researchmap
 
ピックアップ研究者
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
大豆や水稲害虫の生態や防除について30年余り研究してきた。最近5年ほどは大豆の祖先種とされるツルマメの昆虫相を調べている。ツルマメを摂食す...
 

正当なCSSです!

 


JST Home Page
 
[ 終了 ]Yoshimoto.Nakano  2019/05/18 13:52:42
イベント名小寺清氏講演「途上国を見る目をどう養うか?:基礎の基礎編」
開催日2019/06/05
公開対象公開イベント
お問い合わせ先e-mail:infonpoicb.orgTel:
担当者:松下 泰
6月5日(水)には、開発援助関係の国際機関勤務経験が豊富で、その世界ではプロ中のプロとも言える小寺 清(こでら きよし)さんにお越し頂きます。

小寺さんは大蔵省(現財務省)でほぼ一貫して国際畑を歩み、世界銀行をはじめ三つの国際開発金融機関に在籍されました。特に、世界銀行においては中央アジア局長を務められた他、日本人として初めて世界銀行・IMF合同開発委員会の事務局長(兼世界銀行副官房長)に就任され、世界の財務・開発大臣が出席する会議での意見の取りまとめにあたる職にも就かれていました。通算15年に亘る海外勤務を終えられ、日本で国際協力機構(JICA)理事も務められ、現在は国際NGOに貢献するとともに英国の研究機関の客員研究員もされています。

小寺さん自身、ご自分の職業人生を振り返り、ジェネラリストではなく、ほぼ40年にわたり開発援助・開発金融の分野に特化し、国内外の様々な組織で仕事をすることが出来たのは極めて幸運であったと述べられています。

今回のICB講演会では、このような小寺さんから2部構成でお話を伺おうと企画しています。前半では、途上国への支援にあたって 「バイ」 と 「マルチ」 の立場はどう違うのか、我が国の援助には何が期待されているのか、どのようにそれに応えるべきか、国際会議の舞台裏ではどのようなやり取りが行われているのか、国際機関で昇進するにあたってはどのようなチャレンジがあって、どのようにそれを乗り越えてきたのか等々、ご自分の苦労談、失敗談を含め、実践的な体験談を語って頂きます。

また、後半においては、ご自分の体験を踏まえ、若い方がこれからのグローバル化された人生の舞台でキャリア形成をしていく際、何が必要なのかについて語って頂きます。特に、若い方に是非知っておいてもらいたいという 「途上国を見る目」 をどのように養うのかというテーマについて、基礎的なポイントを解説して頂きます。

将来的に開発援助の世界を職場として考えておられる方々もちろん、グローバルな場での活躍を目指している方にとっては必見の貴重な機会になると思います。是非奮ってご参加ください。

詳細はHPをご覧ください。
(http://icbjapan.org/new.html)
主催特定非営利活動法人国際人材創出支援センター
受付期間2019/05/18 ~ 2019/06/04
参加費2000
定員40
URLhttp://icbjapan.org/new.html
開催場所千代田プラットフォームスクウェア
東京都千代田区神田錦町3-21