I型骨切り術を行った片側性唇顎口蓋裂を伴う骨格性下顎前突症例の1治験例
戸川 玲奈, 飯野 祥一朗, 前田 綾, 大河内 孝子, 野添 悦郎, 中村 典史, 宮脇 正一
日本口蓋裂学会雑誌   34(3) 299-312   Oct 2009
患者は初診時年齢9歳3ヵ月の女子で、右側の唇顎口蓋裂、中顔面の陥凹感、上顎骨の後方位、上顎歯列の著しい狭窄および上顎骨の前方への劣成長による骨格性下顎前突を呈していた。急速拡大装置によって上顎歯列を側方拡大した後、15歳10ヵ月時に右側顎裂部に自家腸骨海綿骨移植術を行った。顎裂部への骨移植直後からエッジワイズ装置による術前矯正治療を行い、後方位の上顎骨をLe Fort I型骨切り術によって前方へ移動した。これらの手術と矯正治療により、顔貌および咬合は改善された。上顎骨の前方移動後3年経過し...
Okamoto A, Ohnishi T, Bandow K, Kakimoto K, Chiba N, Maeda A, Fukunaga T, Miyawaki S, Matsuguchi T
European journal of oral sciences   117(3) 238-247   Jun 2009   [Refereed]
Maeda A, Soejima K, Ogura M, Ohmure H, Sugihara K, Miyawaki S
The Angle orthodontist   78(6) 1125-1132   Nov 2008   [Refereed]
A. Maeda, K. Soejima, K. Bandow, K. Kuroe, K. Kakimoto, S. Miyawaki, A. Okamoto, T. Matsuguchi
Journal of Dental Research   86 629-634   Jul 2007
During orthodontic tooth movement, mechanical stresses induce inflammatory reactions in the periodontal ligament (PDL). We hypothesized that chemokines released from PDL cells under mechanical stress regulate osteoclastogenesis, and investigated t...
睡眠時ブラキシズムの関連因子
宮脇 正一, 永田 順子, 大牟禮 治人, 坂口 勝義, 前田 綾, 戸川 玲奈, 福永 智広
心療内科   11(4) 278-284   Jul 2007
Kuroe K, Tomonari H, Soejima K, Maeda A
European journal of orthodontics   28(3) 206-209   Jun 2006   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
骨移植後に矯正歯科治療単独で中間顎の形態と中切歯歯軸を改善した両側性唇顎口蓋裂を伴う症例
前田 綾, 中川 祥子, 池森 宇泰, 渡邉 温子, 中村 典史, 宮脇 正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2018   
覚醒時のストレス負荷と食道内酸刺激が咬筋活動に及ぼす影響
福嶋 美佳, 前田 綾, 大牟禮 治人, 迫口 陽子, 大賀 泰彦, 古川 みなみ, 大石 章仁, 大迫 佑季, 高橋 広太郎, 成 昌建, 宮脇 正一
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   Oct 2018   
片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連
前田 綾, 古川 みなみ, 權 相豪, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一
日本口蓋裂学会雑誌   Apr 2018   
上顎骨の劣成長と片側性唇顎口蓋裂を伴う患者に対して上顎前方牽引を含む一貫治療を行った長期経過症例
渡邉 温子, 友成 博, 前田 綾, 手塚 征宏, 中村 典史, 宮脇 正一
日本口蓋裂学会雑誌   Apr 2018   
顎間骨整位術と骨移植後に歯の移植を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う患者の一貫治療例
丸谷 佳菜子, 友成 博, 前田 綾, 手塚 征宏, 西原 一秀, 中村 典史, 宮脇 正一
日本口蓋裂学会雑誌   Apr 2018