researchmap
 
[ end ]AO_jst  2018/01/13 23:30:43
event title新春日米ワークショップ2018“ Challenge for Society 5.0 ”
event date2018/01/24
disclosure targetpublic event
contact informatione-mail:akio.onoderajst.go.jpTel:03-3512-3525
contact person:小野寺 明朗 (Akio Onodera)
★★新春日米ワークショップ2018 "Challenge for Society 5.0"
    スタンフォード大学 MediaX、PARC、ISSIP来日
◎シリコンバレー成功の文化的・社会的要因、
 そして将来のイノベーター育成や産学連携について披露予定
◎日本の研究者からは先進的な研究紹介(Robot,IoT,Wireless App.,)
◎社会的イノベーションに向けた将来像を討論
   ★  1月24日(水)13:15 AP東京八重洲通り  ★
--------------------------------------
         Challenge for Society 5.0        
       - Approaches to Social Innovation –
--------------------------------------
●開催趣旨
 社会的な様々な課題の解決に向け、日本の科学技術戦略として、「超スマート社会の実現」(Society5.0)が掲げられ、その取り組みが多方面で進められています。特にビッグデータ、クラウド・コンピューティング、通信、センシング、ロボット、そして、仮想現実、IoT、さらには、人工知能(AI)と、様々な技術の融合によって、今までにはない新しいソリューションやサービスが出現しようとしています。
 本ワークショップでは、このような背景を踏まえて、社会イノベーションに関連した米国における研究や産学連携の事例を、また、日本国内の若手研究者の先進的な取り組みについて紹介します。さらに講演者によるパネル討論を通して社会イノベーションに向けた将来像を探ります。

●開催日時: 2018年1月24日(水) 13:15~18:00
●開催場所: AP東京八重洲通り 12階(会議室F,G)
●参加費 : 無料 (交流会:18:30~/会費制:5,500円予定)
●定 員 : 80名 (定員になり次第締め切り)
●申込締切: 2018年1月23日(火)
●参加申込: 下段表中のURL欄にアクセス
●主催  : 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
       AIPネットワークラボ・さきがけ研究領域
         「社会と調和した情報基盤技術の構築」領域
         (研究総括:安浦 寛人 九州大学 理事・副学長)
---------------------------------
プログラム (※ 講演言語:英語)
---------------------------------
13:15-15:00 Cases of Silicon Valley
15:15-16:45 Challenges in Japan
17:00-18:00 Panel Session / "How to invoke Innovation" (Tentative)
--- 18:30-20:00 Reception (会費:5,500円/当日受付にて申し受けます。)
--------------------------------------
promotor科学技術振興機構(JST) AIPネットワークラボ・さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築」領域(研究総括:安浦 寛人 九州大学 理事・副学長)
registartion period2017/12/04 ~ 2018/01/23
registration fee無料 (交流会:5,500円予定)
participant limit80名
URLhttps://form.jst.go.jp/enquetes/social_ws2018
event locationAP東京八重洲通り( AP Tokyo Yausu St.)
東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル 12階 会議室(F,G)   KPP Yaesu Build., 12F, 1-10-7 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo 104-0031